09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

”裏通りに身をかくしながら”生きていくのか・・・ 


2007.11.23
Fri
20:25

ブルース・スプリングスティーン

にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ
それだけは避けたかったのに
そうならないようにだけ
だからそう言ったじゃないか・・・
何のために今まで・・・

思い浮かぶ様々な後悔の言葉

恨み つらみ 妬み嫉妬 怒り 絶望

それでもやってくる明日

どう向かい合おうか

投げ出すか 逃げ出すか あきらめるか

音をたてそうな哀れな心

慰めも癒しもなく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブルース・スプリングスティーン ”裏通り”】

One soft infested summer me and Terry became friends
Trying in vain to breathe the fire we was born in
Catching rides to the outskirts tying faith between our teeth
Sleeping in that old abandoned beach house getting wasted in the heat
And hiding on the backstreets, hiding on the backstreets
With a love so hard and filled with defeat
Running for our lives at night on them backstreets

Slow dancing in the dark on the beach at Stockton's Wing
Where desperate lovers park we sat with the last of the Duke Street Kings
Huddled in our cars waiting for the bells that ring
In the deep heart of the night to set us loose from everything
to go running on the backstreets, running on the backstreets
We swore we'd live forever on the backstreets we take it together

Endless juke joints and Valentino drag where dancers scraped the tears
Up off the street dressed down in rags running into the darkness
Some hurt bad some really dying at night sometimes it seemed
You could hear the whole damn city crying blame it on the lies that killed us
Blame it on the truth that ran us down you can blame it all on me Terry
It don't matter to me now when the breakdown hit at midnight
There was nothing left to say but I hated him and I hated you when you went away

Laying here in the dark you're like an angel on my chest
Just another tramp of hearts crying tears of faithlessness
Remember all the movies, Terry, we'd go see
Trying to learn how to walk like heroes we thought we had to be
And after all this time to find we're just like all the rest
Stranded in the park and forced to confess
To hiding on the backstreets, hiding on the backstreets
We swore forever friends on the backstreets until the end
Hiding on the backstreets, hiding on the backstreets

Bruce Springsteen

ある荒れた静かな夏 オレとテリーは友達になった
オレ達は生まれてきた炎の中 息をしようとむなしい努力を重ね
街はずれまで乗っけてくれる車をつかまえ
互いの歯と歯を信頼で結びつけ 
誰も住まない あの古ぼけたビーチハウスで眠り
熱の中 消耗し 裏通りに身をかくし 裏通りに身をかくし
つらい愛と挫折に満たされながら 夜の裏通りをかけぬけた

命がけの恋人たちが車をとめる
ストックトンズ・ウィングの浜で 闇の中でゆっくり踊り
オレ達はデューク街の最後の王様と一緒に 車の中にすわりこんだ
夜の奥深い中心で鳴るベルの音を待ちながら オレ達は全てを放して
裏通りを走らせてやった 裏通りを走らせてやった
テリー 君はオレ達が永遠に生きてゆくと誓った
あの裏通りで 一緒に耐えながら

有名なダンサー達が ボロをまとい
街路を離れて 涙をかきおとす
終わりのないジュークボックスのある店とヴァレンティノ・ドラッグ
闇へ走りこみ ある者はひどく傷ついて ある者は死にかけてる
夜 君には街全体のひどい泣き声が聞こえてるようだった
オレ達を殺したウソのせいさ
オレ達をダメにした真実のせいさ
全部オレのせいにしてもいいさ テリー
真夜中絶望に襲われても全然気にしちゃいないさ 
もう言うことは 何もない
でも 君が行ってしまった時 彼を憎んだ 君を憎んだ

真夜中こうして横になってると 君はオレにおりたった天使のようさ
テリー オレたちが見にいった映画を全部覚えてるよ
まるでかつてのオレ達のヒーローの歩き方をまねようとした
でも全てが終わってみると オレ達は他の誰ともちがわないとわかった
公園を大股で闊歩し 告白を強いられ
裏通りに身をかくし 裏通りに身をかくし
オレ達は 永遠に友達でいようと誓った
裏通りに身をかくし
裏通りに身をかくし
裏通りに一緒に身をかくして生きていこうと・・・・
ブルース・スプリングスティーン

Born to Run/明日なき暴走
Bruce Springsteen/ブルース・スプリングスティーン
MHCP-723/アルバム/2005.6.22/\2,520(税込)

1975年8/25 満を持してリリースした3rdアルバム(日本発売'75年10/21)で大出世作。TIMEとNEWSWEEKの表紙を同時に飾るなど発表と同時に大センセーションを巻き起こした。建国200年祭のアメリカを陽のアメリカとすれば、陰のアメリカに住む、アメリカの夢に裏切られ続けながらも、アメリカの夢への信仰を捨てられずにいる若者たちが「約束の地」への脱出を試みる。希望と挫折、前進と逃避、アメリカン・ドリーム,あまりにドラマティックで躍動感あふれる全8曲。タイトル曲は彼の代名詞としていまも多くのファンに愛されている。75年10/11より2週連続3位。アメリカン・ロック史上に永久に名を残す名作として誰もが認めざるを得ない傑作!〈プラチナ・ディスク獲得
1. THUNDER ROAD
2. TENTH AVENUE FREEZE-OUT
3. NIGHT
4. BACKSTREETS
5. BORN TO RUN
6. SHE'S THE ONE
7. MEETING ACROSS THE RIVER
8. JUNGLELAND


ブルース・スプリングスティーン LIVE75-85

Live/1975-85/THE "LIVE" 1975-1985
Bruce Springsteen/ブルース・スプリングスティーン
MHCP-729~MHCP-733/アルバム/2005.7.20/\6,825(税込)

'75年10/18のロキシーから'85年9/30のL.A.コロシアムまで10年間のライヴを集大成。まさに激闘の記録であり、そのエネルギーを少しも損なうことなく完璧に収録。アルバム未収録8曲含む、全40曲のスプリングスティーンの軌跡。発売日にレコード店にファンが列を作るという社会現象にもなった。全40曲、約3時間半。75-85年までのいちばん脂がのったブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンドの白熱のプレイが楽しめる。発売当時は"5枚組LPレコード"という付加価値も話題になったロック史上最長のライヴ大作。初のライヴ盤。全米チャート初登場No. 1!!(3枚組以上では史上初!〉

1. THUNDER ROAD
2. ADAM RAISED A CAIN
3. SPIRIT IN THE NIGHT
4. 4TH OF JULY, ASBURY PARK (Sandy)
5. PARADISE BY THE "C"
6. FIRE
7. GROWIN' UP
8. IT'S HARD TO BE A SAINT IN THE CITY

1. BACKSTREETS
2. ROSALITA (Come Out Tonight)
3. RAISE YOUR HAND
4. HUNGRY HEART
5. TWO HEARTS
6. CADILLAC RANCH
7. YOU CAN LOOK (BUT YOU BETTER NOT TOUCH)
8. INDEPENDENCE DAY

1. BADLANDS
2. BECAUSE THE NIGHT
3. CANDY'S ROOM
4. DARKNESS ON THE EDGE OF TOWN
5. RACING IN THE STREET
6. THIS LAND IS YOUR LAND
7. NEBRASKA
8. JOHNNY 99
9. REASON TO BELIEVE

1. BORN IN THE U.S.A.
2. SEEDS
3. THE RIVER
4. WAR
5. DARLINGTON COUNTY
6. WORKING ON THE HIGHWAY
7. THE PROMISED LAND

1. COVER ME
2. I'M ON FIRE
3. BOBBY JEAN
4. MY HOMETOWN
5. BORN TO RUN
6. NO SURRENDER
7. TENTH AVENUE FREEZE-OUT
8. JERSEY GIRL
スポンサーサイト

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: それなりにがんばってんだよ

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  裏通り 
trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« 少しラクになってきたかな・・・・・・・・・  | h o m e |  "辛い一日の終わりに、信じる理由”をさがそう・・・ »

コメント


あし@お友達受理ありがとうございます
これからもどうぞよろしく
【2007/11/24 07:10】
URL | utubou #- *編集*

何回も言うようだけど 卑屈になっちゃいかん!こっちの道のほうがいいと思えば 卑怯とわめこうが なんと吼えられようが逃げも手ですよ 逃げなさい! ただし!全て整えてた上で逃げなさい、逆に諦めは 後で後悔する場合にもなりますよ
【2007/11/24 20:56】
URL | Jenifer #PikvLR5I *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/86-905ce90a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。