10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

サービス業における風俗業に関する考察・・・ 


2008.02.25
Mon
20:42

黒い太陽黒い太陽
(2006/03)
新堂 冬樹

商品詳細を見る



私の仕事は、ヘルスのお仕事です。
女の子は大事な商品です。
だから、サポーターに徹するのか?

ちょっと違う・・・
そこが飲み関係とは、チト違うようです。
女の扱いっていうことに関しては、おんなじような所もあるけど
そこが、抜いちゃうところと、そこに至らせないところの違いでもあるらしい。

ズバリ言います。
代わりが効くんです、ぬいちゃう仕事って。
乱暴に言えば誰でもいいんです。
何でも、どんなのでもいいとは言いませんが、誰でもいいんです。
そこが、分かってるようで、関与者みんなが一度ははまる落とし穴・・・

人間関係って、どんな形であれ発展していきます。
後戻りできません。
以前にも、書きましたが、脱いで抜く関係って後発展しようがないんです。
あえて発展するとなると、やはり不健全な個人的な”不適切な関係”の維持
それしかありません。

ごくまれに、いい関係として維持できることがあるようですが
大概はややこしくなってダメになります。
冷静に考えれば当たり前です。
本来が、”代替的”な”擬似セックス”を売りにしてるんですから・・・

だから、代わりがきく関係こそが正しいんです。
あるべき本来の、風俗嬢とお客の関係なんです。
”サービス業として捕らえなおしたら、決してそんなことはない!”
なんてことはありません、絶対に!

”性”を商品化したんだから、やっぱり特殊なサービス業のようです。


新堂冬樹さん、そこんとこヨロシクです・・・


人気ブログランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

category: お仕事・・・

thread: 仕事のヒント☆

janre: 就職・お仕事

tag: 風俗  新堂冬樹 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« 風俗業に関する考察・・・その2  | h o m e |  一度は死んでたらしいから・・・少しづつ・・・・・ »

コメント


新堂冬樹か…。
何冊か持ってて読んだことのある作家なんですけどね。ちょっとえぐい小説を書く作家だからぼくの好みに合わなくてね…。最近はメルヘンタッチのものも書いているようですけど、最初のイメージが強過ぎて最近は敬遠して読んでないですね。
ぼくは興味本位で何度か姫路のキャバクラに行ったことあるんですけど、本に書かれた世界と現実とはかなりな隔たりがあるんでしょうね。とてもそこで恋愛に発展させる気持ちにはなれなかったですから。音楽もうるさ過ぎたし…(笑)。
【2008/02/26 22:14】
URL | 活字中毒 #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/147-e4d88ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。