10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

”まだ 出会えていない”から・・・・・・ 


2007.11.29
Thu
23:32

U2
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ

少しづつですが回復しつつあります。
何だか長いトンネルの向こうに 明りが差し込んでいるような
そんな気分です。
全力疾走はまだできそうにありませんが、体力が戻りつつあるって
何だかたっぱり嬉しいですね。

”希望の詩”を、思い出しています。

”まだ、探してるモノには出会えていない”・・・

I have climbed highest mountains
I have run through the fields
Only to be with you , only to be with you
I have run , I have crawled
I have scaled these city walls , these city walls
Only to be with you
But I still haven't found what I'm looking for

I have kissed honey lips , felt the healing fingertips
It burned like a fire , this burning desire
I have spoke with the tongues of angels
I have held the hand of a devil , it was warm in the night
I was cold as a stone
But I still haven't found what I'm looking for

I believe in the Kingdom Come , when all the colors will bleed into one
Bleed into one , well, yes I'm still running
You broke the bonds , and you loosened the chains
Carried the cross of all my shame , all my shame
You know I believe it
But I still haven't found what I'm looking for
But I still haven't found what I'm looking for

U2 ”終りなき旅”】


高くそびえたつ山々に登り いくつもの戦場をきりぬけてきた
走りまわり 這うように進み 街の壁という壁によじ登った
ただ君といるためだけに
それでもまだ 僕は見つけていない 捜し求めていたものに

愛しい人のくちびるに触れ 指先にいやされた
炎のように燃えていた この熱き情欲よ
僕は天使たちの言葉をしゃべり 悪魔の手を握りしめた
夜はあたたかく 僕は石のように冷たかった
それでも僕はいまだ見つけていない 探しもとめていたものを

僕は未来を信じている
やがてすべての色はひとつに溶け合うはず
だけど僕はまだ走り続けている
君は束縛を断ち切り 鎖を解き放ち 十字架を背負った
そして僕の恥辱を・・・
わかるだろう 僕は信じている
それでもまだ僕は見つけていない
さがし求めていたものを



-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 音楽(動画):U2

thread: 頑張れ自分。

janre: 日記

tag: U2    終りなき旅 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

”あたたかな港に たどり着くまで”・・・ 


2007.11.28
Wed
21:22

甲斐よしひろ 甲斐バンド
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ

少しずつですが 回復しつつあります。
何とかもう少しで 飛び立てそうです。
疲れ果てた体をだまし 鳥のように飛ぼうと・・・

勇気やら 元気やら やる気やら
なんとか他から注入していますが、内側からなかなか出てきません。

少しづつですが思い出そうと・・・

確かこれは、少年時代に初めて”挫折”を知ったときに聞いた 
励まされ、泣かされた”希望の詩”だったはず・・・

甲斐バンド ”翼あるもの”】


  ♪現代(今)に生きるオレ達に 星は道をさしてくれる
   夜の海に 誰かが高く 明かりを 命を燃やしてる
   哀しげに 高く・・・♪
-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):甲斐バンド

thread: ガンバレ私!

janre: 日記

tag: 甲斐バンド  誘惑  翼あるもの 
trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

”だから 雨が降るその前に 歩きだす”・・・ 


2007.11.27
Tue
21:03

甲斐よしひろ
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ

『最悪の精神状態は抜け出せたものの 後ろはまだ崖っぷちだから
 ゆっくりと前へ足を踏み出していくこと。
 ムリはまだ禁物、まだ病みあがりだということを忘れないように!』

 今年の夏 ある人から言われたことです。


『肝心なことを決めず、争わず先延ばしにしてきた結果が今です。
 長引きますよ、あと4~5年は波乱万丈のようです。』

 道端の占い師に言われたことです。

どうも、大切なことをずい分と置き忘れてるような気もします。
少しづつ思い出そうとしています。
ホントは心の奥底にあることもわかってきました。
だから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


甲斐&松藤 ”熱狂(ステージ)”】


  ♪人は誰もが星をさがして歩き続けてる
   窓を開けると目の中に こぼれるほどの星空
   落ちて行く奴もいる きらめき続ける者もいる
     どこに行けばいいかわからない
     雨が降る その前に 歩きだす♪
-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):甲斐バンド

thread: 我、不死身なり…

janre: 日記

tag: 甲斐バンド  甲斐&松藤  熱狂  ステージ  マイ・ジェネレーション 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

少しラクになってきたかな・・・・・・・・・ 


2007.11.26
Mon
17:13

ブルース・スプリングスティーン
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ

『人間の運勢って1週間で変えられるよ!』

土曜日久しぶりに女の子と飲みにいった。
オトモダチです。(誰に言い訳してんのかな????)

手相がある程度診られるらしいのですが
私モックンモーガンフィールドは
『一本気 単純 自分のみ 自分に自信あり
 情には薄くけっこうドライ きっちり積み上げ形
 人に左右されることはあんまりない』
良いようで悪いようで、何だかな・・・
と思いながらも結局自分で思ったことを通してしまうでしょう???

1週間ごとというのは当たってるようです。
昨日からすこぶる気分がいい。
先週の自分にサヨナラできそうな月曜日です

”オレはこの街から出て行くよ 勝利者となるために!”

ブルース・スプリングスティーン ”涙のサンダー・ロード”】


The screen door slams Mary's dress waves
Like a vision she dances across the porch as the radio plays
Roy Orbison singing for the lonely hey that's me and I want you only
Don't turn me home again ,I just can't face myself alone again
Don't run back inside darling you know just what I'm here for
So you're scared and you're thinkingthat maybe we ain't that young anymore
Show a little faith, there's magic in the night
You ain't a beauty, but hey you're alright
Oh and that's alright with me

You can hide 'neath your covers and study your pain
Make crosses from your lovers throw roses in the rain
Waste your summer praying in vainfor a savior to rise from these streets
Well now I'm no hero that's understood
All the redemption I can offer, girl is beneath this dirty hood
With a chance to make it good somehow hey what else can we do now
Except roll down the window and let the wind blow back your hair
Well the night's busting open
These two lanes will take us anywhere
We got one last chance to make it real
To trade in these wings on some wheels
Climb in back heaven's waiting DOWN ON the tracks
Oh oh come take my hand
Riding out tonight to case the promised land
Oh oh Thunder Road, oh Thunder Road oh Thunder Road
Lying out there like a killer in the sun
Hey I know it's late we can make it if we run
Oh Thunder Road, sit tight take hold Thunder Road

Well I got this guitar and I learned how to make it talk
And my car's out back if you're ready to take that long walk
From your front porch to my front seat
The door's open but the ride it ain't free
And I know you're lonely for words that I ain't spoken
But tonight we'll be free all the promises'll be broken
There were ghosts in the eyes of all the boys you sent away
They haunt this dusty beach road
In the skeleton frames of burned out Chevrolets

They scream your name at night in the street
Your graduation gown lies in rags at their feet
And in the lonely cool before dawn
You hear their engines roaring on
But when you get to the porch they're gone
On the wind, so Mary climb in
It's a town full of losers
And I'm pulling out of here to win


納戸がばたつき マリーのドレスが揺れる
ラジオが鳴ると 彼女は幻のようにポーチを踊りぬける
孤独な者のために歌う ロイ・オービソン
ヘイ!それはオレだ そして欲しいのは君だけだ
オレを家に追い返さないでくれよ
なんでここにいるのか知ってるだろ?
だから 君は怖がって もうオレ達は若くないなんて考えてる
もう少しだけ誠実なところを見せてくれよ
夜にはマジックがあるんだ
君は美人じゃないけどとっても素敵さ オレには申し分なしさ!

君は隠れ家に閉じこもって 
自分の痛みについて考えることもできる
恋人たちから十字架をつくりだすことも
雨の中へバラを放り出すことも
救世主がこの通りで起き上がるのを待ちながら むなしく祈って夏を
ムダに過ごしてしまうことも・・・
オレはもうヒーローじゃない もうみんな知ってることさ
オレに償えるものはみんなこの薄汚れたフードの下にあるさ
どうにか今より良くできるかもしれないチャンスといっしょにね

窓からころがり落ちて
風に君の髪をなびかせる以外に他にできることはあるかい?
夜が破裂して 口を開けている
この二つの車線は オレ達をどこへでも連れて行ってくれるさ
車で取引して 翼を手に入れる 現実の物にする最後のチャンスさ
後ろに乗り込みなよ
天国がこの道の先に待っている
こっちへきて オレの手をとりなよ
約束の大地をつかまえに 夜へ乗り出そう
サンダー・ロード! サンダー・ロード
太陽の中の殺人者のようにそこに横になり
もう遅いけど 走ればまにあうさ!

オレはこのギターを手に入れて
どうやってしゃべらせるかわかってきた
オレの車は人里離れたところにある
もし君が 自分の家からオレの車のフロントドアまでの 
長旅の準備ができてるなら ドアは開けておくよ
けど自由には 乗れないよ

オレが言い出せなかった大切な言葉 そのせいで
君が孤独を感じてるのはわかってるよ
けれど 今夜オレ達は自由さ!
すべての約束は破られ 
君が追い払った男たちの目には亡霊が写っている
それは このホコリまみれの海岸道路の
燃え尽きたシボレーの骸骨の中に現れては消え去る
そいつらは 夜道 君の名前を叫ぶ
君の卒業式のガウンはそいつの足元でボロボロになっている
そして夜明け前の孤独な冷気のなかで
君はそいつらのエンジンの轟きを聞くだろう

けれど そいつらが行っちまった後のポーチにたどりつき
マリーがそこに入り込むとき
そこは 敗北者に埋もれた街さ
そしてオレは勝利を手にするためにここを出てゆくよ!

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: 頑張れ自分。

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  サンダー・ロード 
trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

”裏通りに身をかくしながら”生きていくのか・・・ 


2007.11.23
Fri
20:25

ブルース・スプリングスティーン

にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ
それだけは避けたかったのに
そうならないようにだけ
だからそう言ったじゃないか・・・
何のために今まで・・・

思い浮かぶ様々な後悔の言葉

恨み つらみ 妬み嫉妬 怒り 絶望

それでもやってくる明日

どう向かい合おうか

投げ出すか 逃げ出すか あきらめるか

音をたてそうな哀れな心

慰めも癒しもなく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブルース・スプリングスティーン ”裏通り”】

One soft infested summer me and Terry became friends
Trying in vain to breathe the fire we was born in
Catching rides to the outskirts tying faith between our teeth
Sleeping in that old abandoned beach house getting wasted in the heat
And hiding on the backstreets, hiding on the backstreets
With a love so hard and filled with defeat
Running for our lives at night on them backstreets

Slow dancing in the dark on the beach at Stockton's Wing
Where desperate lovers park we sat with the last of the Duke Street Kings
Huddled in our cars waiting for the bells that ring
In the deep heart of the night to set us loose from everything
to go running on the backstreets, running on the backstreets
We swore we'd live forever on the backstreets we take it together

Endless juke joints and Valentino drag where dancers scraped the tears
Up off the street dressed down in rags running into the darkness
Some hurt bad some really dying at night sometimes it seemed
You could hear the whole damn city crying blame it on the lies that killed us
Blame it on the truth that ran us down you can blame it all on me Terry
It don't matter to me now when the breakdown hit at midnight
There was nothing left to say but I hated him and I hated you when you went away

Laying here in the dark you're like an angel on my chest
Just another tramp of hearts crying tears of faithlessness
Remember all the movies, Terry, we'd go see
Trying to learn how to walk like heroes we thought we had to be
And after all this time to find we're just like all the rest
Stranded in the park and forced to confess
To hiding on the backstreets, hiding on the backstreets
We swore forever friends on the backstreets until the end
Hiding on the backstreets, hiding on the backstreets

Bruce Springsteen

ある荒れた静かな夏 オレとテリーは友達になった
オレ達は生まれてきた炎の中 息をしようとむなしい努力を重ね
街はずれまで乗っけてくれる車をつかまえ
互いの歯と歯を信頼で結びつけ 
誰も住まない あの古ぼけたビーチハウスで眠り
熱の中 消耗し 裏通りに身をかくし 裏通りに身をかくし
つらい愛と挫折に満たされながら 夜の裏通りをかけぬけた

命がけの恋人たちが車をとめる
ストックトンズ・ウィングの浜で 闇の中でゆっくり踊り
オレ達はデューク街の最後の王様と一緒に 車の中にすわりこんだ
夜の奥深い中心で鳴るベルの音を待ちながら オレ達は全てを放して
裏通りを走らせてやった 裏通りを走らせてやった
テリー 君はオレ達が永遠に生きてゆくと誓った
あの裏通りで 一緒に耐えながら

有名なダンサー達が ボロをまとい
街路を離れて 涙をかきおとす
終わりのないジュークボックスのある店とヴァレンティノ・ドラッグ
闇へ走りこみ ある者はひどく傷ついて ある者は死にかけてる
夜 君には街全体のひどい泣き声が聞こえてるようだった
オレ達を殺したウソのせいさ
オレ達をダメにした真実のせいさ
全部オレのせいにしてもいいさ テリー
真夜中絶望に襲われても全然気にしちゃいないさ 
もう言うことは 何もない
でも 君が行ってしまった時 彼を憎んだ 君を憎んだ

真夜中こうして横になってると 君はオレにおりたった天使のようさ
テリー オレたちが見にいった映画を全部覚えてるよ
まるでかつてのオレ達のヒーローの歩き方をまねようとした
でも全てが終わってみると オレ達は他の誰ともちがわないとわかった
公園を大股で闊歩し 告白を強いられ
裏通りに身をかくし 裏通りに身をかくし
オレ達は 永遠に友達でいようと誓った
裏通りに身をかくし
裏通りに身をかくし
裏通りに一緒に身をかくして生きていこうと・・・・
-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: それなりにがんばってんだよ

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  裏通り 
trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

"辛い一日の終わりに、信じる理由”をさがそう・・・ 


2007.11.22
Thu
21:53

ブルース・スプリングスティーン
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ

希望というのは、
『そうであるから』持つものではなく
『そうであるにもかかわらず』持ち続けるもの
なのだそうです。

ヤバイかな・・・・・
またちょっと ウツの気配が・・・・・
『こんな、クソったれで生きる価値のない人生』なんか
とっとと終わらせてケリをつけてやる!
なんて思いながら、今日も終わります。
生きるに値しないクソったれの人生です・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブルース・スプリングスティーン ”生きる理由”】


Seen a man standin' over a dead dog lyin' by the highway in a ditch
He's lookin' down kinda puzzled pokin' that dog with a stick
Got his car door flung open he's standin' out on highway 31
Like if he stood there long enough that dog'd get up and run
Struck me kinda funny seem kinda funny sir to me
Still at the end of every hard earned day people find some reason to believe

Now Mary Lou loved Johnny with a love mean and true
She said "Baby I'll work for you every day and bring my money home to you"
One day he up and left her and ever since that
She waits down at the end of that dirt road for young Johnny to come back
Struck me kinda funny seemed kind of funny sir to me
How at the end of every hard earned day people find some reason to believe

Take a baby to the river Kyle William they called him
Wash the baby in the water take away little Kyle's sin
In a whitewash shotgun shack an old man passes away take his body to the
graveyard and over him they pray Lord won't you tell us
tell us what does it mean
Still at the end of every hard earned day people find some reason to believe

Congregation gathers down by the riverside
Preacher stands with his Bible groom stands waitin' for his bride
Congregation gone and the sun sets behind a weepin' willow tree
Groom stands alone and watches the river rush on so effortlessly
Wonderin' where can his baby be still at the end of every hard earned day people


ハイウェイの横の溝に横たわる死んだ犬をのぞきこむ男を見た
その男は困った顔で 棒で犬をつついた
車のドアは 開いたままで 彼は31号線に立っていた
そこにずっと立っていれば 犬が起き上がり走り出すかのように

 何かがおかしい気がする 僕には・・・
 辛い一日の終わりに 人がまだ信じる理由を
 見出すことができるってことが・・・

メリー・ルーはジョニーにくびったけ
あんたのために毎日働いて稼いでくるからね!って彼女は言った
ある日 彼女は出ていった
その時以来彼女は 道端に立ってジョニーが帰ってくるのを待ってる

 何かがおかしい気がする 僕には・・・
 辛い一日の終わりに 人がまだ信じる理由を
 見出すことができるってことが・・・

赤ん坊を川へ連れていく
カイル・ウィリアムという名前だった
川の水で洗礼をほどこし 小さなカイルの罪を洗い流す
水しっくいを塗ったみすぼらしい小屋で 老人がこの世を去る
死体が墓に運ばれ 人々は遺体のかたわらで神に祈る

 お願いです どういうことか教えてください
 辛い一日の終わりに
 人はまだ信じる理由を見出そうとする

川辺に人が集まっている
牧師が聖書を持って立っている
花婿は花嫁を待っている
集まってた人々はいなくなり
夕日がシダレヤナギのむこうに沈む
花婿は一人で立ち 川が悠然と流れるのを見ている
そして花婿が一体どこにいるのか考えている

 辛い一日の終わり
 まだ人は信じる理由を見出そうとする
-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: 独り言

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  生きる理由  ネブラスカ 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

気分すぐれず・・・ 


2007.11.20
Tue
23:46

ブルース・スプリングスティーン
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ

何もかも、うまくいかない時があります。

たぶんこれは、一つの壁だろうと自分に言い聞かせています。

それにしても 今までとは少し違うような気がします。

ブルース・スプリングスティーン ”ダウンバウンド・トレイン”】


I had a job, I had a girl
I had something going mister in this world
I got laid off down at the lumber yard
Our love went bad, times got hard
Now I work down at the carwash
Where all it ever does is rain
Don't you feel like you're a rider on a downbound train

She just said "Joe I gotta go
We had it once we ain't got it any more"
She packed her bags left me behind
She bought a ticket on the Central Line
Nights as I sleep, I hear that whistle whining
I feel her kiss in the misty rain
And I feel like I'm a rider on a downbound train

Last night I heard your voice
You were crying, crying, you were so alone
You said your love had never died
You were waiting for me at home
Put on my jacket, I ran through the woods
I ran till I thought my chest would explode
There in the clearing, beyond the highway
In the moonlight, our wedding house shone
I rushed through the yard, I burst through the front door
My head pounding hard, up the stairs I climbed
The room was dark, our bed was empty
Then I heard that long whistle whine
And I dropped to my knees, hung my head and cried

Now I swing a sledge hammer on a railroad gang
Knocking down them cross ties, working in the rain
Now don't it feel like you're a rider on a downbound train


仕事もあったし 女もいた
俺には人生ってもんがあった
製材所を解雇されて
俺たちの愛情はおかしくなりはじめた
辛い時期がやってきた
今俺は洗車場で働いている ずっと雨ばかりだ
なあ、ダウンバウンド・トレインにのってるような気分がしないかい?

彼女は言った
『ジョー、私は行くわ・・・
 かつて私たちにあったはずのものは、もう無いの・・・』
彼女は荷物をまとめてオレを背にした
そしてセントラル線のチケットを手にしていた
夜眠っていると汽笛を聞いた気がする
そして奇妙な雨のなか 彼女の口づけを感じていた
なんだか ダウンバウンド・トレインにのってるような気がするよ。

昨日の夜 お前の声が聞こえた
お前はずっと一人で泣いたという
愛は終わったという
家で一人っきりでオレを待っていたという
上着を着て オレは森をかけぬけた
足がくだけそうになるまで走った
ハイウェイを越えて視界がひらけ
月明かりに照らされたオレ達の結婚の家があった
庭を駆け抜け 玄関口までかけあがった
部屋は暗く オレ達のベッドは抜け殻だった
そしてオレはむせび泣く長い汽笛を聞き
ひざまずき頭をかかえて 泣き叫んだ

今オレは 雨の中鉄道会社でハンマーをふりおろしている
なあ 何だかダウンバウンド・トレインにのってるような気がしないかい?
-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: 頑張れ自分。

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  ダウンバウンドトレイン 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

こわれた心のままでも・・・また明日 


2007.11.19
Mon
20:46

トンネル・オブ・ラブ
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ

お金でセックスしても、すっきりしません。
泣きたい夜が続いてどうしようもなくて
逃げ出したい時間が続きます。
逃げても解決しないのは、分かってるので
逃げたりしません。

新たな希望が見つかるまでは・・・

”予備部品とこわれた心が、世界を動かしている”

ブルース・スプリングスティーン ”スペアパーツ”】


Bobby said he'd pull out Bobby stayed in
Janey had a baby it wasn't any sin
They were set to marry on a summer day
Bobby got scared and he ran away
Jane moved in with her ma out on Shawnee Lake
She sighed Ma sometimes my whole life feels like one big mistake
She settled in in a back room time passed on
Later that winter a son came along

Spare parts and broken hearts
Keep the world turnin' around

Now Janey walked that baby across the floor night after night
But she was a young girl and she missed the party lights
Meanwhile in South Texas in a dirty oil patch
Bobby heard 'bout his son bein' born and swore he wasn't ever goin' back

Spare parts and broken hearts
Keep the world turnin' around

Janey heard about a woman over in Calverton
Put her baby in the river let the river roll on
She looked at her boy in the crib where he lay
Got down on her knees cried till she prayed
Mist was on the water low run the tide
Janey held her son down at the riverside
Waist deep in water how bright the sun shone
She lifted him in her arms and carried him home
As he lay sleeping in her bed Janey took a look around at everything
Went to a drawer in her bureau and got out her old engagement ring
Took out her wedding dress tied that ring up in its sash
Went straight down to the pawn shop man and walked out with some good cold cash


ボビーは『外でイクから・・・』と言ったが 入れたままいった
ジェニーは妊娠したが 赤ん坊には罪はなかった
夏のある日 結婚の準備をしていたが
ボビーは怖くなり 逃げ出した
ジェニーは母がいる実家にもどった
彼女は母に
『私の人生そのものが、大きな過ちのような気がする』と言った
彼女は奥の部屋にひきこもった
そしてその年の秋深い頃 一人の男の子を生んだ

予備部品とこわれた心が世界を動かしている

ジェニーは赤ん坊を抱いたまま 夜な夜なフロアを歩き回った
しかし彼女はまだ若く パーティライトも恋しかった
ボビーは 南テキサスの石油精製工場で
男の子が生まれたことを聞いたが
二度と帰るつもりはなかった

予備部品とこわれた心が世界を動かしている

ジェニーは カルバートンの自分の子供を川に流した女の話を耳にした
彼女は眠る赤ん坊を両腕に抱きかかえ見つめていた
そして膝まづき祈っていた
川べりまで赤ん坊を連れていったが
明るい我が家に連れて帰り ベッドの横に寝かしつけた
彼女は部屋中を見渡し ジュエリーボックスから婚約指輪と
ウェディングドレスをひっぱりだした
そして 質屋に行き
いくらかのお金にかえた

予備部品とこわれた心が世界を動かしている
-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: ひとりごとのようなもの

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  トンネル・オブ・ラブ  スペアパーツ 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

泣きたくなる夜もあるさ・・・ 


2007.11.18
Sun
05:26

ボブ・シーガー
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ

アホらしくて、泣きたい夜があります。

古い友人や、昔の彼女に会ったら
『あの頃のように、若くはないが、
 風に向かって走ってるよ、今でも・・・』
と胸を張りたいのですが・・・・・・・・・

明日は休みなんで、お金を出してセックスしてきます???

【ボブ・シーガー ”Against the wind ”】


Words and music by bob seger

It seems like yesterday but it was long ago
Janey was lovely, she was the queen of my nights
There in the darkness with the radio playlng low
And the secrets that we shared , the mountains that we moved
Caught like a wildfire out of control
Till there was nothing left to burn and nothing left to prove

And I remember what she said to me
How she swore that it never would end
I remember how she held me oh so tight
Wish I didn't know now what I didn't know then

Against the wind we were runnin' against the wind
We were young and strong, we were runnin' against the wind

And the years rolled slowly past and I found myself alone
Surrounded bv stranners I thought were my friends
I found myself further and further from my home
And I guess I lost my way there were oh so many roads
I was living to run and running to live
Never worried about paying or even how much I owed
Moving eight miles a minute for months at a time
Breaking all of the rules that would bend
I began to find myself searchin'
Searching for shelter again and again
Against the wind a little something against the wind
I found myself seeking shelter against the wind

Well those drifters days are past me now
I've got so much more to think about
Deadlines and commitments what to leave in, what to leave out

Against the wind I'm still runnin' against the wind
Well I'm older now and still against the wind


それは 昨日のことのようだけど ずいぶん昔のこと
ジェニーはとってもきれいで 夜のクイーンだった
暗闇で ラジオを小さく鳴らしながら
秘密を分かち合い 山さえも動かせた
そして、すべてを焼き尽くすコントロールできない野火さえ
捕まえてみせた

彼女は 私たちに決して終わりはない
オレをきつく抱きしめながら そう言ったことを覚えてる。
あの時わからなかったことを 今でもわからないままでいたかった

風にむかってオレたちは 走っていた
若くて強いオレたちは 風にむかって走っていた

時はゆっくり流れ去り オレはいつのまにか独りっきりだった
生まれた家から遠く離れ 独りっきりになっていた
あまりにもたくさんの道がありすぎて 迷ってしまったみたいだ
生きるために走り 走るために生きていた
たくさんの犠牲を払ったことも気にせず
何ヶ月もの間 1分間に8マイルものスピードで突っ走り
決まりごとやルールのすべてを破り
気づいたときには この身を隠す場所を探し始めていた

幾多の年月が流れたけれど
何を思いとどめ 何を忘れたらいいのかわからなくなっちまった

風にむかって オレは今でも走り続けているよ
もうあの頃のように若くはないが
今でも風にむかって走っているいよ
-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):ボブ・シーガー

thread: ガンバレ私!

janre: 日記

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

”金のとりもつ縁(円?)だから”、惚れたら負け!!! 


2007.11.16
Fri
23:30

木村&近藤
にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ

仕事柄、やっぱりツライ場面によく出くわします。
やっぱり、惚れあったらだめですよ、風俗店で!!!

つらいことばかりです。

お仕事だからこそなんです!
プライベートじゃないからこその仲なんです!!
それを越えたら、ツライだけですから!!!

誰が好き好んで初めて会う男なんか、
アンタの○ン○ンなんか、しゃぶってくれるの!?
そうでしょうに・・・
だから、ダメって言ったでしょうに・・・

なんてことだらけです。

だから今夜も歌いましょ・・・

金がとりもつ縁なんです・・・
木村&近藤 ”10ドルの恋 ”】

category: 音楽(動画):貴重コラボいろいろ!

thread: しあわせ。

janre: 恋愛

tag: 10ドルの恋  木村&近藤 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

オッサンの夢と現実 


2007.11.14
Wed
22:21

ジャクソン・ブラウン プリテンダー
にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

オッサンたちにも夢がある。
そして夢がかなう場所とは?

今の私にとっては、どうやらここではないような気も・・・

しかしながら、生活という現実のなかでどうしていくか?
食っていくしかないのだ!

元気になったり落ち込んだりしながらも
今日も今日とて、
初めて出会う知らない男の前でパンツを脱いでくれる女の子たちと
一緒にガンバルしかないのだ。

”夢も涙もこの酒に 流し流され生きてゆく・・・”
と歌ったのは ショーケンだったかな。
この仕事に入ってから、
祖母、父、彼女、この仕事を教えてくれた社長と、
貴重な身近な人を亡くしましたが、今日も明日も
精一杯やります!!!

それにしても、今年の夏は少しキョーレツでした。
この人、ジャクソン・ブラウンもよく似た体験をしたんでしょうか?
嫁さんを自殺で亡くしながらも、このアルバムを完成させたそうです。

ジャクソン・ブラウン ”プリテンダー”】


I'm going to rent myself a house in the shade of the freeway
Gonna pack my lunch in the morning ,and go to work each day
And when the evening rolls around
I'll go on home and lay my body down

And when the morning light comes streaming in
I'll get up and do it again Amen say it again Amen

I want to know what became of the changes
We waited for love to bring
Were they only the fitful dreams of some greater awakening?
I've been aware of the time going by
They say in the end it's the wink of an eye

When the morning light comes streaming in
You'll get up and do it again Amen

Caught between the longing for love
And the struggle for the legal tender

Where the sirens sing and the church bells ring
And the junk man pounds his fender
Where the veterans dream of the fight
Fast asleep at the traffic light
And the children solemnly wait for the ice cream vendor

Out into the cool of the evening strolls the Pretender
He knows that all his hopes and dreams begin and end there

Ah the lovers as they run through the night
Leaving nothing but to choose off and fight
And tear at the world8 with all their might
While the ships bearing their dreams sail out of sight

I'm gonna find myself a girl who can show me what laughter means
And we'll fill in the missing colors
In each other's paint-by-number dreams
And then we'll put our dark glasses on
And we'll make love until our strength is gone

And when the morning light comes streaming in
We'll get up and do it again get it up again

I'm gonna be a happy idiot
And struggle for the legal tender

Where the ads take aim and lay their claim
To the heart and the soul of the spender
And believe11 in whatever may lie
In those things that money can buy
where true love could have been a contender

Are you there? say a prayer for the Pretender
Who started out so young and strong only to surrender

Say a prayer for the Pretender ,are you there for the Pretender?
Say a prayer for the Pretender ,are you there for the Pretender?
Are you prepared for the Pretender?



1軒家を借りよう 高速道路の高架の日陰にでも
昼の弁当を 朝詰めて 毎日仕事に行き
夕刻になったら 家に帰って身体を横たえる
そして朝の光が 差し込んだら
起き上がって 繰り返す アーメン もう一度 アーメン

知りたいのは あの変化はどうなったかということ
俺達が待っていた 恋がもたらす変化
それはただの一時の気まぐれの夢だったのか
もっと大きな目覚めへの夢だったのか
時は過ぎ去るものだと言うことが身に染みる
言われるように 結局 時は 瞬きする間に過ぎ去るものなのだ

朝の光が 差し込んだら 起き上がって 繰り返す アーメン

愛を渇望しながら 生活のために奮闘する

サイレンがうなり 教会の鐘が鳴り
廃品回収業者がフェンダをドンドンとたたき
退役軍人が戦いの夢を見ながら 信号待ちして ぐっすり寝入り
子供たちが厳粛に アイスクリーム売りを待つ この世界で

外を 涼しい夕べにぶらつく 悟り顔の俺
わかっているつもりなんだ すべての希望も夢も
始まり終わるのは この世界だと

恋人たちは 夜を闇を笑いながら走っていくが
彼らに残されたのは ここを去り 必死になって
世界を力いっぱいむしり取ること
そうしているうち 彼らの夢を積んだ船は 海に出て 視界から消える

俺も彼女を見つけよう 俺に笑う意味を教えてくれるような彼女を
そして二人は足りない色で塗りつぶす それぞれの塗り絵のような夢を
そして黒いサングラスをかけて 愛を確かめ合う 力尽きるまで
そして朝の光が 差し込んだら
起き上がって 繰り返す もう一度 奮い立たせる

俺は幸せなバカになろう
そして生活のために奮闘しよう

広告が狙いを定めて きれいごとを並べ
金を払ってくれる者の全身全霊に訴える世界で
そして俺は何でもある物は信じよう 金を出せば買える物を信じよう
真の愛が信じる対象であっただろう世界で

聞いてる? 祈ってくれよ 悟り顔の男に
初めは若くて強かったのに結局 負けてしまったこの俺に

祈ってくれよ 悟り顔のこの男に
支えてくれるか? 悟り顔のこの男を
祈ってくれよ 悟り顔のこの男に
支えてくれるか? 悟り顔のこの男を
-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):ジャクソン・ブラウン

thread: 頑張れ自分。

janre: 日記

tag: ジャクソン・ブラウン  プリテンダー 
trackback(0) | comment(4) | 記事編集

go page top

オッサンたちの夢・・・夢がかなう場所へ・・・”Field of dreams” 


2007.11.13
Tue
23:47

ケビン・コスナー フィールド・オブ・ドリーム
にほんブログ村 映画ブログへ

怒涛のごとく続くオッサンで悪いか!!!いや悪くないシリーズ・・・
今日は、映画の紹介です。

親戚のお兄ちゃんが、子供の頃からの夢をかなえて
プロ野球の選手になり、現役引退後も野球界で(フィールド内で・・・
つまり、コーチ・監督業です!!!)働いています。
私の田舎では、なによりも野球でしたから、
ホントのホントに夢をかなえたサクセスストーリーを
歩んだわけですね・・・

10歳の時そのお兄ちゃんとキャッチボールをしたことがあります。
まるっきりボールがとれないのです!
手元で”ボールがホップする”という状態なわけで、
全部グラブからはじかれるのです。
速いのなんのって・・・

オトナになってから、子供の頃の夢をもういちどかなえて
ほしかったものを買ってみても、もう感動がないらしいです。

オッサンになってしまったから、純粋じゃなくなったのか?
いや、そうじゃなくて、オッサンにはオッサンの見る夢というものが
あるからに違いありません!!!

今日もそう信じて生きています。


フィールド・オブ・ドリーム
見れば見るほど、ラストシーンで泣けてしまいます。
そう、例の、『ねえ父ちゃん、キャッチボールしよう!』
あの一言で・・・
かなえたかったのは、オトンの夢か?
いやそうではありません!
シューレスジョー・ジャクソンも、つぶやくでしょ!
『いや、その声はおまえ自身の声さ・・・』
わかったかな、亀田3兄弟!

category: 映画(動画):フィールド・オブ・ドリーム

thread: 我、不死身なり…

janre: 日記

tag: シューレス  ジョー・ジャクソン  フィールド・オブ・ドリーム 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

怒涛の如く、オッサンパワー!!!??? 


2007.11.13
Tue
02:15

ミック・ジャガー

デビッド
にほんブログ村 音楽ブログへ

久しぶりの休みで、パソコンから目を離してる間に
(基本的に、仕事場のパソコンを利用してるもので・・・)
たくさんの励ましのコメント有難うございます!!!
おかげさまで、失恋の胸のイタミもほぼ完治しつつあります。

オレだって、アタシだって、こんなステキに年をとるのよ!?!?
っていう皆さんへのエールとなるでしょうか???

とにかく、ロッケンロ~~~ル!の気分は忘れたくないですね。
カッコいいいかしたR&Bにバーボンをクイっと今日も
ひっかけて、”ブルースに抱かれて”今日も眠りましょう。
ここ最近、ご訪問いただく音楽好きの皆さんにとって
明日もご機嫌な1日でありますように・・・

ミック・ジャガーデビッド・ボウイ 
  ”ダンシング・イン・ザ・ストリート”】

category: 音楽(動画):貴重コラボいろいろ!

thread: 我、不死身なり…

janre: 日記

tag: ミック・ジャガー  デビッド・ボウイ  ダンシング・イン・ザ・ストリート 
trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

オッサンで悪かったな!!!”結局のところ・・・” 


2007.11.11
Sun
23:26

ブルース・スプリングスティーン

にほんブログ村 音楽ブログへ

オッサンでも、別に悪くない・・・
結局のところ、何が言いたいのかって?

『Nobody win,・・・but everybody win!!!』
『勝ち組とか負け組みとか、関係ないねん・・・』
って意味なんでしょうか???


本人の弁はというと・・・

「『BORN TO RUN』に関して嫌だったのは、
 最初にこれが逃避についてのアルバムだと思っている人達に
 批判された時だった。
 そういう面はある事にはあるが、俺はいつもむしろ探索についての
 アルバムなんだって感じてたんだ。」

「これは俺が24の時に作った古い曲だ。
 ニュージャージーのロング・ビーチで、ベットの端に腰掛けて、
 『さぁ見てろ、俺様の登場だぜ!!』なんて思いながら書いたんだ。
 曲を書いた時は、俺はずっと走り続けたいと思っている
 男と女の曲だと思ってた。
 でも、年を取るにつれて、そして、何年も繰り替えし歌っている
 内に、なんだかパッと視界が開けて、実はこれはより良い何かを
 探し求めている二人の人間の曲なんだって事に気が付いたんだよね。
 自分達が人生を築く場所を探し求めているんだ。
 結局、彼等は故郷を探しているんだと思う。
 それは誰もが一生かけて探し求めるものなんだと思う。
 とにかく、この曲は俺自身の探究のいい相棒になってくれてる。
 君達の探究の旅でもいい相棒になってくれる事を願ってるよ。」

ブルース・スプリングスティーン ”明日なき暴走”】



In the day we sweat it out in the streets of
A runaway American dream
At night we ride through mansions of glory in suicide machines
Sprung from cages out on highway 9,
Chrome wheeled, fuel injected and steppin' out over the line
Baby this town rips the bones from your back
It's a death trap, it's a suicide rap
We gotta get out while we're young
'Cause tramps like us, baby we were born to run

Wendy let me in I wanna be your friend
I want to guard your dreams and visions
Just wrap your legs 'round these velvet rims
and strap your hands across my engines
Together we could break this trap
We'll run till we drop, baby we'll never go back
Will you walk with me out on the wire
'Cause baby I'm just a scared and lonely rider
But I gotta find out how it feels
I want to know if love is wild
girl I want to know if love is real

Beyond the Palace hemi-powered drones scream down the boulevard
The girls comb their hair in rearview mirrors
And the boys try to look so hard
The amusement park rises bold and stark
Kids are huddled on the beach in a mist
I wanna die with you Wendy on the streets tonight
In an everlasting kiss

The highway's jammed with broken heroes on a last chance
power drive
Everybody's out on the run tonight
But there's no place left to hide
Together Wendy we'll live with the sadness
I'll love you with all the madness in my soul
Someday girl I don't know when we're gonna get to that place
Where we really want to go and we'll walk in the sun
But till then tramps like us baby we were born to run


昼間はストリートでどうしようもないアメリカの夢を待ちわび
夜は自殺マシーンに乗って栄光の舘を走り抜ける
クロームのホイールをはき、ガソリンをつめ
ハイウェイ7で籠からとびだすのさ
ラインを越えて一歩踏みだすんだ
ベイビー、この町はおまえの背骨を抜き取っちまうぜ
そいつは死の罠、自滅の罠だ
若いうちにぬけださなくては
だって俺たちのような ろくでなしは
走るために生まれてきたんじゃないか

ウェンディ、入れさせてくれよ、友達になりたいんだ
おまえの夢とヴィジョンを守ってやりたいのさ
ヴェルヴェトの縁におまえの脚を巻きつけ
俺のエンジンに手を伸ばせよ
一緒にこの罠を突破できるだろう
堕ちるまで走るんだ、ベイビー、二度と戻る事はない
ワイヤーの上を、俺と一緒に歩いてくれるかい?
俺は怖がりの淋しいライダーだから
どんな感じかわかるだろう?
おまえの愛がワイルドかどうか知りたいんだ
愛がリアルかどうか知りたいのさ

宮殿の向こうの大通りを怠け者たちが叫んでいく
少女はバックミラーに向かって髪に櫛をいれ
少年は必死にそれを見ようとしている
楽しみが溢れる駐車場は大胆に、赤裸々に生きかえる
子供達は霞の中を浜辺につめこまれ
俺は大通りで今夜おまえと死にたい
永遠に続くキスをしながら

ハイウェイは打ちのめされたヒーローで埋まり
パワー・ドライヴの最後のチャンスなのさ
今夜は誰もが走りだす
だけど、隠れ場所なんてどこにも残っちゃいないんだ
ウェンディ、俺たちは一緒に悲しみを抱いて生きていける
魂に宿る狂気のすべてでおまえを愛そう
いつか、あそこまでたどり着くんだ
俺たちの本当に行きたい所へ
そして太陽の中を歩くんだ
だけどそれまでは、俺たちのような ろくでなしは
ベイビー、走るために生まれてきたのさ

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: 俺様をみろ!!!

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  明日なき暴走 
trackback(0) | comment(8) | 記事編集

go page top

オッサンで悪かったな!!!けど、満たされないモノが・・・ 


2007.11.10
Sat
23:10

ブルース・スプリングスティーン
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ

オッサンでも別に悪くはないと思います・・・
こんな仕事でも、一生懸命にやってますから!!!

時にはつまづいて、イロイロからエロエロまで考えます。
昨日よりは今日、今日より明日と進みましょ・・・

10代のある日感じてしまった、胸に突き刺さる何かは
オトナになった今でも、消えることなくくすぶり続けています。
明日は、またまたやってきます。

満たされない何かを抱えつつ、生きてます・・・・・・

ブルース・スプリングスティーン ”ハングリー・ハート


  Got a wife and kids in Baltimore, Jack
  I went out for a ride and I never went back
  Like a river that don't know where it's flowing
  I took a wrong turn and I just kept going

    Everybody's got a hungry heart
    Everybody's got a hungry heart
    Lay down your money and you play your part
    Everybody's got a hungry heart

  I met her in a Kingstown bar
  We fell in love I knew it had to end
  We took what we had and we ripped it apart
  Now here I am down in Kingstone again

    Everybody needs a place to rest
    Everybody wants to have a home
    Don't make no difference what nobody says
    Ain't nobody like to be alone

    Everybody's got a hungry heart
    Everybody's got a hungry heart
    Lay down your money and you play your part
    Everybody's got a hungry heart


  バルチモアで、妻と子供と暮らしていた
  ある日オレは車で出かけて、そのまま戻らなかった
  まるで行くあてのない流れる川のように
  そのまま流れていった・・・

   誰もが満たされない心を持っている
   金を貯めて、自分の役割を演じていても
   誰もが満たされない心を持っている

  彼女とはキングストンのバーで知り合った
  恋に落ちてしまったが、すぐに終わるとわかってた
  そのまま離れ離れになってしまったが、
  またオレは今キングストンに舞いもどっちまった・・・

   誰もが満たされない心を持っている
   金を貯め自分の役割を演じていても
   誰もが満たされない心を持っている。

   誰もが休息の場所を必要としてる
   誰もが家庭を必要としてる
   誰が何と言ったって一人ぼっちでいたくない

   誰もが満たされない心を持っている
   金を貯め自分の役割を演じていても
   誰もが満たされない心を持っている。

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: 頑張れ自分。

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  ハングリー・ハート 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

オッサンで、悪かったな!!!もうイッパツ、どや? 


2007.11.09
Fri
21:58

ダイア・ストレイツ

エリック・クラプトン
にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ

43歳



独身

職業:風俗店スタッフ兼ドライバー

オッサンで悪いか!?

もうイッパツ、どや!?

オッサンのロッケンロ~~~ル!

マーク・ノップラーはハゲでも、このギターを聴いてやってくれ!

完全に立ち直ったぞ!!!

ダイア・ストレイツエリック・クラプトン ”悲しきサルタン”】

category: 音楽(動画):貴重コラボいろいろ!

thread: 我、不死身なり…

janre: 日記

tag: ダイア・ストレイツ  エリック・クラプトン  マーク・ノップラー 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

オッサンで、悪かったな!!!”転がる石のごとく・・・ 


2007.11.09
Fri
03:17

ボブ・ディラン
ミック・ジャガー ローリング・ストーンズ

にほんブログ村 音楽ブログへ

ずいぶんと、オッサンになりました・・・
本日仕事場の同僚が、ワタシと同じく43歳となりました。
ひねくれるわけではありません。
恋もしてます。
仕事も休みません。
ケッコウマジに生きてます、これでも!

ここ最近、コメントをいただく方々、
訪問いただいてる音楽愛好家の方々、
皆さんのおかげで、日々元気をとりもどしつつあります!
さあ、オッサンの底力を見せてくれる!!!

ボブ・ディランローリング・ストーンズ

-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):貴重コラボいろいろ!

thread: つれづれ日記ё☆ё\(=⌒∀⌒=)/ё☆ё

janre: 日記

tag: ボブ・ディラン  ローリング・ストーンズ 
trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

もう、そろそろ解放しよう・・・ 


2007.11.07
Wed
22:19

ボブ・ディラン&ザ・バンド ラストワルツ

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

もう、そろそろ終わりです。
そして、始まります・・・・”我、解放されるべし”・・・

They say ev'rything can be replaced,
Yet ev'ry distance is not near.
So I remember ev'ry face
Of ev'ry man who put me here.

I see my light come shining from the west unto the east.
Any day now, any day now, I shall be released.

They say ev'ry man needs protection,
They say ev'ry man must fall.
Yet I swear I see my reflection
Some place so high above this wall.

I see my light come shining from the west unto the east.
Any day now, any day now, I shall be released.

Standing next to me in this lonely crowd,
Is a man who swears he's not to blame.
All day long I hear him shout so loud,
Crying out that he was framed.

I see my light come shining from the west unto the east.
Any day now, any day now, I shall be released.
ボブ・ディランザ・バンド ”アイ・シャル・ビー・リリースト”】


全ては置き換わるんだと言う
でも、どこも近いわけではない
だから、私はみんなの顔を思い出す
私をここに置き去った人々の

私を照らす光がやって来る 西から東へと
いつの日か、いつの日か 私は解放されるのだ

誰でも加護が要ると言う
誰でも落ちていくから
でも、誓って言う、私の影が映し出されてる
この壁のずっと上の高い所に

私を照らす光がやって来る 西から東へと
いつの日か、いつの日か 私は解放されるのだ

この寂しい群衆の中、私の隣に立つ男は
責められる事はないと断言する
一日中、激しい彼の叫びが聞こえる
俺ははめられたんだと叫んでる

私を照らす光がやって来る 西から東へと
いつの日か、いつの日か 私は解放されるのだ


category: ラスト・ワルツ(動画入り!)

thread: ひとりごとのようなもの

janre: 日記

tag: ボブ・ディラン  ザ・バンド  アイ・シャル・ビー・リリースト  ラスト・ワルツ 
trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

ある”酒場の女”の物語・・・ 


2007.11.07
Wed
03:54

シークレットギグ 甲斐バンド

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ

一緒に働いてる店の、ある女の子のお話・・・

その子は若い頃から当時で10年近くつきあってた男の
喫茶店を手伝っていました。
そしてある日、実の父親が、大阪の西成である飲み屋物件を
見つけてきたので、夜はそれをやることにしました。

朝は7時前から、男の喫茶店のモーニングサービスのために
喫茶店に行き、夜は父親が契約してきた西成の労働者相手の
居酒屋を切り盛りし、寝る間を惜しんで働きました。

男は反対してたので、朝の忙しい時間帯には、わざと顔を出さず
彼女が文句を言うと、『だからオレは反対したんや!』
とだけ吐き捨てるように言いました。
彼女は、夜は、美人顔の彼女のために集まってくる
西成の労務者相手にあいそを振りまきました。

夜の居酒屋がうまくいき始めると、男はますますへそをまげ、
父親は、お金がたまりはじめると口をはさみはじめました。

彼女は朝から晩まで働き尽くめでしたが、誰もほめてもくれず
手伝ってもくれず、夜の居酒屋に入り浸るヤサ男だけが慰めでした。
そして、五月のある日、思いあまった彼女は
夕方仕入れに行くふりをして、そのヤサ男と駆け落ちしました。

男は反省して、家族と一緒に必死で探しました。
そして1週間後、友達の家に立ち寄ったところをつかまりました。

しばらくして、彼女は妊娠してることが分かりましたが
男は、生んで二人で育てようと言いました。
しかし、逃げた男が 覚せい剤の常習者とわかり、子供は
あきらめました。

二人はその後、ようやく籍を入れ、まだ続いています。
喫茶店はその後閉めて、男にはろくな収入はありません。
時々浮気しては、夫婦喧嘩をしています。


彼女は、時々言います。
『この男、アホやなあと思うけど、私のためにホンマに
 死ぬやろなと思わせるとこあるからなあ。
 腐れ縁やおもて、半分諦めてるねん・・・』


これを、仲睦まじいとは言わないでしょうが、
二人には、間違いなく”愛情”というか、”絆”というものが
あるような気がします。

彼女は今どうしてるかって?
モチロン、今日もせっせと出勤してガンバッテいます・・・

甲斐バンド中島みゆき ”港からやってきた女”】
-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):貴重コラボいろいろ!

thread: 愛のかたち

janre: 恋愛

tag: 甲斐バンド  中島みゆき  港からやってきた女  シークレットギグ 
trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

”運命の人”って、一体・・・・・・ 


2007.11.06
Tue
02:38

ホール&オーツ アポロシアター

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

やっぱり、とり憑かれてたそうです。
何が?
死んだ彼女に・・・
外部的な気配でなく、心の内側から感じる湧き出てくる感情を
抑え切れなくて、ホントに往生した夏でした。
もはや気持ちの中に、同化してたに等しかったそうです。

そんでもって、かなり嫉妬してたらしいのです。
『ワタシのことを忘れないで!』って訴えてたそうです・・・
人間の念てそれくらい残るそうです。

運命の人だったのか?
それも違うらしい。
それじゃ去っていった彼女が?

何だか、まだまだ今かららしいです。
ワタシの人生は!!!

最近車でよく聞いてます。
ダリル・ホール&ジョン・オーツ ”Live at the Apollo”】
もう廃盤らしくてなかなか手に入りません。

『僕たちには、イロイロと問題があった・・・
 キミは、行ってしまう時はいつも・・・』
なんて意味なんでしょうか?
いずれにしても、行ってしまうのが運命ならば、笑顔で見送りたい
今はそんな気持ちです・・・

ダリル・ホール&ジョン・オーツ ”Everytime you go away”】
ポールヤングより、やっぱりこっちのがいいですね。

category: 音楽(動画):ホール&オーツ

thread: しあわせ。

janre: 恋愛

tag: ダリル・ホール&ジョン・オーツ 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

もっと”チャンと”しよう!!! 


2007.11.04
Sun
19:56

黒澤明
黒澤明 コッポラ ジョージ・ルーカス

ブログランキング・にほんブログ村へ

『ボクのことを、”完全主義者”なんて言うけど
 モノづくりをしてて完全主義者でない人なんていないでしょう。』

『ボクはまだ映画のことが、よくわからないんです・・・』
(米国アカデミー特別功労賞賞をもらったときのスピーチ)

『もっと元気づける、もっとすばらしい何かをつくりたい・・・』


映画監督の黒澤明の晩年のオコトバです。

”誰かを元気づける”

これはけっこう難しいですね・・・
顔を見れば元気になる、声が聞きたいだけ・・・
言うのは簡単ですが、自分がそうなれるかどうかとなると
全く別次元のオハナシになるようです。

”ワタシ”が、誰かにとっての何者かになる。

もしかしたら、生きていくうえで永遠のテーマなのかな
なんて気がします。

やっぱり安易な答えは、イヤです。
許せません!
犯罪的です!!
アホやバカはやはりまわりにも迷惑なんです!!
なぜか?
誰も元気づけないからです。
誰も励ますことはないからです。

人を見下げることから来る優越感に安住しようとする
その安易さから、イジメ問題は来てるはずです。
その安易な安住さが犯罪的です!
犯罪そのものを生み出すのです!!!

自分が何をやりたいか?
誰かのために何ができるのか?

もっと真剣に考えます・・・






category: 貴重!お宝映像?(動画)

thread: 日々のつれづれ

janre: 日記

tag: 黒澤明  北野たけし 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”観覧車”からの風景・・・かけがえのない何か・・・ 


2007.11.02
Fri
22:00

中村のり 涙

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

昨日の中村ノリの涙は、感動的でした!
一人もらい泣きして、涙が止まりませんでした・・・

何者でもなかった ”ワタシ””アナタ”が何者かになる時って
やっぱり感動的です。
結果がはっきりとデジタルに、二者択一的にわかるスポーツなら
なおのことですね。

あるF1レーサーに村上龍がインタビューしたとき、
若い時にもっといろんな遊びがしたかったんじゃないか、
貴重な青春時代をカートの練習にばかり使って後悔してないのか
とたずねた質問に対して、そのレーサーは

『なるほど私のレーサーとしての時間は、人生のうちで短かったが
 あの一瞬の感動を私は手に入れることができた。
 青春時代には確かに、女の子とデートもしたかったし
 同年代の男の子とバカ騒ぎもしたかったけど、
 残りの人生を送るのに、あの一瞬を知っているのと
 そうでないのとは、たぶん雲泥の差があるような気がする。』

と答えてた気がします。

手に入れたものが、例えそれが一瞬の栄光・喜びであったとしても
そこにかけたモノがあるのなら、それはかけがえのないモノに
違いない・・・


”かなえられなかった夢”の慰めになるかな・・・


甲斐バンド ”観覧車’82”】

ユウへ

キミがそんなにまでして手に入れたかった ”愛”は
どうですか?
皮肉ではありません。
もう立ち直っているなら、その傷はきっとかけがえのない何かに
なるに違いありません。

ボクの思いは・・・
とりあえず今は、ノリほどの大いなる栄光ではありませんが、
悲しさを乗り越えた”ささやかな勝利”を手にできました。
キミにとっての何者にもなれませんでしたが
この時間と距離が、キミに笑顔を戻せてるならば
今はそれが一番嬉しいです。

来週あたりかな?リュウと同じくの基地の町への里帰りは・・・

本格的な秋とともに、夕暮れの寂しさも深まってきたけど
キミの寂しさが慰められていることを願っています。

category: 音楽(動画):甲斐バンド

thread: 大切な人。

janre: 恋愛

tag: 甲斐バンド  観覧車  村上龍 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

手段と目的・・・勝利と目標・・・ 


2007.11.02
Fri
03:18

告発 クリスチャン・スレーダー ケヴィン・ベーコン

にほんブログ村 映画ブログへ

目的と手段・・・
時として重なり合い、そして交差します。

仕事は、生きていく上での手段なのか?
年月を重ねるにつれて、仕事そのものが目的になります。
なんのために生きてるのかと問いかけると、
いつのまにやら明日も元気に働いて生きる喜びを
かみしめたいからとか・・・

『勝利を求めるあまり、僕は目的を見失っていた・・・』

この映画【告発】の中で主人公が独白するセリフです。
被告人の勝利を求めることで
本来の被告人の生きる目的を見失ってしまっていたという
ことなのでしょうか・・・・


仕事で、女の子にがんばって指名客を増やして!って言います。
今日お客さんが来るかどうかわからないけど、
女の子たちは、化粧をして時間から時間待っています。
”アナタ”が来てくれるのを・・・・
その中で自分が選ばれるのを、名前を呼ばれることを
仕事の喜びとして感じています。
生きていくうえで仕方なく(きっと好き好んでじゃないでしょう!)
選んだこの仕事で、選ばれる喜びを感じようとしています・・・

女としての喜びもあるのか・・・


四十過ぎましたが、何だかよくわかりません。
やっぱりわからないことだらけです。
何でこんな世界に長居してしまったのかな・・・
オレが一番アマちゃんなのかな・・・



『この仕事、ワタシの天職かな!?』


明るくユウはそう言ったことがありましたが、
少し胸が痛んだ瞬間でした・・・
彼女にとって風俗の仕事が ”天職”って・・・・


もう、何もかもどうだっていいけど
彼女の傷が、一日でも早く癒されれば・・・
今はそれだけです。

category: 映画ネタ:告発

thread: つぶやき

janre: 日記

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。