01/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28./03

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

お休み中・・・・ 


2011.08.14
Sun
13:11

やっぱり急には無理だったな・・・・
何が?
何もかも!

”意識的に参考資料を集めていかないと、経験値はどんどん狭くて浅いものになっていきます。”
先日、見たビデオのセミナーのお話。

先日、ネットで偶然にみつけた幼馴染。
高校から離れ離れになってしまってから、一度会ったきり。
起業してた・・・・・・・・

いつもワタシの2歩くらい前にいる。
ワタシが人生の放浪のたびを始めた10数年前に、
ちゃんと自分の道を着々と歩き続けている。
少しばかりくやしいが、誇らしくもある。

彼のことを思い出せば、楽しかった子供時代の思い出が
かなり濃厚によみがえってきた。
かなり楽しかった時間ばかり・・・・・・・・・・・・

その人の人生の価値が、どれほどのものなのか計る基準があるのかわからないが
彼と過ごした時間は、ワタシにとっていい思い出ばかりである。
ワタシの人生がいいものだと思える、そんな時間を一緒に過ごせている。

東京で自分の事業を続けている彼に、直接会って元気付けられた
お礼でも言いたいのだが・・・・・・・・
他人を見てどう感じるのかは、勝手なお話だが、
今、マットウな感覚に戻れて、何かになりたいとかなり強く思っている今
彼の存在は相当に励みになりそうだ。

もう連絡もとるすべもないが、子供の頃遊びに行った家はそのままだろうか・・・
お母さんは明るくて聡明に見えたな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もしかしたら、今にも会社はつぶれそう?
イヤ、リクルートの新卒エントリーに掲載してるくらいだから
それ相当の利益は出してるにちがいない。
べつにこのままでもかまわない。

たぶん、トモダチってそういうもんだろうと思うから。

スポンサーサイト

category: あの日からの便り

thread: ひとりごと

janre: 日記

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

誕生日・・・ 


2009.06.03
Wed
03:52

誕生日おめでとう。
それともう一つ、オメデトウなのかな?
元気でやってますか?
ボクの方は・・・やっとホントに元気になれたようです。
2年前に
『崖っぷちまで来て落ちかかってたんやから、そうカンタンじゃないよ!』
と言われたのはホントのことでした。
ほんの些細なバランスだけのような気もします。
ようやくボクは、おそらく来ることはない未来のために
後生大事にとっていたモノの整理がつき始めました。
人間はやっぱり弱いものなのか、自分が思っていたほど強くなかった
それだけなのか、今はそんなことさえどうでもいいやん?
て思うほどに素に戻れたし、
眠れない夜にも目覚めの悪い朝にも
日光を浴びれない休日にも悩まされることもなくなりました。
ようやく人生を取り戻せたのかもしれませんね・・・

キミの嫌いだった人たちのことは、
やっぱりボクも嫌いです。
笑ってしまう話ですが、ハッキリと自覚できるようになりました。
でも、今は平気になりました。
何かを言われても、笑っておだやかにやり過ごせています。
よくあたる預言者の人が言ったように
ボクは今ようやく、”一人の不安定さ”を楽しんでいます。
誰の考えにもどんな価値観にも惑わされず
自分の感覚をホントに信じて、その感覚を楽しめるまでになりました。
時として、変わらない現実に苛立つこともありますが
目標がはっきりしてる今は、試されてるこの時間を
冷静にきちんと分析できています。

あれからいろんな人がやってきては去っていき、
少しは風景も変わりました。
絡みついてくる煩わしさとの距離の置き方も覚え、
目の前の現実に、舌打ちすることもなくうまく対処して
どうにかこうにかやっています。

いろいろアドバイスをくれた占い師や預言者ともご無沙汰になってしまったのは
少なくとも今は必要ないし、迷いもないということです。
世相がこんなに悪くても、不思議と根拠のない自信が今支えになっています。

キミの方はどうでしょうか?
暗闇の中で、自分の過去から突然襲われても
もう大丈夫でしょうか・・・
この仕事の多くの人がしようとして悩まされるように
消したい過去の数々と向かい合って、
自分のやってきたことを誰かのせいにして
泣き叫ぶことはないでしょうか・・・
願わくば、静かな時間の中で穏やかに暮らしているならいいのですが・・・

世の中のせいにするつもりはありませんが、
ボクのほうは思ったより時間がかかりましたが、
それはたぶん、まだその時になっていないっていうことなんだろうと
考えられるようになりました。
過去10年間のデータの入った携帯をなくしたのも
何かを教えてくれてることなのかとも思います。

それではお元気で。
何か祝いの歌でもアップしようかと思いますが適当なのが思いつきません。
せめてこれくらいかな?
でも、キミは知らないでしょう・・・けどいい歌です。

甲斐バンド ”あの日からの便り7月の便り)”】

category: あの日からの便り

tag: 甲斐バンド  あの日からの便り  7月の便り 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

風俗業に関する考察・・・その5 


2008.04.20
Sun
23:18

日本風俗業大全―欲望の半世紀日本風俗業大全―欲望の半世紀
(2003/10)
現代風俗研究所

商品詳細を見る




この仕事でよく見かけること・・・
それは、自分を見失ってる女の子・・・
少なからずあります。
真剣に相談にのってるとひきこまれます。

お客に気持ちをもっていかれてるようです。
ほぼ間違いなく、本番してる子たちです。
たぶん、ナマで・・・
フロントスタッフとして悲しい限りですが、事実です。

ナマでしちゃうと何で自分を見失うのか?

やっぱりたぶん、心と体って一つだからじゃないでしょうか。
生でしたらみんな持ってかれるか?
持ってかれないようにするには、支えを持つか開き直るか・・・
開きなおった女は、ホントにたちが悪い。
本来、理屈が通じない女が開き直るんだから、なおのこと理屈が通じない・・・
そして擦り切れていきます。

精一杯体はってお金もうけしてるけど、擦り切れていきます。
立ち直る子もいますが、少しいやかなり時間がかかるようです。


やっぱり、欲望を肯定し続けるってできないことなんでしょう。

”セックス”
人間のこの偉大なるも愚かな営みを日々の生業にしてしまった人間が背負うべき
”カルマ”なんでしょう。
信仰心はありませんが、心のよりどころがやっぱりボクにも必要みたいです。


『堕落しきってしまうほどに、人間は強くない』 坂口安吾


もくもくと準備しています。
つけが、まわってきて相当に利子がついてたみたいで
なかなかに抜け出せませんが、もう少しです。
あとは・・・・・

ほとほとイやになってますが、好きの反動なんでしょうか・・・


『心で考えることと、頭で考えることって別々ですよ

 たぶんアナタならできると思うんですが・・・
 
 アナタの仕事ってそういうことなんでしょ?』



年末にある人から言われた言葉です。

『2~3か月じゃないですよ!

 2~3年必要ですよ。それを身につけるには。

 どうしてもイヤなら辞めるのもいいでしょうけど・・・

 たぶん、アナタの周りはすごく困るんじゃないですか?』



たかだか占い師の言葉に左右されるなんて・・・
けれど、それだけ弱くなってるってことなんでしょう。
その弱さも素直に受け入れてみよう・・・


それにしても、この肩のコリと痛みにはマイリマス・・・
やっぱり”平常心”にはまだ少し時間が必要かも・・・


『人にしてきたことは、そう簡単には消えるもんじゃない。

 暗闇でじっとお前を待ち構えるだろう。

 オレの仕事は、終わりのないドブさらいみたいなもんだ。』



過去はやっぱりなかなか消せないかも・・・



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ人気ブログランキング人気ブログランキング【ブログの殿堂】

category: あの日からの便り

thread: 日々のつれづれ

janre: 日記

tag: 坂口安吾 
trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

具体的に思い描き、そして行動するということ 


2008.03.02
Sun
04:48

HTMLとスタイルシートによる最新Webサイト作成術―ホームページでなにを伝える?どう作る?HTMLとスタイルシートによる最新Webサイト作成術―ホームページでなにを伝える?どう作る?
(2002/12)
不明

商品詳細を見る


”思い描く”・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
頭の中で想像することです。
できる限り具体的に、細部にわたって、突き詰めて考える・・・


けれどそれだけでは変わりません。
けれど、失敗はもう許されません。
人生の半分以上過ぎています。
シュミレーションは終わりました。


実は少し不安でした・・・・・・・・
何が?
もうホントに大丈夫なのか?
心はくじけないだろうか?
自分の弱さを、イヤというほど思い知らされました。
生きることって、けっこう悲しかったり、辛かったりするんだと
知ってはいたものの、久しぶりに身につまされました。

失敗をおそれないことと、失敗しても許されることとは
違います、絶対に・・・
2000本安打の達成前に、イチロー選手は
『打てなくてもいいじゃない?』と気休めを言った夫人に
『それは、達成できなかった時に、他人に言ってもらうことだ!』
と一喝したそうです。

失敗してもいいじゃない?
成功には、やはり成功の方程式があると思います。
気迫でかなりのことを越えていけそうな気もします。

とにかく今、冷静に状況が見えているようなので、大丈夫です。


にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ人気ブログランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

category: あの日からの便り

thread: 頑張れ自分。

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

少し疲れてますが・・・・・・・・・・・・・・ 


2008.02.29
Fri
22:42

明日に向って走れ(紙ジャケット仕様)明日に向って走れ(紙ジャケット仕様)
(2006/04/05)
吉田拓郎

商品詳細を見る



冷静にこれまでのことを、振り返っています。
少し疲れることもあります。
まだまだ、これから!と自分に言い聞かせながらも
人生の半分過ぎてることに、とまどいと不安が隠せません。
果たして本当にうまく進めるのか・・・

いつ死んでもいいようにとか、後悔しないようにとか
言葉だけが空回りしてないかと、振り返っています。
このブログで、励ましてくださった方、黙って見守ってアクセスいただいてる方
有難うございます。

今日は少し疲れたみたいですが、大丈夫です。
もう、前向いてますから・・・・・・・・・・・・・・・・・


                    明日の前に

             どれだけ歩いたのか 覚えていません
             気づいた時は 風の中
             涙がひとしずく 頬をつたう頃
             淋しい夜だけが むかえに来ました

                  あ~あ人生は 流れ星
                  いつ果てるともなく さまようだけです


             色んな言葉に まどわされました
             枯れ葉の舞う音も 覚えています
             一人でいてさえも 悲しい町で
             愛を見つけても 言葉がないんです

                  あ~あ人生は 一人芝居
                  いつ終わるともなく 続けるだけです


             貧しい心で生きてみます
             こわれた夢も抱きしめて
             傷つけあうよりも たしかめあって
             やさしい鳥になり 空へむかいます

                   あ~あ人生は はぐれ雲
                   いつ消えるともなく 流れて行きます


             時には自分をふりかえります
             話しかけます 涙のままで
             あふれる悲しみを笑いに変えて
             さすらう心根を 歌にたくして

                   ああ人生は めぐりめぐる
                   いつ安らぐのかも夢の彼方へ

                                            吉田拓郎


にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ人気ブログランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

category: あの日からの便り

thread: 頑張れ自分。

janre: 日記

tag: 吉田拓郎  明日の前に 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

生と死・・・精と子・・・性と飼??? 


2008.02.17
Sun
18:23

異人たちとの夏 異人たちとの夏
風間杜夫、秋吉久美子 他 (2008/01/30)
松竹ホームビデオ

この商品の詳細を見る


あの夏は一体なんだったんだろうか・・・
死ぬことが、あんなに近くに感じたことは初めての経験だった。
決して恐ろしいものではなかった。
まさに、”異人たちとの夏”でした。

感じていたことは、
すぐそこのドアの向こうにあるような・・・
あと数時間でやってくるような・・・
不思議と落ち着いた妙な穏やかさ・・・
これまでのことを悔やみきれないわけでもない・・・
『もう、終わりにしても構わないかな?・・・』
決して絶望してたわけでもなし
疲れ果ててしまったわけでもなし
ふと、不意に目の前に、優しく現れた”死”・・・
心の中には間違いなく、7年前に死んだはずの彼女がいた・・・
どうしようもなく激しく揺れ動いた嫉妬心・・・
制御できないミョ-な動揺・・・
それでも、平気で笑顔をつくれる精神的な器用さ・・・
彼女の顔は見れなかったものの、おそらく生きてた頃と同じく
優しく、クシャクシャな笑顔で微笑んでくれていたはずです。
優しく手をとって誘ってくれていたような、そんな気がします。
ホントにもう、終わりにしてもいいと間違いなく思っていました。
かなり確信的にはっきりと・・・けれど穏やかに。
そして秋が深まる頃、彼女は間違いなく僕の心の中から出て行きました。
二度目のサヨナラは、穏やかに受け入れることができました。
それでも、少しだけ傷が残ったような・・・


そもそも、生と死って反対語なのかな?
本来はもっと自然につながってるような、そんなものじゃないのかな?
それじゃ、何で死にたくないのかな?
戻ってこれないから・・・
ムコウ側に何があるかわからないから・・・
もうコンタクトとれなくなるから・・・
まだやりたいことがあるから・・・


何だかよくわかりませんが、今はっきり言えるのは、
今日家に帰って、彼女が迎えに来てても、部屋にはもう入れないということ。
完璧とは言えないまでも自分をコントロールできてる安心感、
頬にあたる心地よい冷たい風は、胸の奥までは届いてきません。
100点満点ではないにしろ、日々生きてる実感を確かめています。

後悔しない人生なんて、たぶんないでしょう。
おそらく誰もが、まだ”使っていない人生”を持ってるはずです。
今年こそは!と少しづつ行動にうつしています。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

category: あの日からの便り

thread: 頑張れ自分。

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

久しぶりに ”あの日からの便り”・・・ 


2008.02.17
Sun
05:14

手相診断―吉凶サインは手から読みとれ! (カラー版開運ブックス)手相診断―吉凶サインは手から読みとれ! (カラー版開運ブックス)
(1998/12)
浅野 八郎

商品詳細を見る


朝っぱらから、着信アリ・・・
誰かと思えば、夏に激しい突然のウツで、相談した手相占いができる女の子から。
あんまり話す気にもなれなかったから、夕方までほったらかしておきました。

『そろそろ水晶玉返してほしい。
 今月、アンタ誕生月やから、だいぶ戻ってるはずやろ?』

そう言えば、2月27日は4○才の誕生日。
もううれしくも何ともないけど、誕生月って運勢があがってるらしい。

すっかり忘れてて、水晶玉もほこりかぶってた、そう言えば・・・

『あ、まだ気にしてくれてた?
 もう、ホンマに大丈夫やから!』と、明るく答えはしたけど、

『アンタ、ホンマにわかってる!?
 死んでてもおかしくなかったんよ!
 しかも自殺しかけてたんよ!!!
 まあ、ええわ。私のこと忘れかけてたくらい元気になってるんやろうし・・・
 とりあえず、大事なモンやから、ちゃんとしまっといてや!』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうだった・・・
死ぬことが、モノスゴク身近にあった夏だったんだ・・・

このブログで、いろいろ励ましてくださった皆さん、ありがとうございました。
ホントに素直にお礼を言います。

”喉元過ぎれば”と言いますが、今月こんなに寒くて大阪には珍しい積雪があったというのに
体はすこぶる元気です。
元気になったというよりも、自分自身の肉体的な感触やら感覚やら
精神的な思考回路みたいなものが、はっきり自覚できています。
自分を取り戻せているような気がします。


思えば、自分への思い込みもかなりあったような・・・
そのことに以外な人たちから気づかされた半年あまりでした。


夏が大好きだったのですが、夏には私の運気が大きく下がるらしい。
一つのことを時間をかけてキチンとやり通したいと思っていたけど、飽き症らしい。
何かを身につければ、もうすぐに別のことに気がいくことは確か・・・
平気でこれまでのものを、放り出して一から新しいことを始めたがるらしい。
あんなにイヤな思いで辞めたはずの広告業界だったのですが、かなり向いてたらしい。
女の商売は向いてないと思ってたのに、一番ピッタリなのは
芸能プロダクションのマネージメントで、裏方でしっかりお金の計算ができるらしい。

この2年くらいが勝負で、心と頭ではキチンと別の計算ができるようになれるかどうかが
一生を左右するらしい・・・

自分では自分のことをわかってるつもりでも、違うことってやっぱりかなりあるようです。



久しぶりにユウへ

どうしていますか?
年内にすべて片付けるつもりでしたがずいぶんと都合が変わってしまいました。
けれど、確実にボクは今、自分自身を取り戻している感覚を自覚しています。
『自分自身との葛藤』は、まだ続いていますか?
キミの笑顔が全く気にならないといえばウソになりますが、
ボクの心は回復したようです。
年末に、ある人から言われた ”心と頭をきちんと分けて考える”トレーニングを
日々積んでいます。
キミの噂話も途切れています。どうせそんなもんでしょう・・・
今さら野暮なことは、もう言うつもりもありませんが、
連絡がなくても、キミが元気になっていてくれたら、ホントに素直にうれしいです。

ちょうどこんな心境です。
”キミの欲しいものは 何ですか?
 ボクがあの夏の日に欲しかったものは、一体何だったんだろうか・・・”

吉田拓郎 ”流星”】



にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

category: あの日からの便り

thread: 頑張れ自分。

janre: 日記

tag: 吉田拓郎  流星 
trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

”あの日からの便り”ユウへ8 


2007.10.28
Sun
21:46

甲斐バンド 暁の終列車

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

このブログを始める時、もはやこうなるとは思いもしませんでした。
この夏ケッコウ、苦しい恋をしてしまいました。
こんな仕事してながらも人間だからと言わせてください。
これでも一生懸命ですから・・・
同業の子たちとのリンクも増やしたので、
みんなで応援して上げてください。


んで、わかったこと、思い出したこと・・・

私の青春は ”甲斐バンド的な思い”で過ごしていたということ、
そして ”吉田拓郎的な思い”へ憧れていたということ。

やはり、いくつになっても、切なくて寂しくて
胸がしめつけられて苦しいものなのである。
その苦しさから序々に開放されつつある今、
ほのぼのと思い出しています・・・


  ”激しさが色あせても、優しさだけ抱きしめて
   そうさ お前はおんなだからね
   ああ またあの悲しみを おきざりにしたまま”

  【よしだたくろう ”おきざりにした悲しみ”】


人間は、やはりそうは変わらないものでした。
仕事を変わって、大切な人を亡くし
また別の大切に思えたものも失くし
また違う生き方を考えようとしてる今・・・
そう変われるものでもなかった・・・


 ”こころ傷つき疲れ果てた人が降りるという駅で
  愛も思いもはぎとられ 残骸のように立ってた
  LAST TRAIN 突き抜ける風が 俺の心を凍らせ
  LAST TRAIN 燃え上がるように、暁の中 走り出す”

  【甲斐バンド ”暁の終列車”】

よく聞くと甲斐バンドの曲の歌詞は、かなり女々しい・・・
ほとんどが、”傷ついたこのオレの心!”の世界ばかり。
大人になった時、あんまり聞かなくなってしまったのは
オシゴトの忙しさに忙殺されてしまったかららしい・・・

けどケッコウ本気で女を好きになった時思い出させてくれました。
落ち着いてきたいま、感謝します。

いい女と
いい音楽との出会いに・・・


ユウへ

キミの言う通りです。
ボクの方もそんなに変わっていませんでした。
変わったのは、キミの姓と源氏名くらいです。
だから、キミも思った通りに生きてください。
ボクは、今考えてることを始めるのに
もう少し時間がかかりそうです。
”最後の夜汽車”に乗る準備をしていますが
暁の終列車”になりそうです。

category: あの日からの便り

thread: 大切な人。

janre: 恋愛

tag: 暁の終列車    おきざりにした悲しみ  甲斐バンド  吉田拓郎 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”あの日からの便り”ユウへ5・・・荒野をくだって・・・ 


2007.10.18
Thu
23:13

甲斐バンド 虜 荒野をくだって

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

ユウへ

どうしていますか?
まだ、そんなに時間はたっていないのに、だいぶラクになりました。
なんて言うと、ちょっとガッカリするかな?
やはり、時間と距離は大切ですね・・・
明日目覚めると、もう少しラクになっていくような気もします。

キミの方はどうですか?
最後に会った日の かたくなさが少し気にはなりますが、
いつもの笑顔は戻っているでしょうか・・・


『自分に自信がもてない・・・』


何度もキミはそう言いましたね。
自分に自信がある人間なんて、そういるものでもない、
特に大人になれば、なるほど・・・
ボクは今でもそう思います。
きっと誰もがそうに違いないと思います。
もしかしたら、それは時間から来る何かへの
”あきらめ”なのか、”わりきり”なのか・・・
それとも、年をとることで”達観”したのか?

時間が流れて行く中で、何だかキミの気持ちも
遠くなっていく気がしますが、それはそれで
受け止めていきます。
ボクの気持ちも、たぶんキミから遠ざかっていくことと思います。
けれど、キミの笑顔は、
ホントにボクの支えになってくれていました。
そのことは、忘れずにいてくださいね。

あまりにも久しく忘れていた感覚を、
思いもかけずキミが思い起こしてくれました。
そのことは、ホントに感謝しています。

『こんなにも気持ちが揺れたっけ・・・
 こんなにも胸が痛かったかな・・・
 こんなにもつらかったかな・・・』

もう少したてば、もう少し冷静に思い起こすことになるでしょう・・・
ボクの中で、波が静まっていくように
キミの気持ちもラクになっていることを祈ります。
明日目覚める時、キミの笑顔がもどっていれば
いつものように・・・
ボクの胸をつらくしめつけた、
無理矢理にかたく抱きしめた
寂しげな顔じゃないことを祈っています

もうすぐ、あと何楽章かで 
”ラスト・ワルツ”が始まりそうです・・・

-- 続きを読む --

category: あの日からの便り

thread: 大切な人。

janre: 恋愛

tag: 甲斐バンド  荒野をくだって 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

”あの日からの便り”ユウへ3 


2007.10.16
Tue
22:39

甲斐バンド ブルーレター あの日からのたより

にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

ユウへ

傷の具合は、どうですか?
あの人は、きちんとキミを受け止めてくれていますか?
仕事時間が終わりに近づくと、携帯を見てしまう癖はまだ続いてるけど
ボクの方はかなり ラクになってきています。

『こんなこと、いつまで続ける気?』
きっとキミはそう思ってるでしょうが、今のところ
『思いが尽き果てるまで・・・』とだけ伝えておきます。

仕事は、毎日ですか?
ビルとビルに囲まれた四角い空に流れる雲は
少し薄寒さも感じてしまうようになりましたが
ボクのほうは車の移動が相変わらず続きます。
キミはこの空を見てるのでしょうか・・・

言ってたように、こんなこと早く終わらせるつもりです。
その時、キミの笑顔があの頃のように戻っていて
はしゃいでくれたらと思っています・・・
今は・・・
わかりません・・・
ただ、ずっと変わらずキミの見方です。
そのことだけは、胸を張って言います。

激しさは日に日に色あせていきますが、
優しい気持ちはまだ抱いています。
キミの笑顔の魅力と感情の伝染はかわることがないでしょうから・・・

傷が癒えないなら、連絡ください。
最後に行ったあの店を覚えていますか?
あそこでもいいです。


『今でも、やっぱり一番好きになった人みたいだから・・・
 これでよかったのかな・・・・・・・・・・・・・・・・』


やっぱり、キミの言葉は今でも痛いです。
キミが好きになった人だから、それに値しない男じゃないとは
言いません。
でも、これ以上傷つくのだけは、やめてください・・・

今はそれだけです。

いつでも、連絡ください。
-- 続きを読む --

category: あの日からの便り

thread: 胸が苦しくて、

janre: 恋愛

tag: 甲斐バンド  あの日からの便り  BLUE  LETTER 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。