12/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./02

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

”自分を取り戻す”ということ・・・ 


2008.01.31
Thu
04:04

フィアレス 恐怖の向こう側 フィアレス 恐怖の向こう側
ジェフ・ブリッジズ、イザベラ・ロッセリーニ 他 (2005/08/12)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る



地震のことをようやく冷静に考えられるようになってきました・・・
当事者にとって直後って、よくわからないものです。
彼女のお葬式の時もそうでした。
ボーぜんとしてしまい、周囲の人たちが事務的に義務的に
テキパキとサッサとタンタンと処理していってくれるのが
すごく有難かったものです。

んで、この映画・・・
主演のジェフ・ブリッジス、すごくいい!というかすごくわかります。
大惨事の後によくあることなのですが、自分のせいで誰かを失うという
気持ちにさいなまれる”サバイバーズ・ギルト”です。

飛行機の墜落事故で知り合った、子供を亡くした若い母親に
仕方なかったということを、身をもって教えるシーンです。
自分のことを思い出すわけではありません。
自分も事故以来、何かが変わってしまい、助けを求めているのだが、
身近な家族とはわかりあえない・・・
彼女を救うことで、自分も救われる・・・
自分を取り戻し、再生させていく、そして家族も・・・

貴重な何かを失い、それを取り戻すその過程を、愛する妻ではなく
アカの他人で、子持ちの人妻とともに過ごす・・・
けど、決して結ばれるわけではなく、それぞれがそれぞれの場所へ
戻っていく。

理想的なのですが、そのことの意味を果たしてそれぞれのパートナーは
理解できるものなのか?
おそらくムリでしょう。
愛する人にとっての自分が、いかに無力であるのか
目の前で見せつけられることに耐えられるなんてことは・・・
愛がすべての救いになるわけではない・・・・・・・・・・・



ユウへ
年が変わってしまったけど、どうしていますか?
キミが自分を取り戻そうともがいてるのを
ボクはどうすることもできず、ただ嫉妬に捕らわれてるだけでした。
時間がたって、これまでのことを冷静に考えるとわかることばかりです。
”運命の相手”というのは、落ち込んでいる時に助けにあらわれる人の
ことではないそうで、立ち上がって何かを始める時に現れる人だそうです。
誰もがそこを勘違いして、迷うらしいです。
高名な方のオコトバです。
この寒さが緩むころに、キミの笑顔が戻っていればと思います。


フィアレス




にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
スポンサーサイト

category: 映画(動画):フィアレス

thread: 心に残る映画

janre: 映画

tag: フィアレス  ジェフ・ブリッジス 
trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

忘れてこそニンゲン・・・ 


2008.01.26
Sat
22:51

ブログランキング・にほんブログ村へ阪神・淡路大震災ろうそく


ずっと、このブログをほったらかしていました。
毎日ご覧いただいてコメントいただく方、申し訳ありません。

1月17日のことを思うと、
やっぱりまだまだ思い出にはできません・・・
いろんなことを思い出して頭に血がのぼったり
阪急西宮北口駅前から少し路地を入ったところで見た、
崩れかけたアパートの前にムシロを敷いて、無言で座ってたお婆さんの
後姿を思い出して・・・
何であの時、手をひいて避難所まで連れて行ってあげなかったのか
一声かけてあげればよかったのに
自分だけ助かろうとしたのか・・・・

色んな思いがよぎって、こみあげてくるものがリアルすぎて・・・

自分の小ささばかりが気になって・・・

あの日確かに、自分はこの中にいたはずで・・・

あれから13年、この人たちはそれぞれの人生を歩んでいるはず・・・



明日から、また気持ちを切り替えます!
オキラクでいようと、音楽・映画・本とそれぞれ別のブログを
作っていきますので、そちらにもお立ち寄りを!!!













category: 忘れられない出来事

thread: 雑記

janre: 日記

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

19951.17その4・・・ 


2008.01.22
Tue
22:46

阪神・淡路大震災

地震が起きた瞬間、何をしていたのか?
寝てました。
モチロン揺れで目は覚めました。
んで、また寝ました。
何が起きてるかわからなかったし、外は真っ暗だし
部屋の蛍光灯は・・・落ちてて灯りをつけられなかったし
寝ぼけてたから・・・
明るくなってきてようやく、事の重大さがわかってきました。
部屋の中は、ちょうど ダンボールケースに積み木を入れて
振り回したあとのような状態・・・
かたづけようにも、どこからどう手をつけてよいものやら・・・
実家から電話はあったものの繋がったのはそれ1回のみ・・・

こんなことなら、年末に携帯電話とかいうものを買っとけばよかった。
この震災の後に、携帯電話とインターネットが、一気に普及しました。

とりあえず薄暗い中、外に出てみましたが、
もう周囲軒並み家という家は傾いてる光景。

近所のローソンに行けば、店の前で露天商状態・・・
『つり銭ないからもうこれでええわ!』と
馴染みのお兄さんが、缶コーヒーとアンパンを200円で売ってくれました。

あのお兄さんは、元気かな?

なす術なくて、手荷物持って駅まで行ったけどモチロン電車は
動いてない・・・
お金をおろそうにも、銀行にも人影はない・・・
とにかく9時を待って会社に電話してはみたものの、
5名しか出勤してないから、とにかく自宅待機・・・
その自宅は傾いてて、ちょっとやばいんやけど・・・
『タクシーつかまえて会社来るか?』と言われても
タクシーなんて通ってないし・・・
第一、国道2号線動かなくて、救急車も消防車も通れないし・・・
あっちこっちから煙は立ち上ってるし・・・
昼過ぎに、仕方なしに家に戻ったものの、ガス臭くて怖くて
またまたすぐ出ました。
むこうの番地に小学校があるから、行ってみたものの
お年寄りやら赤ちゃん抱いた人でごったがえしてるし・・・

一駅向こうの先輩の部屋を訪ねたものの、マンションは傾いてて
人の気配はないし・・・・・・・・・・・・・・・
途方にくれる中、日は暮れて、国道は益々車で動かなくなる・・・

傾いた部屋に戻って、救われたのは電気が通ってたことと
昨日の風呂の水を捨ててなかったこと。

『一体どうしたらええんやろ・・・・
 阪神高速も倒れてるらしいし・・・
 西宮から出れるんかな・・・』



ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 忘れられない出来事

thread: 絶望した!

janre: 日記

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

1995.1.17その3・・・ 


2008.01.22
Tue
01:19

地震から4日目の夜、仕事から帰り・・・
阪急西宮北口駅から真っ暗な夜道を歩いていると、
ある崩れた家の前で、なぜか急に足がたちすくみ
胸が締め付けられる悲しいような感情に襲われました。
二階の屋根が、軒並みに、手が届きそうな目の高さよりも低くなった
家並みらしきものが続く路地裏・・・
なぜだかその家の瓦屋根だけが、月の光に悲しく浮かびあがって
ホントに悲しく見えました。
『もしかして、誰かまだ・・・』
そんな気さえしました。

2週間後引っ越すとき、その家の前には、花束が供えてありました。

あの、一瞬胸を締め付けたのは何だったのか・・・
神戸に住む友人は全員同じような経験をしていました。


3日目の夜、ローソンが営業を再開しました。
駅から少し離れた住宅地に、初めて明りが灯りました。
ダイエーホークスのキャラクターをあしらった配送者から
食料品がつみ下ろされるのを見たとき、涙がとまりませんでした。

category: 忘れられない出来事

thread: 頑張れ自分。

janre: 日記

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

1995.1.17・・・その2 


2008.01.19
Sat
02:32

『割れた窓ガラスの法則』(だったかな???)というものがあるそうです。

ジュリアーノ前ニューヨーク市長のとった政策だったかな・・・
犯罪によって窓ガラスが割られたのではなく、割れた窓ガラスの家に
強盗やら窃盗やらの犯罪が起こるという考え方といっていいのかな?

街並みが壊れた中を歩いていると、気持ちがすさんできます。
近くに住んでいても所詮は他人・・・そのはずでした。
けれど、崩れた家の前を通る時は、あの感情が今でもよぎります。
ブルーのナイロンシートに覆われた建物の前ではまだあの感覚が・・・

戦争で破壊された街並みをモニター画面で見るのとは違いました。


唯一走ってた阪急電車に揺られ、淀川を越えると別の国に
来てるかのような・・・
周囲に対して、あの実感の伝わらなさは何だったのかな?
電車でほんの20分のところなのに

何を失ったのか?
使い古した洗濯機、安物のグラスと茶碗類・・・
たったそれだけです。
あんなにたくさん義援金をいただくほどのモノでもありません。

けれど、あの伝わらなさのもどかしさと悲しさは・・・
あの喪失感は一体なんなのかな・・・
目の前にいる人間に対しての苛立ちは・・・

息苦しくて、辛くて1週間後にくずれかけたアパートを
飛び出しました。
まるで逃げ出してるかのような、惨めなイヤな気分のままで。
ニュースを見るたびに、自分はあそこから苦しんで戦ってる人を
置き去りにしたどうしようもないヤツで・・・そんな気持ちでした。

”サバイバーズ・ギルト”というそうです。

『お前、ピンピンしとるやないか!』
切れた一言でした。
切れたボクが悪いんですが、どうしてもその上司を許せませんでした。
今でも根に持っています。

つらい出来事ばかり思い出します。
あれから偉くなれたわけでもありません。
やっぱりまだ、遠い思い出にはできません・・・・




ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 忘れられない出来事

thread: みんなに知ってもらいたい

janre: 日記

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

1995.1.17・・・・ 


2008.01.18
Fri
03:10

阪神・淡路大震災


今日はオキラクにはなれません。
13年前、西宮に住んでいました。そして・・・
大阪に引っ越してきました。
壊れた光景の中にいることが、あんなに悲しいものとは思いませんでした。

失ったものは、洗濯機と食器だけです。
友人・知人はほとんんど無事でした。

けれど、周囲とは何もわかりあえませんでした。
上司とケンカしました。
”このアホなオッサン、何にもわかっとらん”と思い、
わかりあうことを諦めました。
たぶん、向こうもおんなじように思ったことでしょう。
けれど、諦めたんです・・・
大人になって、初めて誰かのことを諦める悲しさを味わいました。
13年たちますが、その悲しさは終わっていません。


このブログを読んでる方で、義援金を寄付された方へ

本当に有難うございました。
心からお礼を申し上げます。


亡くなられた方へのご冥福をお祈りいたします。


一番忘れられない報道ニュースを、
誰かがアップしてくれていましたのでご紹介を・・・
それから半年後、この方は元気にされてるという紹介もありました。



【映画『ありがとう』舞台挨拶 神戸・三宮】

category: 忘れられない出来事

thread: 伝えたいこと

janre: 日記

trackback(0) | comment(4) | 記事編集

go page top

神に祈りを・・・ 


2008.01.16
Wed
20:50

謙虚さを、忘れるところでした・・・
ちゃんと祈ります・・・・・・・・・・・・・


I have finally found a way to live just like I never could before.
I know that I don't have much to give, but I can open any door.
Everybody knows the secret, everybody knows the score.
I have finally found a way to live in the color of the Lord.

I have finally found a place to live just like I never could before.
And I know I don't have much to give, but soon I'll open any door.
Everybody knows the secret, everybody knows the score.
I have finally found a place to live in the presence of the Lord.
In the presence of the Lord.

I have finally found a way to live just like I never could before.
And I know I don't have much to give, but I can open any door.
Everybody knows the secret, I said everybody knows the score.
I have finally found a way to live in the colour of the Lord.
In the colour of the Lord.

エリック・クラプトン ”プレゼンス・オブ・ザ・ロード”】


↓これのバージョンが一番オススメです!



にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ

category: 音楽(動画):エリック・クラプトン

tag: エリック・クラプトン  プレゼンス・オブ・ザ・ロード 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

オキラクに、そして好きなことを追求してみれば・・・ 


2008.01.15
Tue
23:12





難しい話もオキラクな話も全部ひっくるめて、今年はどう生きようか?
なんて言うこと自体、肩に力が入ってますね・・・

上田正樹

力ぬけばぬくほど、ゴッツええ感じやわ ホンマ キー坊って!
何だかこだわりもヒト段落した後の ええオトナの歌ですね。

上田正樹 ”この素晴らしき世界”】

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ

category: 音楽(動画):上田正樹

thread: 音楽のある生活

janre: 音楽

tag: 上田正樹  この素晴らしき世界 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

”幸せは冬にやってくる”? 


2008.01.15
Tue
03:08



にほんブログ村 音楽ブログへ
実は大好き!です・・・
何が?

広瀬香美』!・・・

何だか ”10ホール(ブルースハープ)ハウス”から
ドンドン遠ざかっていくような気もするんですが・・・

はっきり言って”ブス”ですよね?
言ってしまった・・・

昨日は何だか小難しいこと言ってましたが、
キーンと、心地よく突き刺さってくる彼女の歌声を聴いてると
だって好きだから仕方ない・・・ってやっぱり思ってしまう。

納得いかないことと言えば、
間違いなく”いい男””イケメン”であるはずの大沢たかお
別れたこと。
彼女にちゃんと言ってあげたい。
『モッタイナイと思わない?』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヨケイなお世話?
やっぱり、私はブス好みなのだろうか???
広瀬香美


ユウへ
大阪フェスティバルでの、香美は良かったですか?
(何で呼び捨てなんかな?)

”週休二日、しかもフレックス”なんて
バブル期を思い出させる歌詞ですね・・・
今日一日中、ユウのことを思い出しながら車の中で聴いてました。

広瀬香美 ”ロマンスの神様”】




category: 音楽(動画):広瀬香美

thread: 小さなしあわせ

janre: 日記

tag: 広瀬香美  ロマンスの神様  大沢たかお 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

”使われなかった人生”・・・ 


2008.01.13
Sun
14:12

沢木耕太郎

にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

映画・小説と呼ばれるものがあります。
創作物ですね・・・
人間が想像力を駆使して、創作したものです。
”誰か他人の物語・人生”、その一部なりを切り取ったもの・・・

人は、イヤ、私モックンモーガンフィールドは、何でそんなものを
喜んで欲しがるのか?
あり得ない、他の誰かが勝手に作り上げた他人の人生・生活の一部。

それは、人間というものは後悔する生き物で、
あり得たかもしれない他の、もう一つの、別の人生を生きてみたいと
密かに思っていたからなのかもしれません。


この本『世界は使われなかった人生であふれている』の中で、
著者沢木耕太郎氏は『あり得たかもしれない人生というと、
遠いイメージがあるので、
使われなかった人生”』
と呼んでるようです。

沢木氏は、映画評論という形をとりながら、
読者の”使われていない、あり得たかもしれないもう一つの人生”を
気付かせてくれてるような気がしました。

去年にいろんな出来事を通して、私モックンは自分の
”使われていない人生”を意識してしまいました・・・
後悔・懺悔も含めて、気付いてしまったんです。
どうすればいいのか?
ユウが教えてくれたことです。

”自分の気持ちに素直に生きていくこと”


今年、あり得たかもしれない、使われてこなかった人生を
確かめていこうとしています。
どうすればいいのか?
深夜特急”に乗って ”一号線を北上せよ!”なのかな?

category: オススメ読本(動画入り!)

thread: 伝えたいこと

janre: 日記

tag: 世界は使われなかった人生であふれている  沢木耕太郎  深夜特急  一号線を北上せよ 
trackback(0) | comment(4) | 記事編集

go page top

きんぽうげ・・・毒科の花の名前・・・ 


2008.01.12
Sat
02:39




にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

音楽で、知らなかった世界を垣間見る・・・
多々あることです。
”感性を高められる”と言っていいのかな?

きんぽうげ』・・・

花の名前だそうです。
金鳳花”・・・こう書くようです。
きんぽうげ 金鳳花

けっこうきれいですが、毒草の大元締めだそうです。

甲斐バンドを聞きだした頃、野球部の先輩がユニフォームに着がえる時
いつも口ずさんでいた曲です。
初恋の真っ只中で、
オチンチンに毛が生えてまもない頃で
オナニーも覚えたてで・・・
そんなモックンには、チョットどきどきする歌詞の内容でした。


ユウへ
ラブソングを聴くと、やっぱり今でも顔が過ぎります。
元気ですか?・・・・・・・

甲斐バンド ”きんぽうげ”】


  詞:長岡和弘
  曲:松藤英男・甲斐よしひろ

あなたに抱かれるのは 今夜かぎりね
淋しすぎるよそんなセリフ 似合いはしない
はずれた胸のボタン指ではじきながら
おまえは静かに部屋の あかり消した
暗闇の中抱きしめても おまえの心は逃げてく

 嫌いになったらいつでも別れてあげる
 口で言うほど冷たい女じゃないくせに
 こぼれたテーブルの酒 指でたどって
 口ぐせのようにおまえは 何度もつぶやく
 暗闇の中 抱きしめても おまえの心は逃げてく

  ひび割れたガラス窓 街の色が
  つまづいた昨日を 悲しく染めてた


*当時ベーシストだった長岡和弘さんの作詞だったんですね・・・
 体壊して脱退して、レコード会社のディレクターになったような
 今どうしてるのかな?



category: 音楽(動画):甲斐バンド

thread: おすすめ音楽♪

janre: 音楽

tag: 甲斐バンド  きんぽうげ  金鳳花  長岡和弘 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

今夜は特別に素直に・・・ 


2008.01.11
Fri
02:28



にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ

好きなら好き!って素直に言いましょう・・・
のっけから何をいきなりメデタイことを?と思われるかもしれませんね。
誰のために?
アナタのため、自分のため、そしてミンナのため???

誰かのことを好きなら好きで、それでいいんじゃない?
何かがたまらなく好きなら好きで、それでいいんじゃない?
やっぱり素直な気持ちはとっても素敵です。
それは、やっぱり周りの者まで元気づけてくれます。

”要するに”という言い方はあまり好きではありません。
その”要”の中身が大切なんですから!
でも、時々ごくまれに、まさにそれ!っていう ”要”を見つけます。


今夜は、その ”要”の歌です。
『どんな音楽が好き?』
”要するに”こんな場所で歌われてるこんな音楽です。

麗蘭 ”今夜R&Bを”】


 *関西以外の方、場所は京都のライブハウス磔磔(タクタク)です。
  京都に行かれる方、絶対一度は行ってみてください!
  酒蔵を改造して造ったホールで、楽器類はアンプを通さない生音
  です。
  新京極からすぐ近くですから!




アーチスト:麗蘭(仲井戸”チャボ”麗市&土屋”蘭丸”公平)
タイトル:WELCOME HOME!!
国内盤 DVD
発売日: 2007/10/10
レーベル: GT music
組枚数: 1
規格品番: MHBL-47
1991年京都磔磔での熱狂的なLIVEを収録した、初期映像作品『Welcome Home』を初DVD化

category: 音楽(動画):麗蘭

thread: お知らせ・紹介

janre: 日記

tag: 麗蘭  今夜R&Bを  磔磔 
trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

今年もこの ”廃墟の街”から 淡々と・・・ 


2008.01.09
Wed
22:35





今年は一体どんな年になるのか?
なんて言い方は止しましょう。

今 冷静です。
けれど、力強く一歩一歩をふみしめようとしてます。
ただ、このオドロオドロしい世界を淡々と・・・

ボブ・ディラン ”廃墟の街から”】


絞首刑台の絵葉書が売られてる パスポートは茶色に塗られてる
美容院は船乗りでいっぱいで 町にはサーカスが来ている
盲目の役人がやって来ると催眠術をかけられ、
片手は綱渡り芸人に結び付けられ もう一方はパンツの中だ
暴動の連中は落ち着けず、どこかに行きたがっている
今宵、貴婦人と私が 廃墟の街から見渡している時に

シンデレラはとってもだらしなく思える
“一人を知るには一人が要るのよ”と微笑む
手は後ろのポケットにつっこんで、ベット・デービスのスタイルだ
そこにロミオがわめきながらやって来る
“おまえは俺のもの、信じてるよ”って
でも誰かが言う“お前、まずい所にやってきたな去ったほうがいいぜ”
救急車が去った後は音だけが残っている
シンデレラが廃墟の街を掃いている音だけが

もう月はほとんど隠れてしまった 星も隠れ始めてる
女占師は 道具を片付けている
カインとアベル、それにノートルダムのせむし男以外は
みんなセックスをしているか 雨を期待している
そして、善良なるサマリア人は衣装を身に着けショーの準備をしている
今夜、彼は廃墟の街の カーニバルに出演するつもりだから

今、オフィリアは窓辺で佇んでいる
彼女のことで私が心配なのが 24歳の誕生日ですでに嫁かず後家って事
彼女にとって死は実にロマンティック
彼女は鉄のベストを着て彼女の職業は宗教であり、彼女の罪は活気のなさ
彼女の眼はノアの偉大な虹にクギ付けだが、
廃墟の街を覗き見ながら 時を過ごしている

アインシュタインはロビンフッドに変装し、記憶をトランクに詰めて
この道を1時間前に通り過ぎた 友人の嫉妬深い僧侶と一緒にね
彼はタバコをたかる時には 完璧に醜悪に見えた
そして、下水管の臭いをかぎ、 アルファベットを唱えながら去った。
もはや彼を見ようとも思わないだろうが、ずっと以前は有名だったんだ
廃墟の街で エレクトリック・バイオリンを弾いてた事でね

ドクター・フィルスは革のカップの中に 自分の世界を保存している
でも、彼の性的でない患者たちが それを壊そうとしている
彼のちょっとだらしない看護婦は、青酸カリを穴に詰め込もうとしてる
彼女が持っているカードには“彼の魂に憐れみを”と書かれている
みんな安物の笛を吹いて遊んでる その音は聴こえるよ
廃墟の街から頭を突き出して 遠くまで耳をそばだてればね

通りの向こうではカーテンがクギ付けにされ 祭りの準備ができている
オペラ座の怪人は 司祭の完璧な幻影だ
彼らはスプーンでカサノバを餌付け、より確実に安心させる
そして、言葉で毒を与えた後にカサノバを自信過剰にして殺すだろう
そして、怪人は痩せこけた少女らに叫んでいる
“知らなければ、ここから出て行け、カサノバが罰せられるのは 
廃墟の街に行こうとしたからだ”と

今、真夜中に全ての工作員と超人的な乗組員がやって来て
彼らよりも多くを知っている者を一人ずつ集めている
そして、彼らを工場に連れて行き 心停止装置を肩に縛り付ける
そして、灯油が保険外交員によって城から持ち出される
彼らは誰も廃墟の街に逃げないように見張っている

ネロ皇帝の海に祝福あれ タイタニック号は夜明けの航海だ
みんな叫んでる “お前はどっちの味方なの?”
エズラ・パウンドとTSエリオットは 船長の塔の中で戦っている
カリプソ歌いの連中は彼らを嘲笑し、漁師は花を持っている
海が見える窓の間で美しい人魚が泳ぐ
誰もあまり深く考えなくていいんだ 廃墟の街のことなんか

ええ、昨日、あなたからの手紙をいただきました
(ドアノブが壊れた頃だった)
どうしてますかっていうのは ちょっとした冗談のつもりですか?
あなたが挙げた人々はもちろん知ってますよ、みんな足が不自由ですね
私はみんなの顔を並べ直して、別々の名前をつけないといけないんです
今はあまり良く読めません。だからこれ以上手紙を出さないでください。
ただ、廃墟の街から投函されるのでなければね・・・

にほんブログ村 音楽ブログへ

category: 音楽(動画):ボブ・ディラン

thread: 私は今日も精一杯(;´д`)

janre: 日記

tag: ボブ・ディラン  廃墟の街から 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

今年こそ ”ラスト・ワルツ”を始めます!!! 


2008.01.08
Tue
22:02

エリック・クラプトン


毎日に、今日もさしたる変化はありません。
バカ話で、今日も女の子たちの機嫌をとっています。

一緒に働く仲間たちより、毎日コメントいただく皆さんに
こんな、バーチャルな細いあやふやな電子回線だけの繋がりに
深さや情を感じるなんて、ちょっとオカシイカナ???
それはもしかしたら、一緒に働いてきたボクよりも
お客さんに惚れてしまったユウに偉そうに言えないことかな???

去年1年間店を去っていった女の子たちを思い出しながら、
どこまでわかってあげられたかな?
それとも、わかる必要なんて何にもなく、
ウソでもいいから、笑顔で
『お疲れさん!明日も一緒に働きたいから・・・』
なんて言ってあげるだけでよかったのかな?
なんて感じています。


冷静な気持ちのまま、傷つけた人のことを思いやれる・・・
何だかひとやま越えられたようです。


今年こそが ”偉大なる最終楽章の始まり”です。
ラスト・ワルツ』はすでに始まっています・・・


Further on up the road someone's gonna hurt you like you hurt me.
Further on up the road someone's gonna hurt you like you hurt me.
Further on up the road, baby, just you wait and see.

You gotta reap just what you sow; that old saying is true.
You gotta reap just what you sow; that old saying is true.
Just like you mistreat someone, someone's gonna mistreat you.

You been laughing, pretty baby, someday you're gonna be crying.
You been laughing, pretty baby, someday you're gonna be crying.
Further on up the road you'll find out I wasn't lying.

Further on up the road someone's gonna hurt you like you hurt me.
Further on up the road someone's gonna hurt you like you hurt me.
Further on up the road, baby, just you wait and see.


エリック・クラプトンザ・バンド  映画『ラスト・ワルツ』より
            ”ファーザー・オン・アップ・ザ・ロード】

”オレを傷つけたみたいに、キミも誰かにきずつけられるだろう・・・
 古い諺どおりさ
 今は笑ってるけど、そのうちキミが泣く番さ・・・・”
ふられた腹いせみたいな曲ですね・・・・・・・・・・・・・・・・・




アーチスト:ザ・バンド
タイトル:ラスト・ワルツ
国内盤 CD
発売日: 2004/01/21
レーベル: ライノ/ワーナー・ブラザーズ
組枚数: 2
規格品番: WPCR-11771
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ

category: ラスト・ワルツ(動画入り!)

thread: らららい♪ららららい♪ポンポンポンポン♪o(*´ω`)o

janre: 日記

tag: エリック・クラプトン  ザ・バンド  ラスト・ワルツ 
trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

変わりゆく”変わらないBasic Things”・・・ 


2008.01.06
Sun
20:51


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへにほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

変わるには、まずは現状把握を!
そして日々改善!?!?
しかし変わらないモノもあります。
汲めども尽きることのない、あふれ出すアツイ何か・・・

このブログのタイトル ”10ホール”というのは
10穴式ハーモニカ、通称”ブルース・ハープ”のことです。
またの名を、”ミシシッピ・サクソフォン”とも言います!
ブルース・ハープ

こんな感じのモノです。

んで、ワタシのキホンなるアフレ出すアツイものはと言えば、
やっぱりこのブログのタイトルどおり ”ブルース”です!

新年以来いろんな本を読んで、決意も新たに新しい一歩を
踏み出そうとしていますが、ヤッパこれ・・・
忘れられません!

近藤房之助
大学1年のとき、何気なく買った『ブレイク・ダウン』のレコード、
足げに通った、京都のライヴハウス ”タクタク
(ずいぶんご無沙汰だけど、水島さん元気かな・・・
 スリッカーズの松井クン、まだハープ吹いてるかな・・・)
いろいろやって来られたアナタ、”ブルース”を消化して今も歌う
アナタが好きです・・・・

近藤房之助 ”ジェラス・ガイ”】

この映像たぶん、10年以上前にやってた 渡辺香津美ホスト司会の
夢の乱入者”だと思います・・・



アーチスト:近藤房之助
タイトル: Take Me Back The Blues
国内盤 CD
発売日: 2001/11/14
レーベル: リゾーム
組枚数: 1
規格品番: BMCR-8002

category: 音楽(動画):近藤房之助

thread: いま想うこと

janre: 日記

tag: 近藤房之助  夢の乱入者  渡辺香津美  ジェラス・ガイ  ブルース・ハープ  ミシシッピ・サクソフォン  ブレイク・ダウン  タクタク  水島 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

明けましておめでとう!!!”今日までそして明日から” 


2008.01.04
Fri
21:07



国内盤 CD
発売日: 2007/01/17
レーベル: フォーライフ
組枚数: 3
規格品番: FLCF-4168
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ



いつもコメントをいただく ”あし@”仲間の皆さん、
偶然通りがかってご覧いただいた皆さん、年末のご挨拶もなく
返信もなく突然正月休暇になってしまい失礼いたしました!

何せ仕事場のパソコンをこっそり使ってるもので、
バタバタのままお休みとなってしまいました・・・

あらためまして、新年明けましておめでとうございます。

今年は・・・・
変えていきます。
何を?
何かを・・・・
答えになってませんね・・・

ある日突然、変身することはありません。
けれど今年は 本気です。
今から始めます。
一歩一歩です。


ユウへ

やっぱりオメデトウメール送ってしまいました・・・
返事 素直に嬉しかったです。
素直に言います。
今、静かに新しい一歩を踏み出そうとしてますが、
ボクの気持ちもなかなかキミから離れません。
”今自分と葛藤してます・・・”
応援してるから頑張ってね。
キミが言ったとおりです。
人間はなかなかカンタンには変われないですね・・・
明日は今日より一歩進んでいればいいのですが、
それはそれで難しくて、今日のゴタゴタもやっぱり
誰かのせいにしてしまいそうです。
それでも、今年は新しい年にしようとしています。
キミの笑顔が、心の底から恋しいです・・・
自分の気持ちに素直なところ、それがキミの何よりの魅力です。
少し、欲望に忠実すぎるかも???
話せる日を楽しみにしています。


”♪ 私には私の生き方がある
   それはおそらく自分というものを
   知るところから始まるものでしょう
   けれどそれにしたって
   どこでどう変わってしまうのか
   そうですわからないまま生きていく
   明日からのそんな私です・・・・♪”

いい歌だけど、聴けば聞くほど無責任きわまりないですね
やっぱりこの人吉田拓郎


・・・けれどいいんです、それで!
自分の気持ちに素直ならば!!!

吉田拓郎 ”今日までそして明日から”】

category: 音楽(動画):吉田拓郎

thread: あけおめっ!!

janre: 日記

tag: 吉田拓郎  今日までそして明日から 
trackback(1) | comment(3) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。