09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

生と死・・・精と子・・・性と飼??? 


2008.02.17
Sun
18:23

異人たちとの夏 異人たちとの夏
風間杜夫、秋吉久美子 他 (2008/01/30)
松竹ホームビデオ

この商品の詳細を見る


あの夏は一体なんだったんだろうか・・・
死ぬことが、あんなに近くに感じたことは初めての経験だった。
決して恐ろしいものではなかった。
まさに、”異人たちとの夏”でした。

感じていたことは、
すぐそこのドアの向こうにあるような・・・
あと数時間でやってくるような・・・
不思議と落ち着いた妙な穏やかさ・・・
これまでのことを悔やみきれないわけでもない・・・
『もう、終わりにしても構わないかな?・・・』
決して絶望してたわけでもなし
疲れ果ててしまったわけでもなし
ふと、不意に目の前に、優しく現れた”死”・・・
心の中には間違いなく、7年前に死んだはずの彼女がいた・・・
どうしようもなく激しく揺れ動いた嫉妬心・・・
制御できないミョ-な動揺・・・
それでも、平気で笑顔をつくれる精神的な器用さ・・・
彼女の顔は見れなかったものの、おそらく生きてた頃と同じく
優しく、クシャクシャな笑顔で微笑んでくれていたはずです。
優しく手をとって誘ってくれていたような、そんな気がします。
ホントにもう、終わりにしてもいいと間違いなく思っていました。
かなり確信的にはっきりと・・・けれど穏やかに。
そして秋が深まる頃、彼女は間違いなく僕の心の中から出て行きました。
二度目のサヨナラは、穏やかに受け入れることができました。
それでも、少しだけ傷が残ったような・・・


そもそも、生と死って反対語なのかな?
本来はもっと自然につながってるような、そんなものじゃないのかな?
それじゃ、何で死にたくないのかな?
戻ってこれないから・・・
ムコウ側に何があるかわからないから・・・
もうコンタクトとれなくなるから・・・
まだやりたいことがあるから・・・


何だかよくわかりませんが、今はっきり言えるのは、
今日家に帰って、彼女が迎えに来てても、部屋にはもう入れないということ。
完璧とは言えないまでも自分をコントロールできてる安心感、
頬にあたる心地よい冷たい風は、胸の奥までは届いてきません。
100点満点ではないにしろ、日々生きてる実感を確かめています。

後悔しない人生なんて、たぶんないでしょう。
おそらく誰もが、まだ”使っていない人生”を持ってるはずです。
今年こそは!と少しづつ行動にうつしています。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

category: あの日からの便り

thread: 頑張れ自分。

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 日々に迷うとき・・・”生き方”  | h o m e |  久しぶりに ”あの日からの便り”・・・ »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/141-7c24290b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。