08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

今日も一日が過ぎて・・・ 


2009.06.21
Sun
12:03

車で大阪市内をまわる・・・
カーナビの表示を切り替えてみる。
コンビニだらけ。
小さなモニター画面の中に、驚くほどに
コンビニの表示だらけ。

このナニワ、”商売人たちの街”のはず。
みんながみんな、小商いにいそしむ、
合言葉は、
『モウカリマッカ?』
『ボチボチデンナ・・・』
そんな挨拶が今でも生きてるはずの、商売人の街・・・

そんな商売人のメッカ、ミナミの繁華街、メインストリートでもある
千日前通りを車で走ると、カーナビの画面には
コンビニ表示だらけ。
ホントに驚くほどに、コンビニマークが表示される。

コンビニエンスストア。
悪くはない。
日本全国どこでも、同じ商品が同じ値段で同じ味で買える。
客を掴むための話術も、心理作戦も、品揃えも、地域性も
何にもいらない。
一定の時給のアルバイトを、一定の時間で交代させて
利益を最大限効率的にあげる。
マニュアルどおりにやっておけば、まず間違いはないし、
本部からの責任追及される危険性もおさえられる商売。

今は繊維の問屋街である船場センタービル、
その昔、松下幸之助氏が幼い頃に丁稚奉公に連れてこられ、
商売のイロハを身を持って叩き込まれた街。
今はいかがわしい風俗業が裏通りにひしめきあう
日本一交差点、日本橋一丁目。
落語家の桂ざこば氏が、子供の頃、
表玄関から稼業の集金に行くと、
『客とおんなじ表玄関から、集金に来るな!
 裏口からまわらんかい、ドアホ!!』
と怒鳴られたそうだ。
小商いのイロハをそうやって体でたたきこまれる。
今でも、毎月1日は客入りが悪い時がある。
月初めに金を落とすと、その月の売上が悪くなるというジンクスが生きてる街・・・

そんな街並みのあちこちに、コンビニエンスストア・・・

やっぱり時間をかけて、商売の何たるかをじっくり身に付けないと
アカンはずだ・・・

”身体で覚える”
”修行”
養老猛先生は、このことを”文武両道”というと、本に書いておられた。
インプットとアウトプットのバランスだそうだ。

いずれにしても、時間をかけて身につけなきゃならないことの一つ。
絶対的な時間が必要なことの一つ・・・
スポンサーサイト

category: お仕事・・・

thread: 伝えたいこと

janre: 日記

tag: 時間 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« ”あふれ出るアツイ涙”・・・  | h o m e |  これが男ぞ!!! »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/357-6a7fcedd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。