01/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./02

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

明日に向けて・・・・ 


2011.09.27
Tue
00:40

ずっと、この時期毎年このことを書いている。
ここ数年、盆と秋のお彼岸になると左肩が重い・・・・

三年前のお彼岸の時は、はっきりと指でつかまれてる感覚があった。
去年から少しマシかな????
なんて思ってたら、昨日実家から部屋に帰ってくると同時に
キョーレツな首の痛みが・・・・・・・・・・・・・・・・
一体なんだこりゃ???

今日昼になってやっと気づいた。

彼女の命日・・・・・・・・・


オレッて冷たいかな?
そうでもないでしょ?
もう11年目にもなれば・・・・
出会った頃のことももう正確に思い出せないほどに
色あせてしまった・・・・・・・
イヤ、別にキライになったわけでもない。
日々の忙しくて、ついつい・・・

そんなこんなを思いながら、まだ少し左肩の痛みが・・・
土曜日に11年ぶりに語り明かした高校時代の親友の顔を思い出しながら・・・・




スポンサーサイト

category: 世にも不思議なラブストーリー

thread: ひとりごと

janre: 日記

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

やめておけっていうこと??? 


2010.06.13
Sun
22:38

久しぶりに、困ったときにいつも占ってくれる子と会った。
売上金がはいるまで2万貸してほしいから・・・
利子がわりに、徐霊の修行してきたからやってあげるからとかで・・・


 『特に気になることはないねんけどねえ・・・・
  くれぐれも言っといたげるけど、そのこは若い子でしょ?
  もしかして業界の子?
  なんか、そんなニオイするんやけどな・・・
  しちゃった?まだね!
  じゃ、まだそんな深くないね。
  たぶん、すごくキレイでけっこうタイプなんでしょ?
  もしかしてそのこバツイチ?
  男がらみのトラブル持ち込まれるよ、たぶん。
  アンタは、ホンマに人がいいから、そういうのにすぐ巻き込まれるんやから!
  今は、距離がある?
  けど、そのこから誘われたら行くでしょ?
  まあ、男やもんねえ・・・・・・・・・・
  トコトン男を振り回す子よ、その子は。
  ちょっと、切っておいたからもう大丈夫やと思うけど。
  やっぱり、なんかそういうのを呼び込むみたいやしねえ。

  それより何より、アンタもっと大きく羽ばたけるよ今年は!
  ”やればできる子”なんやから!ホンマに。
  さあ、今年は試練の年やから!』

そう言いながら、帰っていった後、
少し気になってた左肩の痛みが消えた。

category: 世にも不思議なラブストーリー

thread: 私のブログ

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

科学の子 


2010.05.24
Mon
01:43

突然何かに襲われたような気がして、少しばかりナーバスになっていた・・・

  『もう・・・
   だからあれほど気をつけとかなアカンって言ってたのに・・・
   アンタ優しいんやから、またヘンなもん拾ってきたねえ・・・
   なんかもう、”悲しい悲しい・・・なんで私こんな思いすんのかな・・”
   なんとかオンナ特有のドロドロしたヒステリックな黒い塊が
   モロに受けたみたいよ。
   それはそれで可愛そうやけど、ちゃんとそれはそれ!コレはコレ!って
   かわしとかんとアンタの身がもたへんわよ。
   どうするって?
   気持ちをひきしめて振り払うか、自分で左肩をサッサッとはらうだけで
   ええんよ。
   別に難しいわけちゃうでしょ?
   その子に近づいても大丈夫やけど、気持ちは広げすぎたらあかんよ。
   そっちに引っ張られるから。
   それにしても、ホンマにお人好しやねえ・・・・・・・・・・・・・』

と言いながら、彼女は私の肩をさすってくれた。
ついでに手相を見てもらい彼女と別れた。
   『ほら、もう顔つきが全然変わったやろ?
    窓見てみてよ。
    アンタは自分で思ってるより、もっと大きいことができるのに
    すごい優柔不断で考え込んでばかりで、チャンスいっぱい
    見逃してきた人やんか!
    この夏から大きいモノに会えるから、ちゃんと今から準備しとかな!』

梅田の街を彼女は去って行った。


私は・・・・・・・・・・・・
これでも、”科学の子”のつもりだ。
それでもやはり人間は弱い。
見えないものならなおさら弱い・・・・

そんなこんなで、10年前に亡くした彼女の誕生日を迎える。

category: 世にも不思議なラブストーリー

thread: 私のブログ

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

突然・・・ 


2010.05.12
Wed
03:52

どうもこの時期は何かが起こるようだ・・・
弱いところに出てくる。

要するに縁がない!

そう言われてることか?
何かに引き止められてる・・・
それだけのこと?

突然に襲ってきては
さざなみのように去って行った。
誰かにたのまれてやってきたのか?
それとも・・・・
それにしても、相変わらずに激しく変わる手相で・・・

category: 世にも不思議なラブストーリー

thread: ひとりごと

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”助け”を求めてるわけじゃないが・・・ 


2010.01.11
Mon
18:12

突然着信・・・・

 『あっ!元気?
  そろそろ電話しようかと思ってたんよ。
  そろそろ大丈夫やろ?
  今、実家?
  今日やったら時間とれるんやけどなあ、
  ちょっと無理やなあ。
  もう大丈夫やから。
  いつでも電話してね。』

時々、タダで手相を見てくれていた女の子からの電話。


それにしても、ワタシの周囲にいるオンナたちは、
ホントに身勝手だ。
ホントに苦しい時には、見向きもしない。
どころか、トコトン利用してくる。
あんな業界で、オンナに救いを求めること自体間違ってるか・・・
そう、お金がなけりゃ相手する必要もないんだから仕方ないか。

苦しい時に会った相手は、運命の人でもなんでもないらしい。
もう、大丈夫!
独りで立ち上がれるから!
と思ったら、誰かが現れる。
今は、助けなんて要らないって!なんてなってから現れるオンナたち。
でも、そういうもんかな・・・・・

category: 世にも不思議なラブストーリー

thread: 本日の日記

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

ただいま求職中・・・その6 


2009.12.20
Sun
16:57

実家に帰っている。
落ち着いているが、とにかく寒い!
じっとしてても仕方ないから、バイクで隣り街まで・・・

寒いが気持ちがいい。
ふと、ここにいた方がいいのかもなんて思う。
10年前なんで帰って来なかったのか・・・
全部無駄になるようにも思えてしまう。

家に入ってたクーポンチラシ・・・
どこでも考えるところ、目をつけるところはおんなじらしい。
自分でここで何かできる?
それも悪くない。
イヤ、せめて引越し代くらいはためてから動こう。
自分でなにかするならせめてその技術くらい身につけよう。

そう、な~んにも失わない。
な~んにも怖くない。
しかし不安が・・・・

刺激がないのか?

『どうせお前、な~んにもできへんやろ?』
なんて言われたら、モーレツに反発心がわく。
まだ大丈夫か・・・
一日14時間以上働いた風俗店で、ロクに評価もなく
大して入ってたわけでもなく・・・

そう、他に怖いものは?

ちゃんと大人として自立しなきゃな・・・
今は?
情けないけど、無いものはない!!!!
申し訳ないが無いものはない・・・・・
そのための準備ができる前に追い出されたから仕方ない。
左肩の痛みが気になるといえば気になる。

もう心配するなって!
全くの0から、足で歩いて結果を出して
技術を身につけて・・・
遠いけど、確実な道だから。
チト、しんどそうだけど覚悟の上のことだから。


category: 世にも不思議なラブストーリー

thread: つぶやき

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

『これ以上悪くなるワケないやん?』 


2009.12.19
Sat
19:01

『アンタこれ以上悪くなるワケないやん!
 そうしたら?
 なんか他に考えてることあるの?
 お母さんのおかげやから、実家に帰って
 ちゃんと顔見せてあげたらいいやん。
 バチあたりなことばっかりやってきたんやから
 ラクできるわけもないし。
 心配せんでも今から良くなるって!
 じゃ、お清めした数珠年明けに持っていってあげるから
 忙しいんやで、これでもワタシって。
 指名で来てくれる人もいてるんやから。
 姓名判断より、手相の方がやっぱり見て欲しいみたいやねみんな。
 アンタの?
 今見たって、悪いに決まってるやん。
 ワタシが見たところでどうにもできへんわ、アンタの場合。
 自分で自分のことなんとかせんと、しょうないわ。
 ほならね、休憩終わりやから。』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
笑った。
”これ以上悪くなるわけない。”
経営者の機嫌損ねて、風俗店をクビになって
仕事探してる40男・・・・・・・・・・・
サイテーなやつだ。
そんなヤツを世の中が必要とするワケがない。
アタマに来ることを言った、あの印刷会社の気合一発社長のほうが
正しいのだ、絶対的に。

そう、これ以上悪くなるワケない。
いつもそうだった・・・
せざるを得なくなってしかたなく動き出す。
12年は無駄な日々か?
世の中の底をのぞいたから、それでもいいか・・・
オレが底にいただけのことか?

そうなのだ。
ここから悪くなるワケがない。
な~んにも心配することはない。

category: 世にも不思議なラブストーリー

thread: つぶやき

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

12月10日過ぎたから・・・ 


2009.12.13
Sun
17:46

右肩の筋肉の痛みが消えない。
何で?
けど、本音を言えばどうでもいい。

そう。。。

どうでもいいんだ。

無理してない?
無理なんかする必要もない。

やっと自分に戻れてる。
ホントに長かったな・・・
ホントに凄い結界が張られてたのかな???

もう気にすることもない。
心とられることもない。

面接が続く。
少し急ごう・・・・

category: 世にも不思議なラブストーリー

thread: ひとりごとのようなもの

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

ただいま求職中・・・その4 


2009.12.05
Sat
15:35

『ホンマに気の毒なお人どすな・・・
 アカンアカン、今その人にアンタがおうたところで
 何の効果もあらしまへんて。
 なんやら、糸に絡まって、もがけばもがくほどややこしいことに
 なってしもてはるよですさかいにねえ・・・
 まあ、普通の人やったらとっくに投げ出してはるやろに、
 最後にはちゃんと冷静になれるお人もたいですわ。
 そこで、救われてはるんやろね。
 お人柄も悪うないようですし。
 結婚でもしてはったら、変わってたやろうにね。
 結婚?
 アンタ結婚バカにしたらあかんえ。
 結婚も離婚もやっぱり、その人を成長させますさかいねえ。
 アンタさんも、よその子供引き取って大変や思てはるやろけど
 それで相当強うなりはったやおへんか。
 しょいこむのは人を鍛えますよってにな。
 まあ、風邪ひいたら熱出ますよってに、10日過ぎまで
 そのお人に熱出し切ってしもうてもらわんと、アンタがどないもしよおもへんです。
 わて?
 昨日も、ちょっとあの世に行ってきましてね。
 今朝戻ってきましたんや。
 影うすい?
 そろそろ召される準備しとかなああかんですよってになあ。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』


見たことも会ったこともない京都の高名なお爺ちゃん占い師が
私のことをそう言ってたらしい。

とりあえず、ただいま求職中・・・・

category: 世にも不思議なラブストーリー

thread: 本日の日記

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

左肩が・・・ 


2009.11.20
Fri
01:52

左肩がずっと気になってた。
グッと押さえつけられるミョーなあの感覚・・・
携帯をなくして、連絡とりようのない古い知り合いのコ・・・
直接行ってみた。
一年前にもらった、黒石の数珠が
ボロボロになってたし・・・

 『なんでこうも、いろいろモラッてくるわけ?
  どうも、女のドロドロしたのに弱いみたいねえ・・・
  墓参り行ってきた?
  お母さんから、掃除しようとか言われたんやろ?
  やっぱり親の愛情やわ。
  なんとなくわかったんやと思うで。
  ご先祖さん離れてみたいよ。
  だから、女のドロドロが苦手みたいやから。
  とりあえず、強引なことしとくわ・・・・・』

とかなんとかブツブツ、しきりに右肩と左肩の上辺りを交互に見ながら
つぶやくように言ってる。
そんでもってマンションの階段の踊り場で抱きつかれた。

 『ナニって?
  誰かわかってるでしょ?
  そんなこんながいっぱい呼びよせるみたいやねえ。
  もしかして、店の女の子に手出した?
  してない?絶対?
  けど心あたりあるでしょ?
  その子には絶対近づいたらアカンよ!
  しょうがないんやけどねえ、このテの商売してる子は・・・
  私もしてたから、あんまり言われへんけど。
  騙して自分だけにって考えてしまうから、しょうないわ。
  しんどい仕事やからねえ。
  それにしても、アンタの場合もらいすぎ!
  えっ!仕事やめた?
  よかったね!
  これで徐々に良くなるって!
  大殺界?
  カンケーないわ、あんたの場合。
  一時は、後ついでくれたらとか思われてたのにねえ・・・
  キレイな縁の切れ方なんかあるわけないないやん!
  もう気にせんでもええから。
  最初からわかってたことやから、もう大丈夫。
  ちょうど、明日京都の先生のとこ行くとこやったから。
  お寺行って、このもやもや処分してくるから。』


何だかワケのわからんまま、別れた。
しばらくして両肩がズシーンときた。
”あれ!?一体ナニこれ????”
と思った瞬間、体が軽くなって左肩が筋肉痛の痛み・・・・

とにかくラクになれた。

category: 世にも不思議なラブストーリー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。