05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

世にも不思議なラブストーリー・・・その3 


2008.03.15
Sat
04:14

いま世界の宗教は―天理教とどう違うのかいま世界の宗教は―天理教とどう違うのか
(2003/11)
小滝 透

商品詳細を見る



くどいようですが、信心深いわけでもありません。
けれど、初詣には行くしお彼岸にも墓参りには行きます。
たぶん、普通だと思うのですが・・・

14年前だったと思います。
まだ、地震前で、西宮に住んでました。
ちょうど今ごろの季節だったのではないかな・・・
仕事に全くやる気が起こらない時期がありました。
胸の辺りが、やけにスーっとぬけるような感覚が続きました。

日曜日だったと思います。
独りで梅田辺りをぶらついて、何にも買わずに帰ってきた
阪急西宮北口駅の西出口ロータリー前・・・
以前から週に何度か、そのはずれに占い師が座っていました。
その日に限って、やけに気になって声をかけてしまいました。

『ちょっと見てほしいねんけど・・・』
鋭く見つめ返すのは、おばちゃん少し手前の姉ちゃん占い師、

『ハイ、じゃそこに座って!
生年月日と名前書いて!』と、きびきび口調でテキパキと始める・・・

『仕事やめたい?んで、どうしたい?決めてない?
 やる気が起こらない?・・・・・・・・・・』
なんてやりとりを繰り返した後、
『あんたはねえ、もう運を使い果たしてるの!
 考え方も、ちょっとゴーマンねえ!
 じっくり見てみたいから、火曜日にここに電話くれる!?
 壷とか売りつけないし!
 そのときは、3000円だけ持ってくればいいから!
 わかった!?』
とかなりの命令口調で言い渡された。


やっぱり、イロイロ弱気になってたんでしょう・・・
そして見抜かれてたんでしょう・・・


電話して、行ってしまったんです・・・そこに・・・

阪神尼崎駅北出口を出て、国道2号線を越えていりくんだ狭い下町の住宅地。
文化住宅の一室・・・
ドアを開けた瞬間
『しまった・・・・・
 やられた・・・・
 そんな手口やったのか・・・』

部屋中に飾られた、見たことない厳かな神棚みたいな飾り物みたいな・・・・
天理教の集会場でした。

『あッ!入信すすめるんじゃないからね!
 これは気にしなくていいから!』
とまたまた命令口調・・・

まずい・・・・・
絶対やばい・・・
何とか切りぬけねば・・・
こうなったら、絶対ウンとは言わんぞ・・・

段々焦りだしたものの、入信でもないし高い金とられるわけじゃないし
見てもらうだけみてもらおう・・・・

覚悟を決めました。



にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ人気ブログランキング人気ブログランキング【ブログの殿堂】


スポンサーサイト

category: 世にも不思議なラブストーリー

thread: とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 世にも不思議なラブストーリー その3  | h o m e |  世にも不思議なラブストーリー 2 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/160-6f3710bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。