04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

神様・・・・・ 


2009.02.24
Tue
07:31

時々思い出しすことで、他人にしゃべっていないことがあります。
大学受験のときのこと。
第一希望になんとか受かりたいと思いながら日々勉強を続けたいました。

おそらく一月だったか、十二月だったか・・・
最後の詰めにと思い、薄い問題集でも仕上げておこうと思い、
悪友たちと本屋さんに寄りました。
(たぶん、冬休みにやってしまおうと思ったから12月の終わり頃だったかな・・・)
最後の詰めは、やはり苦手科目の底上げと思い、
古文の問題集を買った。
枕草子、徒然草、源氏物語のダイジェスト版みたいなもの。
これだけはやって、他のものが出たならあきらめるしかない!
そう腹をくくった記憶があります。

そして、第一志望大学の第一志望学科の受験当日。
必須は英語、そして数学ⅡBと国語と日本史と世界史の中から二科目選択という
その大学独特のシステム。
選んだのは日本史と国語・・・・そう、典型的な文系!
難しくはないが、競争率はやたら高くなる・・・

日本史・・・たぶん100点満点中うまくいけば90点、勘違いがあれば76点。
いずれにしてもボーダーラインの65点は確実にクリア!

そして国語。
現代文は読めることは読めるのだが、正解なのかどうかは記述式のところは
よくわからない・・・
そして古文。
問題を見て愕然となった。
枕草子!
そして、その問題は、最後の詰めにと思って買った問題集とまったく同じ!
あまりのドキドキに周囲をそっと見渡した。
大教室に3名ほどが、周りを見渡してる。
もしかしてその3名も気づいたんじゃないのかな・・・
答えを覚えていたから、たぶん古文は満点だったはず。

そしてギリギリながら、第一志望の第一志望学科に入学。


神様って見えないけれどいるんだと思う。
かなりの割合でチャンスの糸をたらしてくれてるはずなのだ。
ただそれをつかむのはその人次第。
運良くつかむ人もいる。
私の場合は・・・・

確かに運が良かった。
偶然手に取った問題集・・・
だが、私は目標に向って日々努力をしていた。
寝る間を惜しんで努力していた。
そして、神様がたらしてくれていたと思われる糸を偶然ひっぱれる
位置にやってきたのだ。
目標に向って一心不乱に日々精進していた私を見捨てたりしなかった。

要するに、毎日の積み重ねが偶然の出会いを生かした。
と言っていいでしょ?
スポンサーサイト

category: 人間について・・・

thread: つぶやき

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 春・・・  | h o m e |  あれから30年・・・”今はまだ人生を語らず8” »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/329-74a986dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。