07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

風俗業におけるありふれた考察・・・その19 


2009.08.09
Sun
13:28

薬物依存 (岩波新書)薬物依存 (岩波新書)
(1999/04)
宮里 勝政

商品詳細を見る



4年前、ある女の子が来なくなった。
俗に言う、”とぶ”ってやつ・・・
この世界では日常的にあること。
1年半後の年末、突然
『長く続ける気もないけど、ちょっとイロイロと困ってるので、年末だけでも・・・』
と連絡が入った。
在籍時、そう悪くはなかったし年末は稼ぎ時ならいいだろうと
こちらもOKして戻ってきた。

会ってみて、ゾッとした。
異様に痩せ細っている・・・
骨と皮と申し訳程度の皮下脂肪・・・
それを気にかける様子もない。
明らかにおかしい。

4年前、人妻らしい皮下脂肪の少しつきかけた
ちょっとエッチな身体になりかけていた体型は見る影もなかった。
『私、アツいもの飲めないねん。
 ネコ舌やから・・・・・・・・・・・・』
『アツいもんアカンって、シャブ中患者みたいなこと言うてホンマに・・・』
なんて冗談話をしてたところだった。

1年半後戻ってきた彼女は、
『長く続けたくないから、絶対他の子にも見つからないようにして!』
とホテルの別室待機扱いとなった。
その日の仕事が終わり、送ってあげたが
車の中で突然、店をやめる直前の話の続きが始まった。
1年半たってるのにもかかわらず、懐かしげもなくそのブランクが
なかったかのような話が延々続いた。

明らかにおかしい・・・
会話はできるが、話が通じてない・・・

そして翌日の夕方、彼女からお店に電話がかかってきた。
そしてすごい剣幕で
『人をシャブ中呼ばわりしやがって、どういうつもりや!』
とわめきたてた。

以前の彼女じゃなかった。
全く別人みたいだった。
店長やらオーナーやらに、電話でおんなじようにわめきたてて
それっきりとなった。


そして2週間前、突然オーナーの携帯に連絡があったらしい。
仕事はしたくないけど2万円貸して欲しいという内容だったらしい。
相手にもしなかったそうだが、今、スプーンいっぱいくらいの
覚醒剤の小売単位の相場が2万円らしい。


酒井法子の事件で思い出したお話・・・・・
スポンサーサイト

category: ラスト・ワルツ(動画入り!)

tag: 酒井法子 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« お盆・・・  | h o m e |  風俗業におけるありふれた考察・・・その18 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/366-898f8fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。