04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

疲れてるけど、このけだるさは悪くないです・・・ 


2007.12.08
Sat
06:08

イーグルス
にほんブログ村 音楽ブログへ

最近忙しいんです・・・・・・・・・・・・
車の中でこればっかり聞いてます。
これも説明の必要ないですよね。

On a dark desert highway, cool wind in my hair,
Warm smell of "colitas" rising up through the air,
Up ahead in the distance I saw a shimmering light,
My head grew heavy and my sight grew dim,
I had to stop for the night.

There she stood in the doorway, I heard the mission bell
And I was thinkin' to myself :"This could be heaven and this could be hell"
Then she lit up a candle, and she showed me the way,
There were voices down the corridor, I thought I heard them say

Welcome to the Hotel California,
Such a lovely place, (Such a lovely place) Such a lovely face
Plenty of room at the Hotel California,
Any time of year, (Any time of year) You can find it here

Her mind is Tiffany-twisted, she got the Mercedes Bends,
She got a lot of pretty, pretty boys she calls friends
How they dance in the courtyard,
Sweet summer sweat some dance to remember, some dance to forget

イーグルス ”ホテル・カリフォルニア”】


暗く寂しいハイウェイ 涼しげな風に髪が揺れる
コリタス草の甘い香りがほのかに漂い
はるか前方には かすかな灯りが見える
頭は重く 視界かすむ どうやら今夜は休息が必要だ
礼拝の鐘が鳴り 戸口に女が現れた
僕はひそかに問いかける ここは天国? それとも地獄?
すると 女はローソクに灯を灯し 僕を部屋へと案内した
廊下の向こうから こう囁く声が聞こえる

ようこそホテル・カリフォルニアへ ここはステキなところ
お客様もいい人たちばかり
ホテル・カリフォルニアは 数多くのお部屋をご用意して
あなたのお越しをいつでもお待ちしています
ティファニーの宝石のように繊細で 高級車のように優雅なその曲線美
美しいボーイたちはみな 彼女たちに心を奪われている
中庭では香しい汗を流して ダンスを踊っている人々
思い出を心に刻もうとする者 すべてを忘れるために踊る者

そこで僕は支配人に告げた 「ワインを持ってきてくれないか」
すると彼は「そのようなスピリットは1969年以降一切ございません」
それでも人々が深い眠りについた真夜中でさえ
どこからともなく 声が聞こえてくる

ようこそホテル・カリフォルニアへ ここはステキなところ
お客様もいい人たちばかり
どなたもホテルでの人生を楽しんでいらっしゃいます
口実の許すかぎり せいぜいお楽しみください
鏡を張りめぐらせた天井 グラスにはピンクのシャンペン
誰もが自分の意思で囚われの身となった者ばかり
やがて 大広間では祝宴の準備がととのった
人々は 鋭いナイフを突き立てるが 誰ひとり内なる獣を殺せない

気がつくと僕は出口を求めて走りまわっていた
もとの場所に戻る通路を なんとかして見つけなければ・・・
すると 夜警がいった
「落ち着いて自分の運命を受け入れるのです
チェック・アウトは自由ですがここを立ち去ることは永久にできません」
イーグルスライブ


CD (1989/10/3)
オリジナル盤発売日: 1980/11/7
ディスク枚数: 2
フォーマット: Live, from US, Import
レーベル: WEA International

ディスク:1
1. Hotel California
2. Heartache Tonight
3. I Can't Tell You Why
4. Long Run
5. New Kid in Town
6. Life's Been Good

ディスク:2
1. Seven Bridges Road
2. Wasted Time
3. Take It to the Limit
4. Doolin-Dalton (Reprise II)
5. Desperado
6. Saturday Night
7. All Night Long
8. Life in the Fast Lane
9. Take It Easy
スポンサーサイト

category: 音楽(動画):イーグルス

thread: なんとか生きてます

janre: 日記

tag: イーグルス  ホテル・カリフォルニア 
trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

« 今日だけは 忘れないでね!  | h o m e |  はっきり言います! 私は”ブス好み”です!!! その3 »

コメント


この曲も昔良く聴きました。でも、私は英語が出来ません。アカイロ牡丹さんのブログのマイコージャクソンのコメントみたいなものです。

いつも訳してくださっているので、違った意味で聞きなおせます。
こんな歌詞だったんだって。意味深だったのですね。

ありがとうございます。
【2007/12/08 11:18】
URL | あゆかっち #mQop/nM. *編集*

ロウソクの明かりの中、この曲を聴きながら、バーボンと『アル・カポネ』という葉巻をくぐらせながら、ローリーのジュエリーを傍らに眺める・・・

そんな夜を時に過ごしています。。

【2007/12/09 10:46】
URL | Deva #- *編集*
よく聞いてました!!
イーグルスよく聞いてました!母が好きでね^^家でよく流れてました。サーモンアンドガーファンクルやら、ビリージョエルやら、母のおかげで洋楽好きになった私です。
【2007/12/09 12:45】
URL | アカイロ牡丹 #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/97-a3add72c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。