09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

19951.17その4・・・ 


2008.01.22
Tue
22:46

阪神・淡路大震災

地震が起きた瞬間、何をしていたのか?
寝てました。
モチロン揺れで目は覚めました。
んで、また寝ました。
何が起きてるかわからなかったし、外は真っ暗だし
部屋の蛍光灯は・・・落ちてて灯りをつけられなかったし
寝ぼけてたから・・・
明るくなってきてようやく、事の重大さがわかってきました。
部屋の中は、ちょうど ダンボールケースに積み木を入れて
振り回したあとのような状態・・・
かたづけようにも、どこからどう手をつけてよいものやら・・・
実家から電話はあったものの繋がったのはそれ1回のみ・・・

こんなことなら、年末に携帯電話とかいうものを買っとけばよかった。
この震災の後に、携帯電話とインターネットが、一気に普及しました。

とりあえず薄暗い中、外に出てみましたが、
もう周囲軒並み家という家は傾いてる光景。

近所のローソンに行けば、店の前で露天商状態・・・
『つり銭ないからもうこれでええわ!』と
馴染みのお兄さんが、缶コーヒーとアンパンを200円で売ってくれました。

あのお兄さんは、元気かな?

なす術なくて、手荷物持って駅まで行ったけどモチロン電車は
動いてない・・・
お金をおろそうにも、銀行にも人影はない・・・
とにかく9時を待って会社に電話してはみたものの、
5名しか出勤してないから、とにかく自宅待機・・・
その自宅は傾いてて、ちょっとやばいんやけど・・・
『タクシーつかまえて会社来るか?』と言われても
タクシーなんて通ってないし・・・
第一、国道2号線動かなくて、救急車も消防車も通れないし・・・
あっちこっちから煙は立ち上ってるし・・・
昼過ぎに、仕方なしに家に戻ったものの、ガス臭くて怖くて
またまたすぐ出ました。
むこうの番地に小学校があるから、行ってみたものの
お年寄りやら赤ちゃん抱いた人でごったがえしてるし・・・

一駅向こうの先輩の部屋を訪ねたものの、マンションは傾いてて
人の気配はないし・・・・・・・・・・・・・・・
途方にくれる中、日は暮れて、国道は益々車で動かなくなる・・・

傾いた部屋に戻って、救われたのは電気が通ってたことと
昨日の風呂の水を捨ててなかったこと。

『一体どうしたらええんやろ・・・・
 阪神高速も倒れてるらしいし・・・
 西宮から出れるんかな・・・』



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

category: 忘れられない出来事

thread: 絶望した!

janre: 日記

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« 忘れてこそニンゲン・・・  | h o m e |  1995.1.17その3・・・ »

コメント


眉間にしわがよってしまって痛いです。

今の阪神高速からは考えられませんね。
でもあの日、確かに酷い状況でした。
【2008/01/22 23:53】
URL | あゆかっち #mQop/nM. *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://morganfield.blog90.fc2.com/tb.php/127-022f4102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。