09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

風俗業におけるありふれた考察・・・その16 


2009.05.24
Sun
13:39

デリヘルはなぜ儲かるのか (小学館文庫)デリヘルはなぜ儲かるのか (小学館文庫)
(2007/04/06)
松本 崇宏

商品詳細を見る



10年以上前に、私が最初にこの世界に入った店の経営者・・・ママさんのお話。

九州のある県の離れ小島出身。
父親は、農家、酒飲みで酔えば暴力をふるう。
母親は、短気で癇癪持ちで、島で一軒しかないパチンコ屋に入り浸り。
子供の頃の思い出と言えば、
おなかを空かせて半泣き状態の弟を連れて
パチンコ屋の駐車場の片隅で、母親をずっと待ってたこと。
中学を卒業すると、美容師の卵として大阪に出てくる。
最初につきあった初恋の男の子供をこっそり独りで生む。
生計をたてるために、美容師を辞め、
九州独特の濃い顔立ちを生かして水商売へ・・・
大阪の水商売のメッカ、北新地デビュー。
時はバブル花盛り、父親より年上の不動産屋の爺さんに見初められ
マンションをあてがわれて囲われ、子供を二人生む。

バブルがはじけて、マンションを追われ、
大阪の繁華街からはずれた住宅都市、豊中市の下町、庄内の
ピンサロで風俗デビュー。
その後、新大阪のマンション形式のヘルスでノウハウとスポンサーをみつけて
十三(じゅうそう)のはずれでマンションヘルスの経営に乗り出す。
そのスポンサーに内緒で、子供たちの父親である」不動産のジジイと
店舗型ヘルスを共同出店したはいいが、
マンヘルのスポンサーに見つかり、
『店に火をつけてやる!』と脅され、土下座して300万円を包む。
マンションヘルスの経営権をとられる。

その間、母親は肺ガンで他界、弟は暴力事件で刑務所へ。

店舗型ヘルスの経営は順調だったが、出資したジジイは
自分の不動産屋稼業が傾き続け、利益のほとんどをそっちに持っていかれ、
ママさんはサラ金からの借金と返済をまわしながら生活。
自分だけの食い扶持を確保するために、ジジイが止めるのも聞かず
新大阪のマンションヘルスを出店する。
店長として雇ってた、元チンピラヤクザがひょんなことから逆ギレして暴れだす。
ガソリンを撒いてわめいて、従業員を半殺しにして病院送り、
その見舞金とチンピラの保釈金で数百万なくす。

そして一人出産。
受付しながら産気づいてきたから、その足で病院へ。
翌日の明け方、男の子を独りで出産、二日後店で受付をしていたらしい。

その後店舗型ヘルスは落ち着き売上を上げ続ける頃から
私はお世話になりだしたが、それとほぼ同時に
大阪府条例で新風営法改正、新聞広告がうてなくなったので
届出をしなおす間、閉店(もぐり営業)・・・

その後2年間、売上の多少の上下はあったものの順調に推移。
が、しかし、私が店を離れてから半年後、警察の一斉捜査。
構造変更と名義届出の不備やらで逮捕拘留。
これまでの従業員に対する悪態が祟ってか、取調べ態度が悪かったからか
なぜか22日間キッチリ真夏の十三の淀川署の地下留置所で過ごす。
風俗営業違反としては異例中の異例らしい。
中でどういうやりとりだったかは、未だに誰もしらない。
不動産屋のジジイは、一緒に取り調べられ、
『なんで、ワシまでとばっちりくらわせよったんや!』とママさんに逆切れ、
子供たちの父親ということでガマンにガマンを重ねてきていたが
ついに決別宣言。

その後、再び自ら風俗嬢として復帰。
お店を転々として、自分で雇ってた女の子たちとも待機で顔をあわせながら
お金をため、以前から問題があった住んでたマンションの欠陥を突いて
マンションメーカーから数百万円和解金をぶんどる。
それを元手に再び、ホテルヘルスを出店するがうまくいかず閉店。
再び風俗嬢に。

今度は堅気の商売をと、十三(じゅうそう)でスナックを開業。
が、続かず閉店。

ある夜、マンションのベランダの手すりを持ち、身を乗り出そうとしたその瞬間、
子供たちの髪が伸びすぎててカットする約束をしてたことを思い出して正気に戻る。

そして風俗嬢再々復帰。
生本番、SM、スカトロ、アナル、何でもやったらしい。

資金をある程度貯めて、不動産屋のジジイの元へ・・・
200万円を1割の利子で借りて、待ち合わせデリバリーヘルスを開業。
事務所、待機は自宅の居間、広告はインターネットのみ。


そして1年後、ジジイへの返済は終了。
さらに1年後の今、月の粗利は100万円を越すようになっているらしい。


死ぬ気で覚悟を決めたら、後はやるかやらないか。
人間が生きていくのはキレイごとばかりじゃない。
ヒステリックで頭が悪いところが大嫌いで離れたのだが、
尊敬に値する人なのかも・・・最近そう思い始めた。
スポンサーサイト

category: お仕事・・・

thread: 日記というか、雑記というか…

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« がんばらなくてもいいです!?!?  | h o m e |  逝ってしまった”僕の好きな先生”・・・その5 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/349-82786d2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。