03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

甲斐バンドとの”30年戦争”その5・・・”DIRTY WORK” 


2008.11.14
Fri
21:22

サーカス&サーカス(紙ジャケット仕様)サーカス&サーカス(紙ジャケット仕様)
(2007/12/12)
甲斐バンド

商品詳細を見る



中学2年から3年にかけての春休み・・・
14歳になったばかりの頃。
まだ十分に、LPレコードというものが買えるほどの小遣いもなかった頃・・・
欲しいレコードはいっぱいあった。
早くボブ・ディランのレコードを、吉田拓郎のレコードを全部聴きたかった。
レンタルレコードもなかった時代のこと
近所にレコード屋もなく、自転車で30分かけて隣の町の小さなレコード屋に
出かけたものだった。
このブログのタイトルにも取り入れた、”10ホール・ハープ”ブルース・ハープ”も
そこで買った。
もちろん、ボブ・ディランを意識したハーモニカホルダーも・・・
精一杯の思い入れを込めて、シングルレコードを聴いていた。
たのみの綱は、友だちの機嫌をとってのカセットテープ。
思えば音楽の価値って相対的に高い時代だったんじゃないだろうか・・・
まだステレオもなく、カセットデッキを持ってる人も少なかったから
TDKの90分テープの両面にLPレコードを1枚ずつ入れて
大切に聞いていた時代だった・・・
思い入れと、小遣いを投資する対象の優先順位がなかなか決まらなかった・・・
ブルース・ハープを全セット早く揃えたいこと、
吉田拓郎の3枚組みベストアルバム、
ハーモニカホルダー、
ボブ・ディランの集大成ベストアルバム”傑作”、
甲斐バンド全アルバム・・・・
友人との、テープ交換・・・

よしだたくろうベストコレクション
かぐや姫フォーエバー
南こうせつ ねがい、武道館ライブ
NSP ぼくらはごきげん
アリス 武道館ライブ
因幡晃 わかってください
風 北国列車
イルカ ライブ
グレープ ライブ3年坂
ビートルズ ライブ・アット・ザ・ハリウッドボウル
チューリップ ウェルカム・トゥ・マイ・ハウス
井上陽水 東京ワシントンクラブ、断絶
泉谷しげる 春夏秋冬
そして、甲斐バンド・・・・

すべてカセットテープがのびるくらいに、聞き古した。
大学時代の友人は、ビートルズのアビーロードが聴きすぎて、
レコードの溝がなくなって買いなおしたそうだ・・・

甲斐バンドライブ 『サーカス&サーカス』
一緒に大阪まで見に行ったアキラ君が録音してくれた。
90分テープ片面に入りきらず、最後の”ポップコーンをほおばって
の終わり方がわからないままだった・・・
もう片面に、『ガラスの動物園』を入れてもらった。
まだ46分テープがなかったような気がする。

レコードとライブの音がまったく違うバンドとして有名だったそうだ。
何度も何度も聴いた。
不思議と、聞き飽きなかった・・・
思い入れが、100%満たされたバンドのような気がした。
ロックサウンド、優しさだけでは割り切れない愛憎と情感あふれる歌詞。
完璧だった。
もしかして、そのまま自我がしっかりしなければ
マーク・チャップマン”になっていたかもしれないほどに・・・

NHKのAM番組、『若いこだま』をかじりついて聞いていた。
文化放送の”セイ・ヤング!”はもう甲斐よしひろは終わっていた頃だったのかな・・・
後に、水面下で大きなブームとなった、ラジオ大阪の”つるべ・新野のぬかるみの世界”の
第一回のゲストが甲斐よしひろだったんじゃないだろうか・・・
新野新と口論になり、甲斐よしひろが灰皿をつかんで、『ハラたつオッサン!』と叫んだらしい。
MBSラジオ、日曜日午後4時からやっていた、”つるべのわいのわいの90”のゲストでも
やってきて、今年は100本コンサートツアーをやったと言い、
つるべの悪友、やしきたかじんは、『オレは4本や!悪かったな!!』と毒づいた。

わずかばかりの情報を求めて、飛びついた。
リスナーの思い入れと、情報の少なさとがピークになる直前だった。

冬に始まった、久米宏と黒柳徹子が司会した歌番組 ”ザ・ベストテン”・・・
それまでの、テレビ局が捏造したベストテンではなく、あらゆるデータを
集めたそのまんまの、歌のベストテン番組
矢沢永吉が出演しなかったことが、そのまま公表された。
テレビへの”出演拒否”・・・
衝撃的な事件だったような気がする。
まだまだ、フォークやロックは一部の人の特別なものであり
歌謡曲とは一線を画していた頃だった。
それ故に思い入れが深まっていったのは間違いない。
”オレたちの音楽が聞きたいのなら、コンサートに来てくれ”
傲慢といえば傲慢かな・・・

甲斐バンド  ”ポップコーンをほおばって” 】


ディスカバリーネット
【SC205】でお申し込みください。

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 独身オヤジへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング

banner_02ninkirankingsyou.gifred88x15_dkuturogusyou.gifbnr80_15_02buroguousyou.gifbanner-timeblogsyou.gif人気ブログランキング

スポンサーサイト

category: 音楽(動画):甲斐バンド

thread: 伝えたいこと

janre: 日記

tag: 甲斐バンド  吉田拓郎  井上陽水  泉谷しげる  矢沢永吉  甲斐よしひろ  つるべ  新野新  ぬかるみの世界  ポップコーンをほおばって 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 甲斐バンドとの”30年戦争”その6・・・”DIRTY WORK”  | h o m e |  甲斐バンドとの”30年戦争”その4・・・”DIRTY WORK” »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/279-384d5869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。