09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

人生、日々これ実感なり・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


2007.08.28
Tue
20:59

死にいたる病

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

絶望は死にいたるそうです・・・・

絶望しているわけではありません、決して・・・

ただ、亡くなった彼女が今夜部屋に来て、

『いっしょに行こう・・・』と言ったなら、断るつもりはない・・・

ただそれだけです。

まだ、時々おかしいのかな・・・

面倒だから以下、全部抜粋!



 私は今、幸せに暮らしている。好きな物をお腹一杯に食べたり、好きなお酒を飽きるほどに飲む事はとてもとても貴重な経験であるからこそその時には自分はなんて幸せなんだろうと思うぐらいに貧しいけれど、好きな仕事をしている。
そして、自由である。夢もある。現在幸せであると思っている私でも将来絶望する可能性がないとは言い切れない。
私は何に絶望するだろうか。病気、愛する人の突然の死。そのどちらも日常的に三面記事の隅に掲載される自殺の原因の一つである。自殺は神への反逆であるとキェルケゴールは書いている。キリスト教徒にとって、神に反逆するということほど恐ろしいことはないのではないか。私はボーヴォワールやカミュを愛する。自分を実存主義者だと表現したことは今までなかったが、気がつけばそうなのかもしれないと思う。

 絶望はどこからくるのか。死も病もある日突然やってくる。
死に至る病を現実のものとして受け入れることが出来た時、
人は絶望から希望を見いだすのか。
絶望は決して悪い物ではなく、絶望したからといって、死に至るとも
限らない。私は一人で暮らしていて健康に不安に思った時、
必ずと言っていいほど、病院のベッドに横たわる自分の姿を想像する。そこにいる私は、今と同じように本を読んだり、パソコンを使って
自己表現をしている。
ただ、違うのは仕事をしないでベッドに横たわっているということ。
つまり、病気や障害を持ったとしても、自分らしさを
失わないでいたいと思っている。

 私が師として慕っている先生は「人の心は神の神殿」と説く。
絶望は自己自身からやってくる。
全ての重荷は自己自身で作り上げている。
人間は自己自身で分裂させ絶望者となるが、キリスト教徒は希望、
勇気を自己自身の内側から芽生えさせるのである。

 
スポンサーサイト

category: オススメ読本(動画入り!)

thread: **本の紹介**

janre: 本・雑誌

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 生きるということ  | h o m e |  ”この夜(世?)にさよなら” »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/30-fdbabf89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。