12/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./02

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

世間一般の正業におけるありふれた考察・・・その2 


2010.01.31
Sun
05:04

休日出勤した。
原稿の渡しと引き取り。

仕事をしてる・・・
そう、間違いなくハタライテるのだ!
実感を感じてる。

原稿を引き取って、広告枠二枠受注した。
つい先日まで、ロクデナシの仕事だったそんな男に
初めて飛び込み営業してきたそんな男に
仕事を任せてくれた。

裏切れない・・・
背筋を伸ばして、深々と頭をさげた。
有難うございます!こんなロクデナシの人間のために。

会社に電話して、受注を報告。

『正式受注?
 契約書書いてもらった?
 おめでとう。
 じゃ、ついでに会社寄ってくれる?
 聞いてほしいことあるねん。』

年下の社長から言われて、会社にもどる。

んで、話は・・・・
今始めた新しい事業の思いを、とうとうと聞かされる。
いくらオレのほうが年上とは言え、まだ入社して1週間、
そのうえ試用雇用の段階。
そこまで聞かせてくれるって、一体・・・・
カンタンに抜け出せなくなりそうな・・・・
スポンサーサイト

category: 正業におけるありふれた考察

thread: 本日の日記

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

世間一般の正業におけるありふれた考察・・・その1 


2010.01.24
Sun
02:24

新しい仕事についた。
そう、ついに”アシを洗った”のだ!!!
別に悪事をハタライテいたわけではない・・・

そんな中で、営業途中に向こうから、女の子が手を振ってきた。
誰なんだ?
オレに手を振ってる?
あんな子、今度の職場にいたっけ?
・・・・・・・・・・・・・・・・
だんだん、近づいてくる。
誰?
・・・・・・・・・・・・・・・・

『ワタシです!久しぶりだから忘れたんですか?』

あっ!
超売れっ子だった○○ちゃん。

 私『久しぶりやね!元気やった?
   あっ、オレついにあの店やめたけど、どうしてるの?』

 彼女『ワタシもついに、フーゾク嬢上がったんですよ!
    そんで、今度専門学校行きなおして、資格とろうと思って・・・・』

 私『ああ、そう!辞められたんなら、それが一番やねえ。
   えっ?なんで?泣いてんの?』

 彼女『いや、もう。久しぶりで、何か嬉しくて・・・・・
    あっ!もう歯医者の予約遅れるから行きます!
    くれぐれも、昔の話は内緒にしましょね!』

 私『そうやね、もう終わったことやからねえ・・・・
   元気でやり直せるならそれが一番いいしね・・・』


わずか数分のこと。
そんなにも昔のことでもない。
消したい過去かもしればいが、切り離せないことも事実・・・
イヤ、女は変われるのかも???
男は?

そんなこんなで、10数年ぶりの外回り営業で痛い足をひきずりながら
1件受注!!!!
そして彼女のことも忘れてしまっていた。

淡々と日々は続いていく・・・
淡々?
イヤ、叶えたい夢があるから、一歩ずつ進んでいる。
久しぶりの、マトモな正業でまだ少し、リハビリか・・・
大丈夫だ!
ちゃんと歩ける!
そんな自分が嬉しい。
自分へのゴホービは?
そんなもん、まだまだ先にこと!
ようやく立ち上がれたが、体が言うこときくまで
もうしばらくかかりそうだ・・・・

そして、もう彼女のことは忘れている・・・
それが当たり前だから・・・

category: 正業におけるありふれた考察

thread: 日々のつれづれ

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

もう、そろそろ・・・ 


2010.01.19
Tue
11:26

久しぶりに、朝早く起きた。
もう、いいだろうか?
そろそろ、終わりの終わり・・・
The end of the end of last waltz・・・
長い闇だったかな。

いつのまにそんなに長い闇を背負ってたのかな。
好奇心でのぞいてみただけのつもりだった。
わかっていたはずだった。

エンドロールがそろそろ終わる

”偉大なる最終楽章”の終わり。
そして夜が明ける。
新しい一日が始まる。
もしかして繰り返す?
でも、また違う一日。



category: ラスト・ワルツ(動画入り!)

thread: つぶやき

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

もうすぐ・・・ 


2010.01.15
Fri
04:18

長い休憩時間がもうすぐ終わる。
就職したとき、ああもう長い夏休みはもう来ないのか・・・
なんて思ったが、私の場合10年から12年ごとに長期休暇が
やってくる。
そう、向こうからやってくるのだ!
自分から望んだわけではない。
そう、決して望んだのではない。

そうなのだ!
たった今、わかった。
望んでいないのに、そうなってしまうのは
そうなりなさい!ということなのだ。

だから、つぶやこう。
イヤ、大きな声で叫んでみよう。

『これで、いいのだ!』

category: 日々の徒然

thread: 本日の日記

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”助け”を求めてるわけじゃないが・・・ 


2010.01.11
Mon
18:12

突然着信・・・・

 『あっ!元気?
  そろそろ電話しようかと思ってたんよ。
  そろそろ大丈夫やろ?
  今、実家?
  今日やったら時間とれるんやけどなあ、
  ちょっと無理やなあ。
  もう大丈夫やから。
  いつでも電話してね。』

時々、タダで手相を見てくれていた女の子からの電話。


それにしても、ワタシの周囲にいるオンナたちは、
ホントに身勝手だ。
ホントに苦しい時には、見向きもしない。
どころか、トコトン利用してくる。
あんな業界で、オンナに救いを求めること自体間違ってるか・・・
そう、お金がなけりゃ相手する必要もないんだから仕方ないか。

苦しい時に会った相手は、運命の人でもなんでもないらしい。
もう、大丈夫!
独りで立ち上がれるから!
と思ったら、誰かが現れる。
今は、助けなんて要らないって!なんてなってから現れるオンナたち。
でも、そういうもんかな・・・・・

category: 世にも不思議なラブストーリー

thread: 本日の日記

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

この閉塞感・・・ 


2010.01.02
Sat
17:43

COMPLETE TAKURO TOUR 1979【SHM-CD】COMPLETE TAKURO TOUR 1979【SHM-CD】
(2009/11/25)
吉田拓郎

商品詳細を見る


年末年始の小遣い銭と、部屋の片付けにブックオフに行った。
合計12000円だから、相当に売った・・・・
もう一年以上読んでない本やら聴いてないCDやら、DVDやら・・・・
で、ヒマつぶしに店内をウロウロ。

あっ!
見つけてしまった。
幻のCD!
紙ジャケットで再発されてた!
吉田拓郎の1979年のライブ。
レコードを先輩に貸したまんま、就職して東京に行ってしまい
そのまんま返ってこなかった。
まあ、CDで買いなおせばいいかと思ってたら、
ヤフーのオークションで、アホみたいな高値がついてた
この幻の名盤!

やたらにシャウトしまくる拓郎節が全編に冴え渡る
名盤中の名盤。

ちょうど30年・・・・・
振り返って思い起こせば、人間て時間が経っただけじゃ
そんなに成長しないのかな。
成長してないのはオレだけか?

自分の居場所を見つけられなくて流れ流れて気がつけば
30年・・・・・
長いな・・・
イヤ、あっというまか・・・
こんな時間がずっと続くのか?
イヤ、そんなわけない。

何にもできないけど、何かになれそうな気がした、
30年たって何にもなれてないけど、
まだ何かになれそうな気がする・・・

”立てよ!
 胸張れよ!
 泣き言言うな!
 まだ、何にもやってねえだろ!”

今は年下になってしまったこの時の吉田拓郎
そう言われてるようなそんな気がする2009年から2010年の冬。
自分の足でたたなきゃならないとトコトン突きつけれれてる寒い正月。

ツライか?
少しだけ・・・
できそうか?
たぶん大丈夫。
計画は?
あるよ。
時間は?
けっこうかかりそう。

正月早々自分と語り合う。
もう、流されないし
やっぱり、自分で決めよう。
残された道は少ないから、もう迷うこともない。
”自分の得のために誰かを売ることはなかった。
 それがリーダーが持つべき高貴さだ。
 彼の旅を続けさせてやってくれ!”
気に入った映画の台詞・・・・

この閉塞感はたぶん誰も取り除いてくれないだろう。
苦しければ泣いてもいいし、立ち止まってもいい。
でも、自力で立たなけりゃ誰も手はさしのべてくれない。
苦難の道なら、敢えて進もう。




category: 音楽(動画):吉田拓郎

thread: 本日の日記

janre: 日記

tag: 吉田拓郎 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。