08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

逝ってしまった”僕の好きな先生”・・・その4 


2009.05.17
Sun
15:44

名曲集名曲集
(1992/06/01)
RCサクセション

商品詳細を見る



大学に入学して、音楽サークルに入った。
やはりすべての情報量がケタチガイに変わる。
R&Bやら、ブルースやら、ソウルミュージックの意味がわかるようになった。
清志郎のシャウトしてた、”ガガガガガッ!”の出所、オーティス・レディングを知った。
たぶん、夏だったと思う。
サム&デイブのサム・ムーア、チャック・ベリーRCサクセション
ジョイントライブが、たぶん大阪の南港だと思うがあったらしい。
サム&デイブが再結成してくる予定だったらしいが、
”やっぱりオマエとは無理!”とか何とかで、サムが独りで来た。
解散の原因はオンナを寝取ったか寝取られたかだとか・・だったかな?
チャック・ベリーは、ある会場でピアニストが気に入らず、
演奏中にその場でクビにして、自分で弾いたという伝説が生まれた。
四分の一世紀ロックンロールし続けたオトコ!という触れ込みだったはずだ。
”四分の一世紀”・・・
25年・・・
ロックがまだ若者の特権で、いい大人になったら手放さなくてはならない音楽
そんな先入観がまだ生きてた時代だったような気がする。
その時のレコードが出てたが、CDにはなってない。
買っておけばよかったな・・・


”いい音楽”の特徴は何か?
ホントに私的な勝手な思い込みだが、”伝承”されてることだと思う。
を聴いて、エリック・クラプトンを知ったし、
クラプトンを聴いて、BBキングを知った。
モッズを聴いて、クラッシュを知ったし
吉田拓郎を聴いて、ボブ・ディランを知った。
ローリング・ストーンズがブルースを教えてくれた。
RCサクセションを聴いて、ソウル・ミュージックが聴けるようになった。
ラッツ&スター(この頃はシャネルズだったかな・・・)でも、中西何某でもなく
清志郎と上田正樹が、オーティス・レディングを、ソウルミュージックを教えてくれた。
柳ジョージ&レイニーウッドの名アルバム”Woman&I”は
未だに色あせることなく、耳に残っているし、愛聴盤のひとつ。
サム・クックが泣かせてくれることも教わった。

大学時代、気の合う友人と話したことがある。
”サザンの桑田の部屋に遊びにいきたいな・・・
 いいレコードいっぱい持ってそうやな”

”オトナの特権は情報を持ってること。
 いい店もいい料理もいい音楽もひっくるめて、
 人を官能的にさせる情報を持っている。
 いい情報を持ってるということ、これは特権だ。”
と言ったのは、確か村上龍だったかな・・・

清志郎はいい音楽、”スウィート・ソウル・ミュージック”をいっぱい知っていて
まちがいなく、
”オイ、町中のガキども!世の中捨てたもんじゃないぜ。
 こんなにいっぱい面白いことがあるんだぜ!”
ということを歌っててくれた。
それは、絶対に間違いなく、かなり確信的に
”希望”と呼ばれるものに分類されていいはずだ。
”毎日息づいてく上での希望”だったはずだ。

野茂は、たった一人でアメリカに行き、あっと言わせるピッチングをした。
”言葉がわからないのでは?”というインタビュアーの質問に
”英語のベンキョーしにいくんちゃうし!”と不機嫌そうに答えた。
ミョーに分別くさくなると、肝心のポイントまでずれてくるらしい。
そして、ありふれた日常に、たまらない程の痛快を感じさせてくれた。

自分も誰かにとっての何者かになりたい!
”希望””夢””光”・・・
結局こんな言葉しか思いつかないなんて、なんて私はボキャブラリーがないのか・・・
受け継がれ伝承された、いいものは間違いなく人の心をうつ。
飛びすぎかな?
でも、はずしてないでしょ?

”スウィート・ソウル・ミュージック”・・・いい響きだな・・・
”甘い魂の音楽”????
ボキャブラリーがないかなやっぱり・・・
それでも”オマエの匂い、他のオンナとは区別がつく”はずさ!


RCサクセション ”スウィート・ソウル・ミュージック”】


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 独身オヤジへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングbanner_02ninkirankingsyou.gifred88x15_dkuturogusyou.gifbnr80_15_02buroguousyou.gifbanner-timeblogsyou.gif人気ブログランキング
スポンサーサイト

category: 音楽(動画):忌野清志郎

thread: 伝えたいこと

janre: 日記

tag: RCサクセション  忌野清志郎  スウィート・ソウル・ミュージック  サム&デイブ  チャック・ベリー 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« 逝ってしまった”僕の好きな先生”・・・その5  | h o m e |  逝ってしまった”僕の好きな先生”・・・その3 »

コメント


こんにちわ、遊びに来ちゃいマシタ!

清志郎大好きデス。ボクが音楽を知ったであろう頃は、既にある程度のジャンルの下地が出来上がっていた所為か、ソウルミュージックもロックもパンクもフォークも、それなりにメジャーな位置付けに在った音楽だった様に記憶しておりマス。

それでも、まだまだネットも普及していない時期だから、近所のレコード店やクラブに足繁く通い、先輩方から貴重な情報を得るしかなかったデスね。“情報は足で稼ぐ”、正にそういった時代の過渡期に当たる世代でしょうか。


近頃は情報量も多く、情報そのものの価値も下がった気がしマス。。。

音楽が若者の特権だった時代の様に、音楽で世界を変えてやる!っていう勢いは、もう時代遅れなのかなぁ…なんて、ちょっぴり寂しく想いマスが、でも、やっぱり音楽は永遠デスよね。


あああ…
上手くまとまらなくてスイマセン('A`)

【2009/05/17 18:45】
URL | ターキー #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/347-6ed673e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。