07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

イロイロと・・・ 


2008.05.05
Mon
16:36

宜保愛子がアドバイス 色情因縁・地縛霊・物に宿る霊宜保愛子がアドバイス 色情因縁・地縛霊・物に宿る霊
(2002/10)
宜保 愛子

商品詳細を見る



『あ、だいぶましにはなったけどしつこいねえ、ホンマに・・・』
異様な肩こりと、首の痛みに耐えかねてたところ、
ついに部屋にやってきてくれました。


スピリチュアルなものなんか、全く信じないで
無縁で生きてきたし、これからもずっとそうだろうと
勝手に思い込んでいました。
今回のことがあったからと言って、何かが変わるとも
思えないし、変える気もない・・・
しかしながら、見える人には見えるらしいし
感じる人には、感じるらしい。

んで、先日から何かと世話になってるSさん・・・
実は彼女とは、どうも因縁があるらしく、
サラリーマン時代、20年くらい前に一度知り合っていました。
就職して間もない頃、モーレツ営業会社で働きづくめの私を見かねて
学生時代の先輩が、看護婦との合コンに呼んでくれました。
その時、偶然に向こうのメンバーのいたのがSさんでした。
すでに結婚して子供もいたのに、単なる数合わせだけで呼ばれてたらしい。
そうとも知らず、猛アタックをかけようとしたのに・・・・

その後、彼女は子供の病気で看護婦の仕事と旦那の収入だけでは
どうにもならず、風俗の世界に飛び込んできたらしい。
こちらは10年前、転職の合間にと気軽なバイト感覚で飛び込んだこの世界でした。
その時向こうにも家庭があり、こちらにも彼女がいて単なる仕事仲間として
つかず離れずの10年が経過。
手相と易の資格を持つ彼女に、時々お茶代で見てもらっていましたが、
看護婦経験と家が近かったことで、彼女の最期を看取ってもらう縁となりました。

まあ、男女関係にならなかったことでの長続きした縁と申しましょうか・・・


信じるか信じないは人の自由、勝手です。
ただ、この1年間で分かったこと・・・
思わぬほどの自分の精神的な弱さでした。
へんてこりんな宗教に惑わされなかったことだけでもめっけもんと思います。

一生懸命ならば通じるはず、
物理的な科学的アプローチで、おおよそのことは解決できると思っていました。
弱さと戦わない人間を、バカにして見下げていました。
安易な解決策は許せない誤魔化しで、そういう人間など語るに足らず、
一笑にふせばよいと思っていました。
自分の中の弱さも許せなかったんでしょうか・・・
それを認めず強がっていただけだったのかも・・・

『竹はしなやかに風にそよぎ、折れることはない』
知っていたはずのことでした・・・

思うようにならないこと、ままならないことをどう受け止めるのか。
そこから始めないといけない。
自分の弱さも他人の弱さも受け入れること・・・
そこから初めて出発できるということ・・・


『もう、ホンマに大丈夫やで。
 モノに当り散らしたりしてたでしょ?
 そういう自分が許せへんかったでしょ?
 人間関係がどんどんこじれていったでしょ?
 家帰っても、体が動かへんかったでしょ?
 そら、ちょっとひどいもん、この色情さんは・・・
 アンタだけのせいやないで、この部屋の状態は・・・
 けど、これですっきりするはずやから。
 けど、言うとくけど、病み上がりやからね!
 死にかけてたこと忘れたらアカンよ、絶対。』


自分で思ってた以上にひどかったみたいです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ人気ブログランキング人気ブログランキング【ブログの殿堂】




スポンサーサイト

category: 忘れられない出来事

thread: 日々のつれづれ

janre: 日記

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« ああ、色情さん???  | h o m e |  さあ、もう少し・・・・・ »

コメント

以前は・・・
この前はどうもありがとうございました。

また、コメントを残しに来てください。
【2008/05/05 23:10】
URL | みさき #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/192-2cc0e6b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。