09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

ああ、愛しいキミは ”人の妻”・・・ 


2007.10.31
Wed
23:23

ローリングストーンズ アンジー

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ

誰かを好きになる・・・
大切なことです。

人生が変わるほどに、この身を焼き尽くすほどになんて・・・
けど、それが誰か他の人のものならば?
人生を変える勇気はありますか?
その、他の誰かの幸せを踏み台にしてそれでも進みますか?

時として、珍しくなくあることです。
なんてたって人妻店で働いてますので・・・

今日はこの辺で・・・



切ないですね・・・

デビッドボウイの嫁さん、ミセスアンジー
ミックジャガーの不倫を歌った曲です。
スポンサーサイト

category: 音楽(動画):ローリング・ストーンズ

thread: 不倫

janre: 恋愛

tag: デビッドボウイ  ミックジャガー  アンジー 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

”情念”・・・ 


2007.10.31
Wed
02:15

甲斐バンド ダニーボーイに耳をふさいで

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

甲斐よしひろの書くうたは、まさに ”情念”である
ある音楽評論家のレビューで見たことがあります。

最初はこのブログを始める時、仕事のモヤモヤを発散させられるならと
軽く始めたのですが、この夏を契機に何だか、深まりそうです。



『”思い”を行動にする』
なかなか難しいですね・・・
人間には前頭葉があり、イロイロからエロエロまで考えます。
血液型から星座から最近はDNAまで駆使して何かを分かろうとします。
安易な答の出し方は大キライです!
ロマンチストやウェットだなんて人から言われることがありますが、
人類が前頭葉を駆使して得た表現方法を安易に扱われることは
もはや犯罪的とも言っていいでしょう・・・

感じたことを、言葉や映像や脚本や物語で表現することを
もっとリスペクトしていいはずです。

甲斐よしひろは、やっぱりいいですね・・・
言葉が痛いです・・・
やっぱり誰かと繋がっていたい、そんな切実な思いをちゃんと
表現してくれます。


初めての試みですが、このブログを読む人に届けばいいと
思うのですが・・・・

甲斐よしひろ ”ダニーボーイに耳をふさいで”】




category: 音楽(動画):甲斐バンド

thread: 大切な人。

janre: 恋愛

tag: 甲斐よしひろ  ダニーボーイに耳をふさいで 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”あの日からの便り”ユウへ8 


2007.10.28
Sun
21:46

甲斐バンド 暁の終列車

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

このブログを始める時、もはやこうなるとは思いもしませんでした。
この夏ケッコウ、苦しい恋をしてしまいました。
こんな仕事してながらも人間だからと言わせてください。
これでも一生懸命ですから・・・
同業の子たちとのリンクも増やしたので、
みんなで応援して上げてください。


んで、わかったこと、思い出したこと・・・

私の青春は ”甲斐バンド的な思い”で過ごしていたということ、
そして ”吉田拓郎的な思い”へ憧れていたということ。

やはり、いくつになっても、切なくて寂しくて
胸がしめつけられて苦しいものなのである。
その苦しさから序々に開放されつつある今、
ほのぼのと思い出しています・・・


  ”激しさが色あせても、優しさだけ抱きしめて
   そうさ お前はおんなだからね
   ああ またあの悲しみを おきざりにしたまま”

  【よしだたくろう ”おきざりにした悲しみ”】


人間は、やはりそうは変わらないものでした。
仕事を変わって、大切な人を亡くし
また別の大切に思えたものも失くし
また違う生き方を考えようとしてる今・・・
そう変われるものでもなかった・・・


 ”こころ傷つき疲れ果てた人が降りるという駅で
  愛も思いもはぎとられ 残骸のように立ってた
  LAST TRAIN 突き抜ける風が 俺の心を凍らせ
  LAST TRAIN 燃え上がるように、暁の中 走り出す”

  【甲斐バンド ”暁の終列車”】

よく聞くと甲斐バンドの曲の歌詞は、かなり女々しい・・・
ほとんどが、”傷ついたこのオレの心!”の世界ばかり。
大人になった時、あんまり聞かなくなってしまったのは
オシゴトの忙しさに忙殺されてしまったかららしい・・・

けどケッコウ本気で女を好きになった時思い出させてくれました。
落ち着いてきたいま、感謝します。

いい女と
いい音楽との出会いに・・・


ユウへ

キミの言う通りです。
ボクの方もそんなに変わっていませんでした。
変わったのは、キミの姓と源氏名くらいです。
だから、キミも思った通りに生きてください。
ボクは、今考えてることを始めるのに
もう少し時間がかかりそうです。
”最後の夜汽車”に乗る準備をしていますが
暁の終列車”になりそうです。

category: あの日からの便り

thread: 大切な人。

janre: 恋愛

tag: 暁の終列車    おきざりにした悲しみ  甲斐バンド  吉田拓郎 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”すべての男が、親戚みたいなものだから・・・・・” 


2007.10.26
Fri
21:42

憂歌団

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ


よくあることです・・・
風俗嬢とお客さんの恋愛話・・・
近松門左衛門の曽根崎心中からのお話です。

おおかたうまくいきません。

なぜか?
うまくいっちゃうと商売上困る、というのはもちろんあります。


一つには、やっぱり
”ストックホルム症候群(シンドローム)”なんでしょう。
限られた時間の特殊な状況下でしか成立しえない関係です。
こうすることでしか会えないという状況が思いを募らせるんでしょう。



それと、男にとってのいわゆる一つの”結論”から入る関係だから
なのでしょうか?

経験上、30過ぎた頃から恋愛のプロセスが
何だかものすごくおっくうで、煩わしくなってきました。
うまくいくかどうかドキドキワクワクが面倒なんです。
出会いから、デートを重ねて、日常を重ね合わせることで
積み上げていく、分かち合っていくことでこそ
発展していく関係なのに、
より深くお互いを知ろうとする相手は、もうすでに
パンツを脱ぎ合ってる相手・・・
結論からプロセスを逆にたどりあって帳尻を合わせないと
いけない間柄・・・
尊重しあって認め合うためための相手の股間を
すでにまさぐりあってる仲・・・

やっぱりしんどいでしょうね・・・


だから止めときなさいよって言ってあげるんですが、
一緒に働いてる仲間よりも、私のことをわかってくれるのは
あなただけって・・・

きっと幻で、手にした瞬間に消えていくんでしょう。


10$の恋”です・・・
”愛しいお前に会うために、ちょっとのお金を渡すだけ・・・
 愛しいお前にゃ、すべての男が親戚みたいなものだから・・・”

そのほうがいいんです、たぶん・・・

category: 音楽(動画):憂歌団

thread: 叶わぬ想い

janre: 恋愛

tag: 10$の恋 
trackback(0) | comment(4) | 記事編集

go page top

”君を失いかけて、我を忘れて”・・・ 


2007.10.25
Thu
23:39

ジョン・レノン  ベストコレクション

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

ずっと一人でいたから、かなりいろんなことを忘れかけていました。
誰かに対する優しい気持ちとか
孤独からくる寂しさとか
痛みだとか・・・

冷静になればわかることばかりなのですが、
やっぱり人間てこうなんでしょう。

意地を張らず、もっと素直な気持ちでいればいいんじゃないか・・・
この夏、彼女が思い出させてくれたことです。

『ええ年こいて・・・』と思わずに、きちんと思いを
告げましょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、けっこうだいぶ冷静です。




I was dreaming of the past
and my heart was beating fast
I began to lose control
I began to lose control

I didn't mean to make you cry
I'm sorry that I made you cry
I didn't wanna hurt you
just a jealous guy

I was feeling insecure
you might not love me any more
I was shivering inside
I was shivering inside

I didn't mean to hurt you
I'm sorry that I made you cry
I didn't mean to hurt you
I'm just a jealous guy

I didn't mean to hurt you
I'm sorry that I made you cry
I didn't wanna hurt you
just a jealous guy

I was trying to catch your eyes
thought that you were trying to hide
I was swallowing my pain
I was swallowing my pain

I didn't mean to hurt you
I'm sorry that I made you cry
I didn't wanna hurt you
I'm just a jealous guy
watch out
I'm just a jealous guy
look out
I'm just a jealous guy



  昔のことを夢に見ていたら
  心臓の鼓動が早鐘のように高なった
  僕は自制心を失いはじめた
  僕は我を忘れかけていた

  きみを傷つけるつもりはなかった
  ごめんよ きみを泣かせたりして・・・・
  きみを傷つけたくはなかったんだ
  僕はただ嫉妬深いだけなのさ

  僕はひどく心細かった
  きみがもう愛してくれないんじゃないかと・・・
  心の中で 僕は震えていたんだよ
  心の中で 不安におののいていたんだ

  きみの目をひこうとしただけなんだ
  きみが僕を避けてるように感じたから・・・
  僕は苦痛を呑みこんでいたんだよ
  一人で苦痛に耐えていたんだ

 【ジョン・レノン ”ジェラス・ガイ”】

category: 音楽(動画):ジョン・レノン

thread: 大切な人。

janre: 恋愛

tag: ジョン・レノン  ジェラス・ガイ 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

何もかも耐え切れなくて・・・ 


2007.10.24
Wed
23:44

パリテキサス

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 映画ブログへ

この夏、何だかうまく言えませんが辛い体験をしました。
かなり強烈なウツにもなったようです。
今年の初めに 厄はぬけたはずなのに
思わぬことが重なりました。

まさか、7年前に亡くした彼女に捕らわれるとは思いもしませんでした。
軽くお払いをしてくれた知人の女の子にもとりついて
1ヶ月くらい悩まされて、先月ゴマを焚いてようやく
沈静化したそうです。
おまけにボクは、真剣にある人を好きになり
久しぶりに胸がしめつけられる辛い思いを味わいました・・・

普通のことを、普通に当たり前にきちんと積み上げていきたい
ただそれだけのことです。


仕事柄女の子の悩みをよく聞きますが、
真剣に答えを求めてるのか、ただただ聞いて欲しいだけのことか
よくわかりません、いまだに・・・

休みの日、何気なく手相を見てもらいました。
神頼みなんて柄じゃないのですが・・・
『久しぶりですね、こんな乱れた手を見るのは・・・
 とにかく運気が下がりすぎてますよ。
 普段では何ともないことでも、今のあなたの力では
 すべて裏目に出てしまいますよ。
 今アナタに寄ってくるものは、アナタの人の良さを
 利用しようとするものばかりです。
 軽く、払っときますか?』
なんて言われました。

何だか心あたりのあることばかりで・・・

やっぱり弱ってます・・・

こんな人間じゃなかったな
もう少し身も心も丈夫にできてたはずなのにな

10年間適当にやりすぎたかな・・・

もう人生の後半戦なのにな

なんて思う今日この頃です。


この映画『パリ・テキサス
主人公が、何もかもうまくいかなくなり
子供と自分を捨てた嫁さんを探しにでかけるロードムービーです。

ラストのハリー・ディーン・スタントン
アメリカの風俗店らしきところで働く嫁さんの
ナスターシャ・キンスキーにマジックミラー越しに
独白するんですが・・・
何度見ても泣かせます。
結局、子供を嫁さんに渡して孤独の旅を続けるのですが・・・
やっぱり、わかりあえないものはわかりあえないのかと
悲しい納得が残る映画です。

category: 映画(動画):パリ、テキサス

thread: 大人の恋愛

janre: 恋愛

tag: パリ・テキサス  ハリー・ディーン・スタントン  ナスターシャ・キンスキー 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”偉大なる最終楽章”の始まり・・・ 


2007.10.23
Tue
19:24

ボブ・ディラン&ザ・バンド ラスト・ワルツ

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ

ユウへ

キミの願いのすべてがかないますように
キミの思いのすべてがとどきますように
キミの涙のすべてが乾きますように
キミの寂しさのすべてが癒されますように

キミの笑顔が絶えることなく続き、
とりまくすべての人に伝わりますように
キミがいつまでも怒れることなく
心の平穏さがずっと続きますように

キミの朝にいつも太陽が昇り
キミの夜をいつも月明かり照らし
眠れぬ夜を迎えませんように
キミに降る雨がすべてを実らせますように

春のやさしさを愛する人と感じ
夏の激しさにうなだれず
秋の実りを喜びあい
寒い冬は一人ではありませんように

キミの祈りが届けられ
夢のすべてがかないますように・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【”ラスト・ワルツ”よりボブディラン&ザ・バンド】
-- 続きを読む --

category: ラスト・ワルツ(動画入り!)

thread: 大切な人。

janre: 恋愛

tag: ボブ・ディラン  いつまでも若く  Forever  young 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”あの日からの便り”ユウへ7・・・最後の夜汽車に・・・ 


2007.10.20
Sat
23:24

この夜にさよなら 甲斐バンド

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

ユウへ

もうすっかり秋になったね・・・
風邪はひいてませんか?
そういえば、キミと一緒だったころ
風邪をひいてた記憶がないけど、思い違いかな?

昨日は昨日で少しありましたが、
もう、”最後の夜汽車”に乗り込む荷造りを
始めたところなので、あまり気にもとめていません。
なんて言うと、無責任かな・・・
後は行く先を決めるだけです。
改めてキミに会えたらと思いますが、どうでしょうか・・・

気持ちの整理もだいぶつきました。
みんなに知らせる時のことを思えば、少し気は重いですが。
キミに見送ってもらうことにならないことが
少し気がラクです。
ボクが見送ることになったのは、かなり辛かったことですが・・・

寂しさはまぎれていますか?
ホントにそれは今でも気がかりです。
賢島で強く結ばれるなら、それはそれで何よりですが
最後に日のかたくなさと迷いは、ふっきれていることでしょうか?

今は時刻表と料金表とにらめっこですので
行く先が決まればまた知らせます。

さめた気持ちでもいいから、笑顔なら嬉しいです。

甲斐バンド ”最後の夜汽車”】


         ♪最後の夜汽車

   スポットライトは どこかのスターのもの
   陽のあたらないところを 僕は生きてきた
   降り注ぐ白い 月明かりにさえ
   肩をすぼめては目を閉じてきた

     君が乗った 最後の夜汽車
     僕の街を 遠ざかる

    拍手が鳴り止み 客がいなくなっても
    歌い続ける悲しいシンガーのように
    僕はいつでも 冷たい君に
    苦い涙を 歌い続けた

      君が乗った 最後の夜汽車
      僕の街を 遠ざかる

   僕が寂しいって言うと
   あの人は バカねってそっと笑った
   ほほに優しく 手をやりながら
   僕しかいないって 言ってくれた

     君がのった 最後の夜汽車
     僕の街を 遠ざかる

    白い月明かりの その裏側で
    僕はゆがんだ 顔をあらった
    白い月明かりの その裏側で
    涙のかけらを 洗い落とした

      君が乗った 最後の夜汽車が
      僕の街を 遠ざかる

category: 音楽(動画):甲斐バンド

thread: 大切な人。

janre: 恋愛

tag: 甲斐バンド  最後の夜汽車  あの日からの便り 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”あの日からの便り”ユウへ6・・・ラストワルツへ・・・ 


2007.10.19
Fri
21:58

ラストワルツ ザ・バンド

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ

ユウへ

今日は雨だったけど、どうしてましたか?
もしかして今日は仕事かな?

そろそろ、『最終楽章』を始めます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

その前に、やっぱり今日たった今やってしまいました。
何が?
会うことがあれば話しますが、要するに
キミがくれた最後の手紙です。
一生懸命になればなるほど、言葉足らずになってしまいます。
キミをばかにするつもりも否定するつもりもありませんでした。
キミの最後の手紙、ホントのホントにゴメンナサイです。
キミの今度の彼氏と同じくキツイ言葉を言います。
そして同じように、キミのすべてを受け入れようと思っていました。



ホントに全部 ”ラストワルツ”にします。
今年いっぱいは、と考えていましたが、
思ってたより早くその時期がきそうです。

ボクと出会ったことで何かを感じてくれていたら・・・
どうってことなかっただけで終わりたくなかった・・・
こんな場所で会わなければ、キミは振り向いてくれたのか・・・
強引に抱きしめてキスしたけど、少しは・・・
ボクがそうなったように、少しはラクになってくれていたら・・・
自分を傷つけたら、愛する人まで傷つけてしまうこと、
そのことが伝わっていたなら・・・
新しいボクになったとき、キミは以前の笑顔を取り戻していてくれて
そして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『偉大なる最終楽章の始まり・・・』

ボクが好きな音楽映画『ラスト・ワルツ』の中で、
ザ・バンドのギタリスト ロビー・ロバートソンの言葉です。
(キミは知らないかな、やっぱり・・・)

しばし おつきあいを・・・・・・・・・・・・

ザ・バンド ”ラスト・ワルツのテーマ”】


-- 続きを読む --

category: ラスト・ワルツ(動画入り!)

thread: 大切な人。

janre: 恋愛

tag: ラスト・ワルツ  ロビー・ロバートソン  ザ・バンド  甲斐バンド 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”あの日からの便り”ユウへ5・・・荒野をくだって・・・ 


2007.10.18
Thu
23:13

甲斐バンド 虜 荒野をくだって

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

ユウへ

どうしていますか?
まだ、そんなに時間はたっていないのに、だいぶラクになりました。
なんて言うと、ちょっとガッカリするかな?
やはり、時間と距離は大切ですね・・・
明日目覚めると、もう少しラクになっていくような気もします。

キミの方はどうですか?
最後に会った日の かたくなさが少し気にはなりますが、
いつもの笑顔は戻っているでしょうか・・・


『自分に自信がもてない・・・』


何度もキミはそう言いましたね。
自分に自信がある人間なんて、そういるものでもない、
特に大人になれば、なるほど・・・
ボクは今でもそう思います。
きっと誰もがそうに違いないと思います。
もしかしたら、それは時間から来る何かへの
”あきらめ”なのか、”わりきり”なのか・・・
それとも、年をとることで”達観”したのか?

時間が流れて行く中で、何だかキミの気持ちも
遠くなっていく気がしますが、それはそれで
受け止めていきます。
ボクの気持ちも、たぶんキミから遠ざかっていくことと思います。
けれど、キミの笑顔は、
ホントにボクの支えになってくれていました。
そのことは、忘れずにいてくださいね。

あまりにも久しく忘れていた感覚を、
思いもかけずキミが思い起こしてくれました。
そのことは、ホントに感謝しています。

『こんなにも気持ちが揺れたっけ・・・
 こんなにも胸が痛かったかな・・・
 こんなにもつらかったかな・・・』

もう少したてば、もう少し冷静に思い起こすことになるでしょう・・・
ボクの中で、波が静まっていくように
キミの気持ちもラクになっていることを祈ります。
明日目覚める時、キミの笑顔がもどっていれば
いつものように・・・
ボクの胸をつらくしめつけた、
無理矢理にかたく抱きしめた
寂しげな顔じゃないことを祈っています

もうすぐ、あと何楽章かで 
”ラスト・ワルツ”が始まりそうです・・・

-- 続きを読む --

category: あの日からの便り

thread: 大切な人。

janre: 恋愛

tag: 甲斐バンド  荒野をくだって 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

”あの日からの便り”ユウへ4 BLUE LETTER 


2007.10.17
Wed
22:59

甲斐バンド ブルーレター あの日からのたより

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

ユウへ

どうしていますか?
ボクの方は、だいぶラクな気持ちになってきました。
キミの気持ちを、お世辞や冗談でなく思いやれる
余裕も出てきましたが、まだ、今会うと戻ってしまう気もします。

仕事の方は大丈夫ですか?
彼はきちんと面倒見てくれそうですか?
ボクのほうは相変わらずですが、気持ちが入らないって
大変ですね。
客足にまで、影響がはっきり出てしまっています。
最後まで頑張らねば!とは思うのですが・・・


それにしても激しい半年間だったね。
キミの心もホントに大きく揺れ動いたことと思います。
どうすべきか分かっていたことだけに・・・
って言うと、またキミの気持ちを傷つけてしまいそうです。


『後悔はしたくない!私のことだけ見ていてくれるなら・・・』

一途に誰かを思う気持ちは大切なことですね。
多分キミは、傷ついた自分の気持ちを守るより
誰かを思う気持ちを優先させる・・・
それは、これからもそうしていくんだろう・・・
そんな気がします。


『私が彼氏に捨てられたら、一緒にいてくれる?』

悪戯っぽくたずねてきたキミの言葉には、拍子抜けしてしまいました。
誰かが好きなら、ためらうことはない、ぶつければいいんだ・・・
キミを送ったあと、ボクは独りで、ニヤケながら車の中で
そうつぶやきました。
キミが思い出させてくれた大切なことです。
ずっとかたくなになっていたボクを、たった一言で
目覚めさせてくれたキミには、感謝しています。

ついでに、ずっといてくれていたなら・・・
傷つけあうことを怖がらないで・・・
誰もキミのことをひどい人間だなんて思っていません。
落ち着いてきてはいるものの、まだキミが大好きです。
ウソもわがままもすべて受け入れよう・・・
今でも、そう思っています。

-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):甲斐バンド

thread: 大切な人。

janre: 恋愛

tag: 甲斐バンド  BLUE  LETTER 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”あの日からの便り”ユウへ3 


2007.10.16
Tue
22:39

甲斐バンド ブルーレター あの日からのたより

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

ユウへ

傷の具合は、どうですか?
あの人は、きちんとキミを受け止めてくれていますか?
仕事時間が終わりに近づくと、携帯を見てしまう癖はまだ続いてるけど
ボクの方はかなり ラクになってきています。

『こんなこと、いつまで続ける気?』
きっとキミはそう思ってるでしょうが、今のところ
『思いが尽き果てるまで・・・』とだけ伝えておきます。

仕事は、毎日ですか?
ビルとビルに囲まれた四角い空に流れる雲は
少し薄寒さも感じてしまうようになりましたが
ボクのほうは車の移動が相変わらず続きます。
キミはこの空を見てるのでしょうか・・・

言ってたように、こんなこと早く終わらせるつもりです。
その時、キミの笑顔があの頃のように戻っていて
はしゃいでくれたらと思っています・・・
今は・・・
わかりません・・・
ただ、ずっと変わらずキミの見方です。
そのことだけは、胸を張って言います。

激しさは日に日に色あせていきますが、
優しい気持ちはまだ抱いています。
キミの笑顔の魅力と感情の伝染はかわることがないでしょうから・・・

傷が癒えないなら、連絡ください。
最後に行ったあの店を覚えていますか?
あそこでもいいです。


『今でも、やっぱり一番好きになった人みたいだから・・・
 これでよかったのかな・・・・・・・・・・・・・・・・』


やっぱり、キミの言葉は今でも痛いです。
キミが好きになった人だから、それに値しない男じゃないとは
言いません。
でも、これ以上傷つくのだけは、やめてください・・・

今はそれだけです。

いつでも、連絡ください。
-- 続きを読む --

category: あの日からの便り

thread: 胸が苦しくて、

janre: 恋愛

tag: 甲斐バンド  あの日からの便り  BLUE  LETTER 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

”あの日からの便り”ユウへ2 


2007.10.15
Mon
22:48

甲斐バンド あの日からの便り

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

ユウへ

仕事の方は落ち着きましたか?
傷ついたばかりのキミが、そんな仕事をしたいって言った時は
ボクも反対しましたね。
また遠くへ行ってしまうんじゃないか、そんな気がしたから・・・

時間が解決してくれるとは言え、やはり嫉妬ってやっかいです。
年甲斐もなく、常軌を逸してしまうのはキミも経験したとおり・・・
こんなことを言っても、キミのことを分かってあげられなかった
ことの言い訳にはなりませんね・・・
今みたいな、落ち着いた気持ちでいられたらと悔やまれます。
何度も言いますが、キミを否定したつもりは全然ありません。
一緒に、よくなっていけたら・・・ただそれだけです。

一緒にいたころ、キミが数分でやってのけていたこと
『この人って、どうしてあげたら一番喜ぶのかな?』
頭をフル回転させてやっていたことなのに、
ボクはキミに何ひとつできなかったことです・・・

傷はまだ痛みますか?
一気に100%で行動してしまうキミだったから
ぶつかったショックはまだ残ってるんじゃないでしょうか。


『一人になったら、寂しくて死んじゃう!』
『もう優しくするのは、やめてください。』
『すぐには変われません。こんな私をうけとめてほしいだけ・・・』


時間と距離がボクを少しずつ、ラクにしてくれていますが、
キミの残した言葉は、まだ胸をしめつけています。
やっぱり、ユウは感情のかたまりだったのか、
痛いほどに、何かがつきささっています・・・

ずっとずっと、一緒にいて、全部ぶつけて欲しかった・・・
今そんな気持ちです。
ボクは、あの日の涙声の電話いらいずっと・・・・・・・・
-- 続きを読む --

category: あの日からの便り

thread: せつない。さびしい。恋しくて。

janre: 恋愛

tag: 甲斐バンド  あの日からの便り 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”あの日からの便り”ユウへ 


2007.10.15
Mon
04:31

甲斐バンド あの日からの便り

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログへ

タイトル【ガラスの動物園
アーティスト【甲斐バンド
       85年 東芝EMI 発売(CA32-1172)
       76年10月に発表されたアルバム第3作目
収録曲1. らせん階段
   2. 黒い夏
   3. 新宿
   4. テレフォン・ノイローゼ
   5. 東京の一夜
   6. 昨日鳴る鐘の音
   7. やせた女のブルース
   8. 男と女のいる舗道
   9. あの日からの便り
   10. 悪いうわさ
   11. ゆきずりの風



ユウへ

時間と距離のおかげで、今だいぶ冷静になれました。
キミの傷はどうですか?
最後の手紙、かなりこたえました・・・
思えば、僕はキミの寂しさにつけこんで、自分の思いを
おしつけようとしていただけでした。
一番大切なことを忘れてたのは、僕の方だったと思い知らされました。
自分の遠い過去を振り返りながら、そう思います。
ホントに素直に頭を下げます。

キミの最後の便りを受け取る3日前のこと、仕事場の女の子から
『やっぱり損してるね、言葉がきつく感じるから・・・
 今度の新しい子が、なんか怖がってるみたいよ。』
と言われたところでした。

『私のことなんか全然分かってないくせに!』
キミはきっとそう言うと思います。
けれど、キミは、たぶん自分が思う以上に、しかも相当に、
感情が伝わってくる人です。
電話の声だけで、ものすごく何かを感じました。しかも、ハッキリと。
ある人たちにとっては、それは不快なものかもしれませんが、
ボクにとっては、あまりにも心地よすぎるものでした。
キミが何か思うたびに、話かけてくるたびに、
年甲斐もなく大きく揺さぶられ、動揺してしまったのは
やはり、10年以上のブランクのせいなんだろうか・・・
キミの笑顔がどんどん変わって行くのを
見ながら、強烈に胸をしめつけられていき、
あまりにもため過ぎてた思いが、一気にあふれだしたみたいです。



『99%の人がダメでも1%の人がいいなら
 ワタシ、その1%をとるかも。ワタシってそういう人なの!』

ボクもそう思います。
実際、過去そうしてきたつもりです。
ただし、やっぱりそれには、覚悟と責任が必要です。
そうやって、手にいれたものの代償はかなり大きいものです。
ボクは自分の傷に、7年の月日をかけました。
キミが背負った傷も、相当深いものじゃないでしょうか。

キミの人格を否定するつもりなんてさらさらありません。
むしろ、その感情の豊かさと、行動力には年下ながら
尊敬の念を持ってるくらいです。
ただ、その傷の痛みがあまりにも痛々しいのが
ボクにもはっきりわかりました。
笑顔や寂しさが伝わるように、痛みも伝わるみたいです。
自分の傷の深さへの無頓着さ、
それを決して誰にも見せようとしない強情さ、
それは、若さなんでしょうか・・・
ボクはそれこそを一緒にすべてうけいれたかったのに・・・


あの日の電話以来、ずっとそう思っています、今でも。


もう、あれで最後にしようと思ったのですが、
冷静さをとりもどした今、まだキミを支える力が
残っていると確信できました。
ボクのまわりは、相変わらずですが、
この距離なら大丈夫です。

落ち着かないなら、連絡くださいね。
今のキミは、まだ信じないかもしれないけど、
まだ、ボクはキミの味方でいるから・・・

category: あの日からの便り

thread: せつない。さびしい。恋しくて。

janre: 恋愛

tag: あの日からの便り  甲斐バンド  ガラスの動物園 
trackback(1) | comment(0) | 記事編集

go page top

川はもう・・・ 


2007.10.14
Sun
15:14

ブルース・スプリングスティーン

にほんブログ村 恋愛ブログへ

『ツトムは、生んでもいいよって言ってくれた・・・
 父親になってあげるからって言ってくれたのに・・・』
一緒に暮らし始める前に口げんかした時の、奈緒子の言ったこと・・・
それだけは、どうしてもできなかった。
苛立ち、焦り、嫉妬、絶望、あきらめ・・・
負の感情に支配されても、それだけは・・・

越えてはいけない線てなんだろうか?
そこだけは守りたいことって何?


『自分を押し付けるつもりもない。
 人格を否定されるのは嫌です・・・
 彼はそれは包みこんでくれるから・・・』

僕はいったい何をしたんだ?
誰よりも、何よりも守ってあげよう、
一緒にいてあげようとしていたのか?


2000年9月24日、その日、僕は仕事に出かけた。
1日のうち、話ができる時間がどんどん少なくなる中、
『彼に連絡しようか?電話番号わかる?』
彼女は首を横に振った。
『もう誰にも会わなくてもいい・・・
 ずっと一緒にいてくれたから、ホントに有難う』
22日の最後のまともな会話だった。
もう休ませてあげよう・・・
頑張らなくてもいいから・・・
もう、ゆっくりしよう・・・
昏睡状態になった彼女の唇をさすりながら、僕はそう話かけた。
出勤して間もなく、臨終の知らせが届いた。

そして7年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



思い出さないことがなかったわけでもない。
今年の夏の突然の出来事だった。
日に日に顔が変わって行く彼女を見ながら、
僕の胸は締め付けられていった。
何で奈緒子を思いだすんだ?
目の前にいる人は似ても似つかない女なのに?
この人を守るべきだろう、絶対に・・・
何で今頃・・・
7年の月日が交錯して、僕は激しいウツに悩まされていた。

胸の痛みか?
けど、今日このまま部屋で死んでもいいかな?
奈緒子が迎えに来てくれて、一緒に行く?って聞いてくれたら
僕は間違いなくついて行ったはずだ。
死んだってかまうもんか・・・
けど、しっかりしなくては!
彼女の声が聞きたい、顔が見たい、息を感じたい・・・
早くしないと、どんどん死にちかづいて行く・・・

呪いなのか?
それとも・・・


ようやく落ち着いた頃の彼女の電話、そして・・・

この2ヶ月は、夢なのかそれとも悪夢なんだろうか?
彼女はどうしてるんだろうか・・・
僕は、もう奈緒子のことを思い出すことはないだろう。
僕は冷たい男か?
いや、ようやく整理がついただけ、そんな気がする。

愛ってなんだろうか。
どうやって彼女たちを受け入れようとしていたのか。
僕はいったい・・・・・・・・・・・・・・・・・

川はもう干上がっているはずだ。

ランキングオンライン

category: かなえられなかった夢

thread: 大切な人。

janre: 恋愛

tag: リバー 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

”かなえられなかった夢”そして彼女は・・・ 


2007.10.13
Sat
04:10

ブルース・スプリングスティーン

にほんブログ村 恋愛ブログへ

7年間、僕はただ”裏通り”に身を隠して生きてきただけかもしれない。
神様に手を合わせたのではなくて、
”クロスロード”で悪魔と取引したんじゃなかったのか?
時間が経てば、大人になって身も心も落ち着く・・・


『一人になれば、寂しくて死んでしまう。
 そんな人間もいるんだから!』


ヨーロッパ旅行から彼女が帰って来るはずの夜、
なぜだか、僕はいらだって焦って、電話をかけ続けた。
『今日は疲れてて、今、家でお母さんと一緒やからね・・・
 明日仕事終わったら、おみやげ取りに来て。
 体?大丈夫、心配ないから・・・』
彼女の眠そうな声を聞きながら、涙がとまらなかった。
天六の交差点で車を止めて、携帯電話を持つ左手を口にあてながら
声をあげながらなきじゃくっていたあの夜、

そう、あの日僕は一人でいられなかった・・・
受け止めてくれる愛する人を感じたかった・・・
一人じゃ、気が狂って死んでしまいそうな夜だったはずだ。
やっと聞けた彼女の声への安堵感と
そして、もう間もなく聞けなくなる彼女の声への愛おしさ・・・



今年の夏、一人の女性を通して、7年の月日が繋がった。
7年の月日、彼女の思い出を忘れることで得たものは、
強さや賢さなんかじゃなく、ほんのささやかな慰めさえ
思いやれない、鋼鉄の心・・・
目の前の愛する人の悲しさや孤独にも気づけない、冷たいハート・・・
なりふりかまわず抱きとめようとする熱い気持ちも
一気に凍らせるほどの、冷たい愛情・・・

年月を経ても、僕の心は、嫉妬で落ち着くことはなかった。

彼女は今・・・
すくわれるべき彼女の悲しみは・・・


  ♪The river

I come from down in the valley
Where mister when you're young
They bring you up to do like your daddy done
Me and Mary we met in high school
When she was just seventeen
We'd ride out of this valley down to where the fields were green

We'd go down to the river and into the river we'd dive
Oh down to the river we'd ride

Then I got Mary pregnant and man that was all she wrote
For my nineteenth birthday I got a union card and a wedding coat
We went down to the courthouse
And the judge put it all to rest
No wedding day smiles no walk down the aisle
No flowers no wedding dress

That night we went down to the river and into the river we'd dive
Oh down to the river we did ride

I got a job working construction for the Johnstown Company
But lately there ain't been much work on account of the economy
Now all them things that seemed so important
Well mister they vanished right into the air
Now I just act like I don't remember
Mary acts like she don't care

But I remember us riding in my brother's car
Her body tan and wet down at the reservoir
At night on them banks I'd lie awake
And pull her close just to feel each breath she'd take
Now those memories come back to haunt me
they haunt me like a curse
Is a dream a lie if it don't come true
Or is it something worse
That sends me down to the river
Though I know the river is dry
That sends me down to the river tonight
Down to the river my baby and I
Oh down to the river we ride


 俺の生まれたのは谷の町だった
 そこでは男の子たちは、みんな親父の跡継ぎにさせられる
 メアリーとは、ハイスクールで出会った。
 彼女はまだ 17歳だった。
 俺たちは、この谷の町を抜け出し、緑の野原へとドライブした

 俺たちは川へ行き、泳いだんだ。

 それからメアリーをはらませてしまった。
 彼女はそれだけを書いて手紙をくれた。
 俺は19歳の誕生日、組合員会員証と結婚用の上着を手に入れた
そして俺たちは、役所に行き手続きを済ませた。それだけだった。
 結婚式の笑いも、誓いの儀式もなく
 祝いの花束も、ウェディングドレスもなく・・・

 そしてその夜、俺たちは二人でよく行った川へいき、泳いだ
 かつて二人で泳いだ川へ・・・

 ジョンズタウン建設会社で職を得たが、
 近頃は不況で仕事にありつけないでいる
 大切に思えたものが、みんな空気の中に消えてしまったようだ
 俺は忘れてしまったふりをしているし
 彼女は全然気にしていないふりをしている

 けれど兄貴の車を借りて、ドライブをした日のことは覚えている
 夜、貯水池の上 横たえる濡れた彼女のからだ
 彼女の吐息のすべてを感じようと、思わず抱き寄せた・・・
 今そんな思い出がよみがえり俺をとらえてる
 まるで呪いのように俺をとらえてる
 かなえられなかった夢は幻だったんだろうか
 それとも、もっと悪い何かなのか

 そんな思いが今夜俺を川へと行かせる
 かつて二人が行ったあの川はもう干上がっているというのに
 川へ行く、俺とお前 二人で行ったあの川へ・・・

 
ブルース・スプリングスティーン 『リバー』】 
 


7年前、すでにあの川はもう干上がっていたんだろうか・・・

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: せつない。さびしい。恋しくて。

janre: 恋愛

tag: ブルース・スプリングスティーン    リバー  river 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”かなえられなかった夢”は・・・・・・・ 


2007.10.12
Fri
02:34

ブルース・スプリングスティーン

にほんブログ村 恋愛ブログへ


『一人で考えたい』
そして翌日
『このままの私を受け止めてほしいだけ・・・』
昨日うけとったメール・・・

彼女の死から7年、僕はどこにいたんだろうか・・・
胸にあいた大きな穴を必死になって埋め、記憶の片隅に追いやり
同じ思いから逃げ続けて、そして勇気をもってつかまえようとした人。
彼女の全てを受け入れようと、必死になってそして・・・



『こんなにこっちが、頑張ろうとしてるのに、
 一緒にお母さんの面倒をみようって約束したやろ!』

どうしてもと言って、引き止める僕を振り払って行ったヨーロッパから
帰ってきてから、急に容態は悪化、そして、医者のアドバイスも聞かず
退院してきたお盆から日に日に衰弱していった・・・
我がままと頑固さだけはそのままの、彼女の死ぬ2週間前に
僕は、こらえきれず怒鳴りちらした。

ろれつがまわらず、寝たきりで、確実に迫っている死の恐怖
あきらめ、悲しみ・・・・
一番つらいはずの彼女に僕がやったことは
行き場のない悲しみと苛立ちを爆発させただけだった。

奇跡なんかは起こらないし、神様がいるのかどうかも考えたこともない。
滅多に起こらない、そう、起こりえないからこそ奇跡なのである。
般若心経は唱えなかったが、神様には祈った。
『本当に僕が替わりになりますから、どうか奇跡を・・・』

奇跡は起こらないが、神様はいたようだ。
僕を、人の気持ちなんてわからない、考えようともしない
目の前にいる、世界で一番大切にしようと思う人の
悲しみさえ見えなくしてしまったようである。
『ただ受け止めて欲しいだけ・・・』
救われるべきささやかな望みさえ、ふみにじって
僕は自分の望みだけを押し付けていた・・・
何も考えず、何も感じず、何も思いやることもなく
ただただ、自分の思いだけを撒き散らそうとした。


僕は彼女の死から立ち直ったと思っていたのだろうか・・・
悲しみを克服できたと思いこんでいただけだったのか、
7年のあいだで、僕は悲しみも何も感じない人間になってしまっていた。
一月前、『聞いてほしいことがある・・・ホントのこと言うから』
涙声でかかってきた電話、飛ばす高速の上、
もしも彼女がHIVなら愛せるのか、愛する人の死をまた見送れるのか・・・
誰かの子供なら、一緒に生んで育てられるのか・・・
胸の痛みをかかえながら、会いに行った。
どんなことでも受け入れよう、彼女の全てを・・・
喜怒哀楽、家族、友達、彼女の生きてきた全てを受け入れよう・・・
7年前と同じくそう決心したはずだった。


悲劇も奇跡と同じく、滅多にはおこらない・・・起こりえないこと。


ただただ悲しみを受け入れて欲しい、そんなささやかな願いごと
日常のどこにでもある、誰もが持っている当たり前の願いごと
『偉くならなくてもいい、そのままの自分でいい、イヤなことは早く忘れたい・・・』
わがままでも何でもない、誰もがいつも思う、そんな当たり前のこと・・・・・・
当たり前すぎてすっかり忘れていたこと。

一番大切なこと
誰かにそばにいて欲しい・・・
彼女はそう思っただけのことかもしれない。
ただただそれだけのことを、僕は受け入れられなかった・・・
一番かんたんで、一番大切なことを忘れていたのは、僕だったんだろうか・・・
僕はただただ苛立つしかできない、救う必要のない人間
神様が7年間でくだした判断なんだろう。


”そんな数々の思いが、今、オレを川に連れてゆく
 もうその川は干上がっているというのに・・・・・・”


category: かなえられなかった夢

thread: せつない。さびしい。恋しくて。

janre: 恋愛

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”かなえられなかった夢”は今も・・・ 


2007.10.10
Wed
20:50

ブルース・スプリングスティーン

にほんブログ村 恋愛ブログへ

彼女が一人で子供をおろしてきた後のこと、
当然のことながら沈んだ表情が見え隠れしていました。
当然のことながら僕は気づいていないふりをしていました。

半同棲を始めた秋の連休のある日、
彼女から、心の中の彼の面影を消せないこと
内緒で東京に行き、遠くから見ていたこと
僕との今後のために、けじめをつけておきたいことを告白されました。

時間しか解決してくれないことがあるのは、分かっていても
”今”どうにかしたいことっていうのもあるようです。

僕は片道分だけの飛行機代を渡し、必ずその日に僕の部屋に
帰ってくることと、本当にこれで最後にすることを約束して
彼女を送り出しました。
約束通り、夜遅く彼女は帰ってきました。
AB型の双子座らしく、喜怒哀楽・好き嫌いがはっきりしていても
妙なリアリストぶりを発揮し、帰りは自腹の新幹線と地下鉄でした。

1月のある日、彼女は救急車で運ばれました。
大したことないから見舞いに来なくてもいいと言いましたが、
行ってみたところ、急な出血と下腹部の激痛だったようです。
明らかに流産でしたが、僕はやはり気づかないフリをして
彼女を母親のところに送り届けました。
帰りの家の近くの喫茶店で、『ごめん・・・』とつぶやかれましたが
聞こえないフリで話をさえぎり、『もう大丈夫みたいやから』
と言い残して帰りました。




今日あることで、何が愛なのかと考えた時、ふと思い出しました。
昨日まで、完璧に記憶から消し去れたのは、愛情だったのか・・・
そのままに彼女を受け入れようとしたのは、いつだったのか・・・
そのまんまの彼女を、受け入れたのか?
もしかして逆に彼女の全てを否定して、
自分の感情の全てを押し付けてしまっていたんじゃないのか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年の夏、あることをきっかけに、彼女の記憶がよみがえってきて
激しいウツの症状に悩まされました。
ぼくの顔には、死相がでていたようです。
このまま、死ぬことになってもいいんじゃないだろうかと
1週間くらい漠然と考えていました。
ある人に助けて欲しかったのですが、連絡がとれませんでした。


一生懸命なあまり、自分の思いだけで彼女の存在を塗り替えようと
したんじゃなかったのか・・・
もっともっともっと、彼女の全てを受け入れて、愛して
そして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


息をひきとる2日前、肝機能障害で意識もままならない彼女に
お母さんは、数珠をもたせ般若経を何度も唱えさせていました。
呆然として見つめる僕は、ただただ見つめていました。

息をひきとる前の『ありがとう』って・・・・・・・・・・・・



愛する人とどうかかわるのか
その全てをどう受け入れるのか
喜びやら悲しみやら切なさやら涙やら
全部分かりあいたかった。
ただそれだけなのに、何でこうなっていくのか。


彼女は報われたのか、僕の思いは一体・・・・・・・・・・・・・・

category: かなえられなかった夢

thread: せつない。さびしい。恋しくて。

janre: 恋愛

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”今までの人生で、誰よりも、何よりも・・・” 


2007.10.08
Mon
13:11

ラバーソウル ビートルズ

にほんブログ村 音楽ブログへ

胸の痛みは、まだ癒えず・・・



 ♪ イン・マイ・ライフ

 心に刻まれたいくつかの場所がある
 たとえ姿を変えても決して忘れない
 良くも悪くも永遠に変わらない場所
 今はもうない場所 昔のままに残る場所

    かつて そうしたいろんな場所で
    恋人や友達といっしょに時を過ごした
    今は亡き人 元気でいる人
    みんな僕が愛した人たちだ

 だけど 今までのどんな友達も恋人も
 君にはかないやしない
 君との新しい愛のことを思えば
 昔の思い出はみな色あせてしまう

    僕に関わった人々や僕に起こった出来事を
    懐かしむ気持ちはいつまでも変わらない
    ときおり思い出しては追憶に耽ることだろう
    でも今は 誰よりも君を愛しているよ


ビートルズ 『ラバーソウルイン・マイ・ライフ

category: 音楽(動画):ビートルズ

thread: せつない。さびしい。恋しくて。

janre: 恋愛

tag: ビートルズ  ラバーソウル  イン・マイ・ライフ 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”かなえられなかった夢”がいま・・・ 


2007.10.04
Thu
21:59

ブルース・スプリングスティーン

にほんブログ村 恋愛ブログへ

彼女と知り合った時、むこうは不倫中でした。
年下の若い男に少し興味があっただけなのかも知れません。
相手は大手の都銀(今、こんな言い方しないな?)
今は、我が国を代表するメガバンクの一つの支店次長でした。
半年ほど経ってむこうの仕事場で、
関係がばれたみたいですぐに転勤となり
関係は終わったようでしたが、妊娠していました。

春先の暖かい日、天満の帝国ホテルのロビー、
川沿いの満開の桜を、二人で見ながら、
彼女は『最後かもしれない・・・生みたい・・・』と言いました。
嫉妬、絶望、怒り、驚愕、あきらめ・・・
自分の中の全ての負の感情に支配されて、狂いそうになって
どうしようもなくなって、彼女の電話には一切出ませんでした。

1ヶ月後、彼女が一人ぼっちで、おろしてきてから
また会うようになりました。
『オレのせいじゃない・・・』何度も自分に言い聞かせて、
感情を押し殺して、彼女の笑顔だけを見ようとしました。

一緒に暮らすようにようになり、会社を辞めて失業保険で
ぶらぶらしてアルバイトをしてたときも
僕は、全て忘れたようなフリを続け、
彼女は、過ぎ去った遠い過去の一つのように振る舞いました。

今の仕事について、結婚はまだ先かなとも思ったけど、
彼女は、全然気にしていないかのようにしていました。

彼女の大腸ガンの手術後、
集中治療室で意識朦朧としたまま、手を握って
『ずっと、一緒にいるから・・・』とだけ言いました。
その夜、僕は一人で声をあげて泣きじゃくり
彼女が死ぬまでずっとそばにいようと決意しました。

お葬式が終わり四十九日の席、
良心的なお母さんの友達に囲まれて
聖教新聞と般若心経の経典を渡され、笑顔で
『いっしょに彼女を送ってあげましょう!』と言われたけど
逃げ出しました。
3ヶ月ほど経って、福島区にある会館にお骨を収めに行った時、
骨壷を渡され『これでホントに最後のお別れやから。』
と言われ涙ぐんでいる時、誘われましたがすぐにその場を離れました。
2年後、お母さんの友達から電話があり、
お骨を和歌山の霊園に納めたこと、駅から近く、海も見えて
眺めがいいからぜひ行ってあげてくださいと言われました。
それから会ってもいないし、連絡もとっていません。


ブルース・スプリングスティーンの【リバー】を思い出します。
”かなえられなかった夢が、呪いのようにオレを苦しめる”



category: かなえられなかった夢

thread: せつない。さびしい。恋しくて。

janre: 恋愛

tag: ブルース・スプリングスティーン  リバー 
trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

”すべてのものは死ぬ。そしていつかきっとよみがえる” 


2007.10.03
Wed
19:09

ブルース・スプリングスティーン

にほんブログ村 音楽ブログへ

Atlantic City

Our luck may have died and
Our love may be cold but with you forever I'll stay
We're goin' out where the sand's turnin' to gold
So put on your stockin's baby '
Cause the night's getting cold
And everything dies baby that's a fact
But maybe everything that dies someday comes back
Put your makeup on fix your hair up pretty
And meet me tonight in Atlantic City


俺たちの運も尽き果て、愛も冷え切ってしまったけど
 お前と永遠に一緒にいるよ
 砂が黄金に変わるところに行こう
 夜は冷え込むから、ストッキングをはいた方がいい
 すべてのものは死ぬ
 それはさけることのできない事実
 しかし死んだものは必ずいつかよみがえってくるだろう。
 だから、今夜髪をアップに結って 
 アトランティックシティーで待っていてくれないか・・・

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: せつない。さびしい。恋しくて。

janre: 恋愛

tag: アトランティックシティ  Atlantic  City 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

思いがつのれば・・・I 'd rather go blind・・・ 


2007.10.02
Tue
23:01

ウィルソン・ピケット

にほんブログ村 音楽ブログへ


I'd rather go blind

Something told me it was over
When I saw you and him talking
Something deep down in my soul
When I saw you and him walking, now

I would rather- I would rather go blind
Than to see you walk away from me
I love you so much - that I don’t wanna watch you leave me
Most of all I just don’t- I just don’t wanna be free at all

I was just – sittin’ here thinking
Of your kiss and your warm embrace,
When the reflection in the glass
from my hair to my lips, my baby
Revealed the tears that was on my face

I’d rather- I’d rather be blind
Than to see you walk away - see you walk away from me
I’d rather be blind

ウィルソン・ピケットのがなかったので、エタ・ジェームスです】


直訳すると、
『お前が、他の男と行ってしまうのを見るくらいなら
 いっそのこと、”めくら”になっちまった方がましだ!』
という意味ですね。
ウィルソン・ピケットのが一番好きですが
エタ・ジェームスやらロッド・スチュアートやらがカバーしてます。

そういえば、昔、『春琴抄』という映画がありました。
三浦友和と山口百恵の時代劇でしたね。
原作は谷崎潤一郎だったのかな???
その気持ちわからなくもないですね・・・



category: 音楽(動画):貴重コラボいろいろ!

thread: せつない。さびしい。恋しくて。

janre: 恋愛

tag: ウィルソン・ピケット  I'd  rather  go  blind  ロッド・スチュアート  エタ・ジェームス 
trackback(1) | comment(0) | 記事編集

go page top

"愛”とは・・・ 


2007.10.01
Mon
21:02

ジョン・レノン  ベストコレクション

にほんブログ村 音楽ブログへ
思いを伝えるためにあれこれ考えてしまいます。
101通ラブレターを書けと言われれば書ける気も
しますが、それで自分が彼女にとって何者かに
なれるかどうかは別問題ですね・・・



Love is real Real is love

Love is feeling Feeling love

Love is wanting to be loved

Love is touch touch is love

Love is reaching reaching love

Love is asking to be loved

Love is you

You and me

Love is knowing We can be

Love is free Free is love

Love is living Living love

Love is needing to be loved

ジョン・レノン ”LOVE"】


思いはシンプルです。
中学の英語の教科書で覚える英単語で
世界中を感動させるなんて、ジョン・レノンてやっぱり・・・

category: 音楽(動画):ジョン・レノン

thread: せつない。さびしい。恋しくて。

janre: 恋愛

tag: ジョン・レノン  LOVE  ベストコレクション 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。