05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

甲斐バンドとの”30年戦争”その22・・・”DIRTY WORK” 


2008.12.04
Thu
19:17

+(プラス)甲斐バンド・シングル・コレクションVol.1+(プラス)甲斐バンド・シングル・コレクションVol.1
(1990/12/19)
甲斐バンド

商品詳細を見る



人間は何かを手に入れると何かを失うのか?
それはいまだによく」わからないこと。
ただ、”お仕事”というものを、生活手段として手に入れたのに、
いつの間にやら目的となってしまうことがある。
生きることの目的が仕事になってしまう・・・
自分の存在価値がそこにあるのなら、それもまた良しとも思う。
それで何かを失ったのかな?

毎日の日々に、仕事に追われながら、
”愛についてのその辛さ、切なさ”についての歌を耳にする時、
”それを必要としてる年代の人がいる限り、それを歌うのは理解できる。
 でも、もういいよ、十分だから。
 甲斐バンドでその世界は十二分に堪能したから・・・”
と思ってしまう。

小室哲哉の一連の曲を耳にする時、いつも感じてしまう。
”それ、その世界ってよくわかるけど、アンタはホンマに本気で
 そんな風に感じてないんじゃない?
 ネタとして、現代の風景としてその世界を取り入れてるだけでしょ?
 自分の心に真剣に、奥底にまで尋ねてないでしょ?”

ミック・ジャガーは、”30になって、サティスファクションなんて歌えない!”と
若い頃インタビューに答えていた。
60過ぎた今でも歌い続けている。
ブルース・スプリングスティーンは、
”30過ぎたら、明日なき暴走は歌えないと思っていたけど、
 40を越えた今、別の意味を持ち始めている”
と10年くらい前のインタビューで答えていた。


生産と消費
手段と目的


私にとって、14歳から18歳くらいにかけて、甲斐バンドが絶対的な位置を占めていた。
その頃音楽は消費ではあったが、自分のある種のカタルシスを手にいれるための
手段であり、聴く行為が自分の精神的な何か生産的な意味合をもっていた。
何かを表現したができないでいる、モヤモヤした感情を
私に替わって表現していてくれる何であった。

今そんなこんなの思いが消え失せてしまったのか?
いや、はっきりと何がしかの思いが湧き上がってくる。
時々、そんな思いに突き動かされて、じっとしていられなくなる。
去年、道端で何気なく手相を見てもらった。
”競わないで逃げてきたでしょ?
 そんなこんなが、たまりにたまって一気にふりかかってきてるみたいですね・・”
と言われたことがある。
この数年自分をだまして、自分にウソをついてきたそんなこんなが
たmりたまっていたらしい。
自分に正直に・・・本来、ウソがつけない性分なんだからしかたない。
今、確実に”かなえられなかった夢”にカタをつけて、前に踏み出そうとしている。
もう”燃えカス”になっちまってる?
それはそれでも、まあええんちゃう???


甲斐よしひろ甲斐バンド)  ”ダニーボーイに耳をふさいで” 】





にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 独身オヤジへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング
banner_02ninkirankingsyou.gifred88x15_dkuturogusyou.gifbnr80_15_02buroguousyou.gifbanner-timeblogsyou.gif人気ブログランキング


スポンサーサイト

category: 音楽(動画):甲斐バンド

thread: 伝えたいこと

janre: 日記

tag: 甲斐バンド  甲斐よしひろ  ダニーボーイに耳をふさいで 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 甲斐バンドとの”30年戦争”その23・・・”DIRTY WORK”  | h o m e |  甲斐バンドとの”30年戦争”その21・・・”DIRTY WORK” »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/296-a0d656f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。