07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

今また・・・ 


2010.07.07
Wed
01:20

耐えて耐えて、
ガマンして
何かにならなければならない時があるようだ。

今がその時???

やってることと、その結果のギャップか?
いや決してそうではない。
次のステップに上がるべきそのプロセスとして
避けて通れないときなのだと思う。
本気でそう思える。

だから今は?

そうガマンの時なのだ。
勝ち組でも負け組でもない・・・
そう、”栄光への道”と信じよう。


スポンサーサイト

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: つぶやき

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”今夜、髪をアップに結い、アトランティック・シティで待っていてくれ・・・” 


2009.03.26
Thu
16:39

ネブラスカ(紙ジャケット仕様)ネブラスカ(紙ジャケット仕様)
(2005/06/22)
ブルース・スプリングスティーン

商品詳細を見る



もうずいぶんたつ。
決心してからずいぶん・・・
早く
もっと早く
もう待ちきれない・・・
一日も早く行かなけりゃ。

運も尽きて、愛も冷めて、そして・・・
それでも行かなくちゃ・・・


ブルース・スプリングスティーン  ”アトランティック・シティ” 】

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: つぶやき

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  アトランティック・シティ 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

今日のところは、まあひとつご陽気に!!! 


2007.12.02
Sun
20:21

ブルース・スプリングスティーン
にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 恋愛ブログへ

もうあと一歩というところかな・・・
なかなかに、遠い道のりでした。
もう少しです。

ここで一休み、陽気に愉快にお気楽に騒ぎたい。
何だかうら寂しい気持ちも、今日は置いときましょう。
働くだけ働いたら、息抜きも大切です。
もう、この人生終わらせてやるなんて言わないから
今日のところは ご勘弁を・・・
それでは皆さん、ご陽気に!!!

Well, there she sits buddy justa gleaming in the sun
There to greet a working man when his day is done
I'm gonna pack my pa and I'm gonna pack my aunt
I'm gonna take them down to the Cadillac Ranch

Eldorado fins, whitewalls and skirts
Rides just like a little bit of heaven here on earth
Well buddy when I die throw my body in the back
And drive me to the junkyard in my Cadillac

Cadillac, Cadillac , long and dark, shiny and black
Open up your engines let 'em roar
Tearing up the highway like a big old dinosaur

James Dean in that Mercury '49
Junior Johnson runnin' thru the woods of Caroline
Even Burt Reynolds in that black Trans-Am
All gonna meet down at the Cadillac Ranch

Cadillac, Cadillac , long and dark, shiny and black
Open up them engines let 'em roar
Tearing up the highway like a big old dinosaur

Hey, little girlie in the blue jeans so tight
Drivin' alone through the Wisconsin night
You're my last love baby you're my last chance
Don't let 'em take me to the Cadillac Ranch

Cadillac, Cadillac , long and dark, shiny and black
Pulled up to my house today!

ブルース・スプリングスティーン ”キャディラック・ランチ”】


ほら 太陽の下で輝いてるだろう 仕事を終えた男を待ちながらね
親父をのせて おばさんものせて キャディラック・ランチに行くのさ

エルドラドの尾翼 ホワイトウォールタイヤにボディーサイド
この世の天国みたいな乗り心地さ
オレが死んだら バックシートに放り込んで
このキャディラックでジャンクヤードに連れてってくれよな

キャディラック キャディラック 長くて渋くて黒光りしてるぜ
エンジン全開 轟音をとどろかせて
まるで古代の恐竜みたいに ハイウェイをぶっとばすのさ

49年型マーキュリーにのった ジェームス・ディーン
カロライナの森を走り抜ける ジュニア・ジョンソン
黒いトランザムにのった バート・レイノルズさえも
みんなキャディラック・ランチで会うんだ

キャディラック キャディラック 長くて渋くて黒光りしてるぜ
エンジン全開 轟音をとどろかせて
まるで古代の恐竜みたいに ハイウェイをぶっとばすのさ

タイトなブルージーンズのいかしたあの娘
ウィスコンシンの夜を一人で運転してる
あんたはオレの最後の恋人 最後の望みさ
まだまだキャディラック・ランチには行きたくないんだ

キャディラック キャディラック 長くて渋くて黒光りしてるぜ
今日オレの家にやってきて オレのあの娘を連れてっちまったのさ
-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: 頑張れ自分。

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  キャディラック・ランチ 
trackback(0) | comment(4) | 記事編集

go page top

少しラクになってきたかな・・・・・・・・・ 


2007.11.26
Mon
17:13

ブルース・スプリングスティーン
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ

『人間の運勢って1週間で変えられるよ!』

土曜日久しぶりに女の子と飲みにいった。
オトモダチです。(誰に言い訳してんのかな????)

手相がある程度診られるらしいのですが
私モックンモーガンフィールドは
『一本気 単純 自分のみ 自分に自信あり
 情には薄くけっこうドライ きっちり積み上げ形
 人に左右されることはあんまりない』
良いようで悪いようで、何だかな・・・
と思いながらも結局自分で思ったことを通してしまうでしょう???

1週間ごとというのは当たってるようです。
昨日からすこぶる気分がいい。
先週の自分にサヨナラできそうな月曜日です

”オレはこの街から出て行くよ 勝利者となるために!”

ブルース・スプリングスティーン ”涙のサンダー・ロード”】


The screen door slams Mary's dress waves
Like a vision she dances across the porch as the radio plays
Roy Orbison singing for the lonely hey that's me and I want you only
Don't turn me home again ,I just can't face myself alone again
Don't run back inside darling you know just what I'm here for
So you're scared and you're thinkingthat maybe we ain't that young anymore
Show a little faith, there's magic in the night
You ain't a beauty, but hey you're alright
Oh and that's alright with me

You can hide 'neath your covers and study your pain
Make crosses from your lovers throw roses in the rain
Waste your summer praying in vainfor a savior to rise from these streets
Well now I'm no hero that's understood
All the redemption I can offer, girl is beneath this dirty hood
With a chance to make it good somehow hey what else can we do now
Except roll down the window and let the wind blow back your hair
Well the night's busting open
These two lanes will take us anywhere
We got one last chance to make it real
To trade in these wings on some wheels
Climb in back heaven's waiting DOWN ON the tracks
Oh oh come take my hand
Riding out tonight to case the promised land
Oh oh Thunder Road, oh Thunder Road oh Thunder Road
Lying out there like a killer in the sun
Hey I know it's late we can make it if we run
Oh Thunder Road, sit tight take hold Thunder Road

Well I got this guitar and I learned how to make it talk
And my car's out back if you're ready to take that long walk
From your front porch to my front seat
The door's open but the ride it ain't free
And I know you're lonely for words that I ain't spoken
But tonight we'll be free all the promises'll be broken
There were ghosts in the eyes of all the boys you sent away
They haunt this dusty beach road
In the skeleton frames of burned out Chevrolets

They scream your name at night in the street
Your graduation gown lies in rags at their feet
And in the lonely cool before dawn
You hear their engines roaring on
But when you get to the porch they're gone
On the wind, so Mary climb in
It's a town full of losers
And I'm pulling out of here to win


納戸がばたつき マリーのドレスが揺れる
ラジオが鳴ると 彼女は幻のようにポーチを踊りぬける
孤独な者のために歌う ロイ・オービソン
ヘイ!それはオレだ そして欲しいのは君だけだ
オレを家に追い返さないでくれよ
なんでここにいるのか知ってるだろ?
だから 君は怖がって もうオレ達は若くないなんて考えてる
もう少しだけ誠実なところを見せてくれよ
夜にはマジックがあるんだ
君は美人じゃないけどとっても素敵さ オレには申し分なしさ!

君は隠れ家に閉じこもって 
自分の痛みについて考えることもできる
恋人たちから十字架をつくりだすことも
雨の中へバラを放り出すことも
救世主がこの通りで起き上がるのを待ちながら むなしく祈って夏を
ムダに過ごしてしまうことも・・・
オレはもうヒーローじゃない もうみんな知ってることさ
オレに償えるものはみんなこの薄汚れたフードの下にあるさ
どうにか今より良くできるかもしれないチャンスといっしょにね

窓からころがり落ちて
風に君の髪をなびかせる以外に他にできることはあるかい?
夜が破裂して 口を開けている
この二つの車線は オレ達をどこへでも連れて行ってくれるさ
車で取引して 翼を手に入れる 現実の物にする最後のチャンスさ
後ろに乗り込みなよ
天国がこの道の先に待っている
こっちへきて オレの手をとりなよ
約束の大地をつかまえに 夜へ乗り出そう
サンダー・ロード! サンダー・ロード
太陽の中の殺人者のようにそこに横になり
もう遅いけど 走ればまにあうさ!

オレはこのギターを手に入れて
どうやってしゃべらせるかわかってきた
オレの車は人里離れたところにある
もし君が 自分の家からオレの車のフロントドアまでの 
長旅の準備ができてるなら ドアは開けておくよ
けど自由には 乗れないよ

オレが言い出せなかった大切な言葉 そのせいで
君が孤独を感じてるのはわかってるよ
けれど 今夜オレ達は自由さ!
すべての約束は破られ 
君が追い払った男たちの目には亡霊が写っている
それは このホコリまみれの海岸道路の
燃え尽きたシボレーの骸骨の中に現れては消え去る
そいつらは 夜道 君の名前を叫ぶ
君の卒業式のガウンはそいつの足元でボロボロになっている
そして夜明け前の孤独な冷気のなかで
君はそいつらのエンジンの轟きを聞くだろう

けれど そいつらが行っちまった後のポーチにたどりつき
マリーがそこに入り込むとき
そこは 敗北者に埋もれた街さ
そしてオレは勝利を手にするためにここを出てゆくよ!

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: 頑張れ自分。

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  サンダー・ロード 
trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

”裏通りに身をかくしながら”生きていくのか・・・ 


2007.11.23
Fri
20:25

ブルース・スプリングスティーン

にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ
それだけは避けたかったのに
そうならないようにだけ
だからそう言ったじゃないか・・・
何のために今まで・・・

思い浮かぶ様々な後悔の言葉

恨み つらみ 妬み嫉妬 怒り 絶望

それでもやってくる明日

どう向かい合おうか

投げ出すか 逃げ出すか あきらめるか

音をたてそうな哀れな心

慰めも癒しもなく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブルース・スプリングスティーン ”裏通り”】

One soft infested summer me and Terry became friends
Trying in vain to breathe the fire we was born in
Catching rides to the outskirts tying faith between our teeth
Sleeping in that old abandoned beach house getting wasted in the heat
And hiding on the backstreets, hiding on the backstreets
With a love so hard and filled with defeat
Running for our lives at night on them backstreets

Slow dancing in the dark on the beach at Stockton's Wing
Where desperate lovers park we sat with the last of the Duke Street Kings
Huddled in our cars waiting for the bells that ring
In the deep heart of the night to set us loose from everything
to go running on the backstreets, running on the backstreets
We swore we'd live forever on the backstreets we take it together

Endless juke joints and Valentino drag where dancers scraped the tears
Up off the street dressed down in rags running into the darkness
Some hurt bad some really dying at night sometimes it seemed
You could hear the whole damn city crying blame it on the lies that killed us
Blame it on the truth that ran us down you can blame it all on me Terry
It don't matter to me now when the breakdown hit at midnight
There was nothing left to say but I hated him and I hated you when you went away

Laying here in the dark you're like an angel on my chest
Just another tramp of hearts crying tears of faithlessness
Remember all the movies, Terry, we'd go see
Trying to learn how to walk like heroes we thought we had to be
And after all this time to find we're just like all the rest
Stranded in the park and forced to confess
To hiding on the backstreets, hiding on the backstreets
We swore forever friends on the backstreets until the end
Hiding on the backstreets, hiding on the backstreets

Bruce Springsteen

ある荒れた静かな夏 オレとテリーは友達になった
オレ達は生まれてきた炎の中 息をしようとむなしい努力を重ね
街はずれまで乗っけてくれる車をつかまえ
互いの歯と歯を信頼で結びつけ 
誰も住まない あの古ぼけたビーチハウスで眠り
熱の中 消耗し 裏通りに身をかくし 裏通りに身をかくし
つらい愛と挫折に満たされながら 夜の裏通りをかけぬけた

命がけの恋人たちが車をとめる
ストックトンズ・ウィングの浜で 闇の中でゆっくり踊り
オレ達はデューク街の最後の王様と一緒に 車の中にすわりこんだ
夜の奥深い中心で鳴るベルの音を待ちながら オレ達は全てを放して
裏通りを走らせてやった 裏通りを走らせてやった
テリー 君はオレ達が永遠に生きてゆくと誓った
あの裏通りで 一緒に耐えながら

有名なダンサー達が ボロをまとい
街路を離れて 涙をかきおとす
終わりのないジュークボックスのある店とヴァレンティノ・ドラッグ
闇へ走りこみ ある者はひどく傷ついて ある者は死にかけてる
夜 君には街全体のひどい泣き声が聞こえてるようだった
オレ達を殺したウソのせいさ
オレ達をダメにした真実のせいさ
全部オレのせいにしてもいいさ テリー
真夜中絶望に襲われても全然気にしちゃいないさ 
もう言うことは 何もない
でも 君が行ってしまった時 彼を憎んだ 君を憎んだ

真夜中こうして横になってると 君はオレにおりたった天使のようさ
テリー オレたちが見にいった映画を全部覚えてるよ
まるでかつてのオレ達のヒーローの歩き方をまねようとした
でも全てが終わってみると オレ達は他の誰ともちがわないとわかった
公園を大股で闊歩し 告白を強いられ
裏通りに身をかくし 裏通りに身をかくし
オレ達は 永遠に友達でいようと誓った
裏通りに身をかくし
裏通りに身をかくし
裏通りに一緒に身をかくして生きていこうと・・・・
-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: それなりにがんばってんだよ

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  裏通り 
trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

"辛い一日の終わりに、信じる理由”をさがそう・・・ 


2007.11.22
Thu
21:53

ブルース・スプリングスティーン
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ

希望というのは、
『そうであるから』持つものではなく
『そうであるにもかかわらず』持ち続けるもの
なのだそうです。

ヤバイかな・・・・・
またちょっと ウツの気配が・・・・・
『こんな、クソったれで生きる価値のない人生』なんか
とっとと終わらせてケリをつけてやる!
なんて思いながら、今日も終わります。
生きるに値しないクソったれの人生です・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブルース・スプリングスティーン ”生きる理由”】


Seen a man standin' over a dead dog lyin' by the highway in a ditch
He's lookin' down kinda puzzled pokin' that dog with a stick
Got his car door flung open he's standin' out on highway 31
Like if he stood there long enough that dog'd get up and run
Struck me kinda funny seem kinda funny sir to me
Still at the end of every hard earned day people find some reason to believe

Now Mary Lou loved Johnny with a love mean and true
She said "Baby I'll work for you every day and bring my money home to you"
One day he up and left her and ever since that
She waits down at the end of that dirt road for young Johnny to come back
Struck me kinda funny seemed kind of funny sir to me
How at the end of every hard earned day people find some reason to believe

Take a baby to the river Kyle William they called him
Wash the baby in the water take away little Kyle's sin
In a whitewash shotgun shack an old man passes away take his body to the
graveyard and over him they pray Lord won't you tell us
tell us what does it mean
Still at the end of every hard earned day people find some reason to believe

Congregation gathers down by the riverside
Preacher stands with his Bible groom stands waitin' for his bride
Congregation gone and the sun sets behind a weepin' willow tree
Groom stands alone and watches the river rush on so effortlessly
Wonderin' where can his baby be still at the end of every hard earned day people


ハイウェイの横の溝に横たわる死んだ犬をのぞきこむ男を見た
その男は困った顔で 棒で犬をつついた
車のドアは 開いたままで 彼は31号線に立っていた
そこにずっと立っていれば 犬が起き上がり走り出すかのように

 何かがおかしい気がする 僕には・・・
 辛い一日の終わりに 人がまだ信じる理由を
 見出すことができるってことが・・・

メリー・ルーはジョニーにくびったけ
あんたのために毎日働いて稼いでくるからね!って彼女は言った
ある日 彼女は出ていった
その時以来彼女は 道端に立ってジョニーが帰ってくるのを待ってる

 何かがおかしい気がする 僕には・・・
 辛い一日の終わりに 人がまだ信じる理由を
 見出すことができるってことが・・・

赤ん坊を川へ連れていく
カイル・ウィリアムという名前だった
川の水で洗礼をほどこし 小さなカイルの罪を洗い流す
水しっくいを塗ったみすぼらしい小屋で 老人がこの世を去る
死体が墓に運ばれ 人々は遺体のかたわらで神に祈る

 お願いです どういうことか教えてください
 辛い一日の終わりに
 人はまだ信じる理由を見出そうとする

川辺に人が集まっている
牧師が聖書を持って立っている
花婿は花嫁を待っている
集まってた人々はいなくなり
夕日がシダレヤナギのむこうに沈む
花婿は一人で立ち 川が悠然と流れるのを見ている
そして花婿が一体どこにいるのか考えている

 辛い一日の終わり
 まだ人は信じる理由を見出そうとする
-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: 独り言

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  生きる理由  ネブラスカ 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

気分すぐれず・・・ 


2007.11.20
Tue
23:46

ブルース・スプリングスティーン
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ

何もかも、うまくいかない時があります。

たぶんこれは、一つの壁だろうと自分に言い聞かせています。

それにしても 今までとは少し違うような気がします。

ブルース・スプリングスティーン ”ダウンバウンド・トレイン”】


I had a job, I had a girl
I had something going mister in this world
I got laid off down at the lumber yard
Our love went bad, times got hard
Now I work down at the carwash
Where all it ever does is rain
Don't you feel like you're a rider on a downbound train

She just said "Joe I gotta go
We had it once we ain't got it any more"
She packed her bags left me behind
She bought a ticket on the Central Line
Nights as I sleep, I hear that whistle whining
I feel her kiss in the misty rain
And I feel like I'm a rider on a downbound train

Last night I heard your voice
You were crying, crying, you were so alone
You said your love had never died
You were waiting for me at home
Put on my jacket, I ran through the woods
I ran till I thought my chest would explode
There in the clearing, beyond the highway
In the moonlight, our wedding house shone
I rushed through the yard, I burst through the front door
My head pounding hard, up the stairs I climbed
The room was dark, our bed was empty
Then I heard that long whistle whine
And I dropped to my knees, hung my head and cried

Now I swing a sledge hammer on a railroad gang
Knocking down them cross ties, working in the rain
Now don't it feel like you're a rider on a downbound train


仕事もあったし 女もいた
俺には人生ってもんがあった
製材所を解雇されて
俺たちの愛情はおかしくなりはじめた
辛い時期がやってきた
今俺は洗車場で働いている ずっと雨ばかりだ
なあ、ダウンバウンド・トレインにのってるような気分がしないかい?

彼女は言った
『ジョー、私は行くわ・・・
 かつて私たちにあったはずのものは、もう無いの・・・』
彼女は荷物をまとめてオレを背にした
そしてセントラル線のチケットを手にしていた
夜眠っていると汽笛を聞いた気がする
そして奇妙な雨のなか 彼女の口づけを感じていた
なんだか ダウンバウンド・トレインにのってるような気がするよ。

昨日の夜 お前の声が聞こえた
お前はずっと一人で泣いたという
愛は終わったという
家で一人っきりでオレを待っていたという
上着を着て オレは森をかけぬけた
足がくだけそうになるまで走った
ハイウェイを越えて視界がひらけ
月明かりに照らされたオレ達の結婚の家があった
庭を駆け抜け 玄関口までかけあがった
部屋は暗く オレ達のベッドは抜け殻だった
そしてオレはむせび泣く長い汽笛を聞き
ひざまずき頭をかかえて 泣き叫んだ

今オレは 雨の中鉄道会社でハンマーをふりおろしている
なあ 何だかダウンバウンド・トレインにのってるような気がしないかい?
-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: 頑張れ自分。

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  ダウンバウンドトレイン 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

こわれた心のままでも・・・また明日 


2007.11.19
Mon
20:46

トンネル・オブ・ラブ
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ

お金でセックスしても、すっきりしません。
泣きたい夜が続いてどうしようもなくて
逃げ出したい時間が続きます。
逃げても解決しないのは、分かってるので
逃げたりしません。

新たな希望が見つかるまでは・・・

”予備部品とこわれた心が、世界を動かしている”

ブルース・スプリングスティーン ”スペアパーツ”】


Bobby said he'd pull out Bobby stayed in
Janey had a baby it wasn't any sin
They were set to marry on a summer day
Bobby got scared and he ran away
Jane moved in with her ma out on Shawnee Lake
She sighed Ma sometimes my whole life feels like one big mistake
She settled in in a back room time passed on
Later that winter a son came along

Spare parts and broken hearts
Keep the world turnin' around

Now Janey walked that baby across the floor night after night
But she was a young girl and she missed the party lights
Meanwhile in South Texas in a dirty oil patch
Bobby heard 'bout his son bein' born and swore he wasn't ever goin' back

Spare parts and broken hearts
Keep the world turnin' around

Janey heard about a woman over in Calverton
Put her baby in the river let the river roll on
She looked at her boy in the crib where he lay
Got down on her knees cried till she prayed
Mist was on the water low run the tide
Janey held her son down at the riverside
Waist deep in water how bright the sun shone
She lifted him in her arms and carried him home
As he lay sleeping in her bed Janey took a look around at everything
Went to a drawer in her bureau and got out her old engagement ring
Took out her wedding dress tied that ring up in its sash
Went straight down to the pawn shop man and walked out with some good cold cash


ボビーは『外でイクから・・・』と言ったが 入れたままいった
ジェニーは妊娠したが 赤ん坊には罪はなかった
夏のある日 結婚の準備をしていたが
ボビーは怖くなり 逃げ出した
ジェニーは母がいる実家にもどった
彼女は母に
『私の人生そのものが、大きな過ちのような気がする』と言った
彼女は奥の部屋にひきこもった
そしてその年の秋深い頃 一人の男の子を生んだ

予備部品とこわれた心が世界を動かしている

ジェニーは赤ん坊を抱いたまま 夜な夜なフロアを歩き回った
しかし彼女はまだ若く パーティライトも恋しかった
ボビーは 南テキサスの石油精製工場で
男の子が生まれたことを聞いたが
二度と帰るつもりはなかった

予備部品とこわれた心が世界を動かしている

ジェニーは カルバートンの自分の子供を川に流した女の話を耳にした
彼女は眠る赤ん坊を両腕に抱きかかえ見つめていた
そして膝まづき祈っていた
川べりまで赤ん坊を連れていったが
明るい我が家に連れて帰り ベッドの横に寝かしつけた
彼女は部屋中を見渡し ジュエリーボックスから婚約指輪と
ウェディングドレスをひっぱりだした
そして 質屋に行き
いくらかのお金にかえた

予備部品とこわれた心が世界を動かしている
-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: ひとりごとのようなもの

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  トンネル・オブ・ラブ  スペアパーツ 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

オッサンで悪かったな!!!”結局のところ・・・” 


2007.11.11
Sun
23:26

ブルース・スプリングスティーン

にほんブログ村 音楽ブログへ

オッサンでも、別に悪くない・・・
結局のところ、何が言いたいのかって?

『Nobody win,・・・but everybody win!!!』
『勝ち組とか負け組みとか、関係ないねん・・・』
って意味なんでしょうか???


本人の弁はというと・・・

「『BORN TO RUN』に関して嫌だったのは、
 最初にこれが逃避についてのアルバムだと思っている人達に
 批判された時だった。
 そういう面はある事にはあるが、俺はいつもむしろ探索についての
 アルバムなんだって感じてたんだ。」

「これは俺が24の時に作った古い曲だ。
 ニュージャージーのロング・ビーチで、ベットの端に腰掛けて、
 『さぁ見てろ、俺様の登場だぜ!!』なんて思いながら書いたんだ。
 曲を書いた時は、俺はずっと走り続けたいと思っている
 男と女の曲だと思ってた。
 でも、年を取るにつれて、そして、何年も繰り替えし歌っている
 内に、なんだかパッと視界が開けて、実はこれはより良い何かを
 探し求めている二人の人間の曲なんだって事に気が付いたんだよね。
 自分達が人生を築く場所を探し求めているんだ。
 結局、彼等は故郷を探しているんだと思う。
 それは誰もが一生かけて探し求めるものなんだと思う。
 とにかく、この曲は俺自身の探究のいい相棒になってくれてる。
 君達の探究の旅でもいい相棒になってくれる事を願ってるよ。」

ブルース・スプリングスティーン ”明日なき暴走”】



In the day we sweat it out in the streets of
A runaway American dream
At night we ride through mansions of glory in suicide machines
Sprung from cages out on highway 9,
Chrome wheeled, fuel injected and steppin' out over the line
Baby this town rips the bones from your back
It's a death trap, it's a suicide rap
We gotta get out while we're young
'Cause tramps like us, baby we were born to run

Wendy let me in I wanna be your friend
I want to guard your dreams and visions
Just wrap your legs 'round these velvet rims
and strap your hands across my engines
Together we could break this trap
We'll run till we drop, baby we'll never go back
Will you walk with me out on the wire
'Cause baby I'm just a scared and lonely rider
But I gotta find out how it feels
I want to know if love is wild
girl I want to know if love is real

Beyond the Palace hemi-powered drones scream down the boulevard
The girls comb their hair in rearview mirrors
And the boys try to look so hard
The amusement park rises bold and stark
Kids are huddled on the beach in a mist
I wanna die with you Wendy on the streets tonight
In an everlasting kiss

The highway's jammed with broken heroes on a last chance
power drive
Everybody's out on the run tonight
But there's no place left to hide
Together Wendy we'll live with the sadness
I'll love you with all the madness in my soul
Someday girl I don't know when we're gonna get to that place
Where we really want to go and we'll walk in the sun
But till then tramps like us baby we were born to run


昼間はストリートでどうしようもないアメリカの夢を待ちわび
夜は自殺マシーンに乗って栄光の舘を走り抜ける
クロームのホイールをはき、ガソリンをつめ
ハイウェイ7で籠からとびだすのさ
ラインを越えて一歩踏みだすんだ
ベイビー、この町はおまえの背骨を抜き取っちまうぜ
そいつは死の罠、自滅の罠だ
若いうちにぬけださなくては
だって俺たちのような ろくでなしは
走るために生まれてきたんじゃないか

ウェンディ、入れさせてくれよ、友達になりたいんだ
おまえの夢とヴィジョンを守ってやりたいのさ
ヴェルヴェトの縁におまえの脚を巻きつけ
俺のエンジンに手を伸ばせよ
一緒にこの罠を突破できるだろう
堕ちるまで走るんだ、ベイビー、二度と戻る事はない
ワイヤーの上を、俺と一緒に歩いてくれるかい?
俺は怖がりの淋しいライダーだから
どんな感じかわかるだろう?
おまえの愛がワイルドかどうか知りたいんだ
愛がリアルかどうか知りたいのさ

宮殿の向こうの大通りを怠け者たちが叫んでいく
少女はバックミラーに向かって髪に櫛をいれ
少年は必死にそれを見ようとしている
楽しみが溢れる駐車場は大胆に、赤裸々に生きかえる
子供達は霞の中を浜辺につめこまれ
俺は大通りで今夜おまえと死にたい
永遠に続くキスをしながら

ハイウェイは打ちのめされたヒーローで埋まり
パワー・ドライヴの最後のチャンスなのさ
今夜は誰もが走りだす
だけど、隠れ場所なんてどこにも残っちゃいないんだ
ウェンディ、俺たちは一緒に悲しみを抱いて生きていける
魂に宿る狂気のすべてでおまえを愛そう
いつか、あそこまでたどり着くんだ
俺たちの本当に行きたい所へ
そして太陽の中を歩くんだ
だけどそれまでは、俺たちのような ろくでなしは
ベイビー、走るために生まれてきたのさ

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: 俺様をみろ!!!

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  明日なき暴走 
trackback(0) | comment(8) | 記事編集

go page top

オッサンで悪かったな!!!けど、満たされないモノが・・・ 


2007.11.10
Sat
23:10

ブルース・スプリングスティーン
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ

オッサンでも別に悪くはないと思います・・・
こんな仕事でも、一生懸命にやってますから!!!

時にはつまづいて、イロイロからエロエロまで考えます。
昨日よりは今日、今日より明日と進みましょ・・・

10代のある日感じてしまった、胸に突き刺さる何かは
オトナになった今でも、消えることなくくすぶり続けています。
明日は、またまたやってきます。

満たされない何かを抱えつつ、生きてます・・・・・・

ブルース・スプリングスティーン ”ハングリー・ハート


  Got a wife and kids in Baltimore, Jack
  I went out for a ride and I never went back
  Like a river that don't know where it's flowing
  I took a wrong turn and I just kept going

    Everybody's got a hungry heart
    Everybody's got a hungry heart
    Lay down your money and you play your part
    Everybody's got a hungry heart

  I met her in a Kingstown bar
  We fell in love I knew it had to end
  We took what we had and we ripped it apart
  Now here I am down in Kingstone again

    Everybody needs a place to rest
    Everybody wants to have a home
    Don't make no difference what nobody says
    Ain't nobody like to be alone

    Everybody's got a hungry heart
    Everybody's got a hungry heart
    Lay down your money and you play your part
    Everybody's got a hungry heart


  バルチモアで、妻と子供と暮らしていた
  ある日オレは車で出かけて、そのまま戻らなかった
  まるで行くあてのない流れる川のように
  そのまま流れていった・・・

   誰もが満たされない心を持っている
   金を貯めて、自分の役割を演じていても
   誰もが満たされない心を持っている

  彼女とはキングストンのバーで知り合った
  恋に落ちてしまったが、すぐに終わるとわかってた
  そのまま離れ離れになってしまったが、
  またオレは今キングストンに舞いもどっちまった・・・

   誰もが満たされない心を持っている
   金を貯め自分の役割を演じていても
   誰もが満たされない心を持っている。

   誰もが休息の場所を必要としてる
   誰もが家庭を必要としてる
   誰が何と言ったって一人ぼっちでいたくない

   誰もが満たされない心を持っている
   金を貯め自分の役割を演じていても
   誰もが満たされない心を持っている。

category: 音楽(動画):ブルース・スプリングスティーン

thread: 頑張れ自分。

janre: 日記

tag: ブルース・スプリングスティーン  ハングリー・ハート 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。