09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

甲斐バンドとの”30年戦争”その20・・・”DIRTY WORK” 


2008.12.02
Tue
18:06

HERE WE COME THE 4 SOUNDS [DVD]HERE WE COME THE 4 SOUNDS [DVD]
(2005/09/14)
甲斐バンド

商品詳細を見る



世はレコードからCDへと変わっていった。
ブルース・スプリングスティーンのライブはレコードだった。
最初に買ったCDは、確かトム・ウェイツの”レイン・ドッグ”だったような・・・
そして、竹田和夫&ボーイズ・オン・ザ・ロックスだったかな・・・

解散後まもなく、甲斐よしひろのソロアルバムが出たが
買おうとも聴こうとも思わなかった。
甲斐バンド”というものが、完全に追憶の彼方の存在となっていた。
他に何か夢中になったか?
もうオトナなのである。
音楽はあくまでも、消費対象なだけである。
スガシカオ、山崎まさよし、ミスチル、椎名りんご、B'z・・・・・・
”甲斐的”なるものが見え隠れする音楽を横目に、
私は日々に埋もれていった。
思い出したようにふと口ずさんではいた。
それなりの仕事のヤリガイは感じてはいたが・・・

世は平成となり、クレジット・カードが世にあふれ出していた。
日本の国は赤字国家なのに、故郷創生資金として各自治体には
一億円が配られた。
一億円の金塊を買った自治体もあったそうだ。
我が故郷は、各家に有線で村の放送が流れるようになった。
父は、『今やったら口がきけるから、帰って来る気はないか?』と
何度も尋ねてきた。
人生設計も将来設計もないくせに、断っていた。
後になって”平成バブル””失われた10年”と呼ばれる時期に突入していた。
あちこちでイベントが行われていたらしいが、それを楽しんだ記憶はない。
当たり前か、イベントを起こす側にいたんだから・・・
”ライブ・アンダー・ザ・スカイ”で、野外で優雅にジャズなんぞを楽しんでいたが
採算がとれてたか
今や悪名高き瀬戸大橋の建築に尽力した、自民党の原健三郎議員は
選挙演説の最中に、

  『今や日本は、有史以来最高の時代に突入しました。
   そこでそうやって、酒が飲めるのも自民党が頑張ってきたおかげやぞ!』

と、選挙区である阪神尼崎駅前でぶちあげた。
共働き子供なしの夫婦のことを、DINKS(ダブル・インカム・ノー・キッズ!)と言った。
何だか変だが、みんな幸せにお立ち台の上で踊った。

”うたかた”
”ウタカタ”
”泡沫”
そう、”バブル”だった・・・

25時の追跡




ディスカバリーネット
【SC205】でお申し込みください。

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 独身オヤジへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング
banner_02ninkirankingsyou.gifred88x15_dkuturogusyou.gifbnr80_15_02buroguousyou.gifbanner-timeblogsyou.gif人気ブログランキング

スポンサーサイト

category: 音楽(動画):甲斐バンド

thread: 伝えたいこと

janre: 日記

tag: 甲斐バンド  25時の追跡 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 甲斐バンドとの”30年戦争”その21・・・”DIRTY WORK”  | h o m e |  甲斐バンドとの”30年戦争”その19・・・”DIRTY WORK” »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/294-f7b0ee8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。