07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

”かなえられなかった夢”がいま・・・ 


2007.10.04
Thu
21:59

ブルース・スプリングスティーン

にほんブログ村 恋愛ブログへ

彼女と知り合った時、むこうは不倫中でした。
年下の若い男に少し興味があっただけなのかも知れません。
相手は大手の都銀(今、こんな言い方しないな?)
今は、我が国を代表するメガバンクの一つの支店次長でした。
半年ほど経ってむこうの仕事場で、
関係がばれたみたいですぐに転勤となり
関係は終わったようでしたが、妊娠していました。

春先の暖かい日、天満の帝国ホテルのロビー、
川沿いの満開の桜を、二人で見ながら、
彼女は『最後かもしれない・・・生みたい・・・』と言いました。
嫉妬、絶望、怒り、驚愕、あきらめ・・・
自分の中の全ての負の感情に支配されて、狂いそうになって
どうしようもなくなって、彼女の電話には一切出ませんでした。

1ヶ月後、彼女が一人ぼっちで、おろしてきてから
また会うようになりました。
『オレのせいじゃない・・・』何度も自分に言い聞かせて、
感情を押し殺して、彼女の笑顔だけを見ようとしました。

一緒に暮らすようにようになり、会社を辞めて失業保険で
ぶらぶらしてアルバイトをしてたときも
僕は、全て忘れたようなフリを続け、
彼女は、過ぎ去った遠い過去の一つのように振る舞いました。

今の仕事について、結婚はまだ先かなとも思ったけど、
彼女は、全然気にしていないかのようにしていました。

彼女の大腸ガンの手術後、
集中治療室で意識朦朧としたまま、手を握って
『ずっと、一緒にいるから・・・』とだけ言いました。
その夜、僕は一人で声をあげて泣きじゃくり
彼女が死ぬまでずっとそばにいようと決意しました。

お葬式が終わり四十九日の席、
良心的なお母さんの友達に囲まれて
聖教新聞と般若心経の経典を渡され、笑顔で
『いっしょに彼女を送ってあげましょう!』と言われたけど
逃げ出しました。
3ヶ月ほど経って、福島区にある会館にお骨を収めに行った時、
骨壷を渡され『これでホントに最後のお別れやから。』
と言われ涙ぐんでいる時、誘われましたがすぐにその場を離れました。
2年後、お母さんの友達から電話があり、
お骨を和歌山の霊園に納めたこと、駅から近く、海も見えて
眺めがいいからぜひ行ってあげてくださいと言われました。
それから会ってもいないし、連絡もとっていません。


ブルース・スプリングスティーンの【リバー】を思い出します。
”かなえられなかった夢が、呪いのようにオレを苦しめる”



スポンサーサイト

category: かなえられなかった夢

thread: せつない。さびしい。恋しくて。

janre: 恋愛

tag: ブルース・スプリングスティーン  リバー 
trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« ”今までの人生で、誰よりも、何よりも・・・”  | h o m e |  ”すべてのものは死ぬ。そしていつかきっとよみがえる” »

コメント


はじめまして。Milky Guyと申します。

この話は本当にあったストーリーでしょうか!

ならば、凄絶なお話ですね。 感動しました!

ブルース・スプリングスティーンの「ザ・リバー」と重なる部分があります。
【2007/10/09 21:45】
URL | Milky Guy #- *編集*

コメント有難うございます。
全て本当の話です。
今年の夏、初めてウツに悩み、誰にも打ち明けられず悩んでいました。
こうやって赤裸々にしちゃうとかなりラクになりました。
また遊びに来てくださいね。
【2007/10/15 02:14】
URL | #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/48-4f9c255d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。