09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

”風に向って・・・・” 


2011.08.16
Tue
23:48

迷うことばかりだが、精神状態は至極マットウなようだ。
高校時代の悪友の実家の前を通りがかり、お母さんに挨拶だけして
携帯番号だけ渡しておいた。
もう彼此、30年ぶりだがちゃんと覚えておいてくれた。
悪友に口うるさい母親だったが、やはり30年は長い・・・・
すっかり穏やか口調で挨拶。
夜、かかってきてひとしきりしゃべった。

子供と仕事のお話・・・・・・・・・・

今度の連休には会ってみよう・・・・・
なんで今まで会いにいかなかったのか?
なんでかな?

あんまり人に言えない仕事してたから・・・
それだけじゃないが、それが一番大きい原因かな・・・・

最後に会ったのは父親の葬式以来だから、10年ぶりか。


昔が懐かしいというわけではないが、
思い出せば、元気が出てくる思い出ばかりがよみがえる。
ワタシの人生は、それほどに悪いもんじゃない!
そう思わせてくれることばかりなのが、誇らしくある。

なぜか、ウマがあった。
たぶん向こうもそう感じてたのだろう・・・
風俗店にいた頃、ある女の子が
”ワタシはトモダチをつくりにきてるんじゃないですから!”
とヒステリックに怒ったことがあったが、意味がわからなかった。
”トモダチをつくる”という意味が今でもわからない。
ウマが合えば、自然にできるものだと思うのだが・・・・・

高校1年同じクラスになって知り合い、
毎日一緒にブラついてたような気がする。
イヤ、正確に言えば、毎日たむろしてた相手はもう一人いる。

ワタシはストレートで、第一希望の大学に進学、彼は一浪した。
その間、付き合いは途絶えた。
”元気で頑張れよ!”なんて言葉をかけあったこともない。
お互いにアルコールは弱かったから、こっそり酒を飲んだこともない。
いつも、シラフだったはずだ。
で、大学は離れ離れになったが、お互いの部屋を訪ねたこともない。
連絡先を教えあったこともなかった。

彼は、神戸の着物の販売会社に就職して、すぐに辞めて実家に戻り
再就職した時に一度会ったかな・・・・・・・・・・・・・・・
そしてすぐに結婚して、家を建てた。
それでも、これまでどおり数年に一度、ふらりと突然訪ねた。
ヘンなところで意地をはり、みやげものは一切うけとらなかった。
我が国の経済の底辺を支える、中小企業のメーカーを支えて20年以上・・・

”親友”と呼べるならそう呼んでもいい・・・・・・・・・・・・・・
この10年来のワタシの波乱万丈さを彼は知らない。
隠すつもりもないが、わざわざ事細かに報告しあうこともない。

最後の会話は思い出せないが、今度会った時はなんとなく
その続きで会話は始まるだろう。



やっぱり、この10数年ワタシにはポッカリ穴があいてる時間があるようだ・・・・
今、その時間をゆっくりとだが取り戻し続けている。
どこかに行ってしまってたかな、やっぱり。
それとも今、”ミドルエイジクライシス”なのか???

とりあえず、今後の人生設計を真剣に考えてることは確か・・・・
男は”アラフォー”、女は”アラサー”で人生をリセットしたい衝動に
駆られるそうだ。
ただいまワタシは、リセットボタンを押しなおしてる最中・・・・
負債が片付いてるだけ良しとしてるが、このまま終わりにむかうとも思わない。


やっと一番マシな翻訳みつけた!



昨日のことのように思えるが 遠い昔のこと
ジェニーはとても魅力的で 俺の夜の女王だった
暗闇の中二人で 低く流れるラジオの音を聞いてた

二人で分かち合った秘密
いくつもの山を越え
止まる所を知らない山火事のように
全てを燃やし尽くし全てを確かめ合った
彼女は俺に誓った 二人の愛は決して終わりがないと
そうして強く抱きしめてくれた
あの頃知らなかったことを知らないままでいたかった

風に逆らって 俺達は風に向って走っていた
俺達は若くて強くて 風に向って走り続けていた


ゆっくりと時が流れ いつの間にか俺は1人
友達にも裏切られ 町を遠く離れてここまで来たけど
道に迷ってしまったみたいだ
今までいくつの道を 俺は駆け抜けて来た事か
そうするしかなかったのさ
考えなしに若さを使い果たし
人の力を借りた事にも気付かず
どんなルールも無視して何ヶ月もぶっ通しに
盲めっぽう走り続けた
そしていつしか
隠れ場所を探している自分に気がついたよ

風に逆らうちっぽけな存在
俺は風に逆らって逃げ込む場所を探していた


でもそんなさすらいの日々は
時は俺を置き去りにして行った
考えることが沢山あり過ぎるよ
一体どうしたらいいんだい
何を心にとどめ 何を忘れたらいいんだい

風に逆らって 俺は今も風に向って走っている
あの頃よりは年を取ってしまった
俺は今でも 風に向って走っているよ
風に逆らって・・・





スポンサーサイト

category: 音楽(動画):ボブ・シーガー

thread: ひとりごと

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

ささやかなる勝利・・・ 


2010.11.26
Fri
03:31

DistanceDistance
(1990/10/25)
Bob Seger

商品詳細を見る


おだやかに、無事に終わった今日一日。
少し気になることが頭をかすめて、占いを見てみる。


すべてが穏やかであるときにリラックスするのは簡単です。
でも、ひとつのちょっとした心配事があれば、
その心地よい雰囲気を壊してしまうのには十分です。
ひとつの厄介ごと、ひとつの不愉快な記憶、
ひとつの気力を失わせるような悩み……
それがあるだけで、とてものどかな状況でさえ、
突如としてまったく素晴らしいものには思えなくなってきます。

でも、気に障ることがまったくない状況に
自分を置くことなど不可能です! 
今、あなたをイライラさせていることが何であれ、
それを乗り越えてください。
それが大きいことでも小さいことでも関係ありません。
あなたが自分自身に安らぎを与えることのほうがはるかに重要です! 


風にはなびく木々の枝の音。
今日一日の悲しみを乗り越えること、
それはささやかなる勝利。
ささやかなる勝利を祝おう。
そして偉大なる明日を迎えよう。


確かそんな歌だったような気がする・・・・




category: 音楽(動画):ボブ・シーガー

thread: 日々のつれづれ

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

気持ちが落ち着いて吹っ切れたなら・・・ 


2008.05.14
Wed
03:56

グレイテスト・ヒッツグレイテスト・ヒッツ
(1994/11/30)
ボブ・シーガー

商品詳細を見る



さあこれからどうしようか・・・
悩んでみても仕方ないときがあります。
そんな時はどうするのか?

単純に飲んで騒いで軽く吹き飛ばす!


ストレス解消をどうするのかというヤフーの調査で
30~40代の男で最も多かったのが、
好きな音楽を聴くことだそうです。

かなり分かります、というかその通りだから。

大好きなロックンロールを大音響で聴く。
けっこうこれが一番単純でいいんです。
大学4年生のサークルの最後のコンサートのこれまた最後に歌った思い出の曲・・・
ちょっとだけもう一回やってみたいな・・・


”最近の音楽は魂がこもっとらん!
 今でもオレは、古いロックンロールが大好きなのさ
 ディスコなんか行く気ねえ!
 タンゴなんて聞かせるなよ!
 古くさいソウル・ミュージックのほうがまだましだぜ。
 週末は、部屋でちょいと一杯ひっかけながら
 古き良き時代のロックンロールを聴くのさ!”

トム・クルーズが若くてカワイイ???
こりゃ人気出るはずです。


ボブ・シーガー  ”オールド・タイム・ロックン・ロール” 】



にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ人気ブログランキング人気ブログランキング【ブログの殿堂】

category: 音楽(動画):ボブ・シーガー

thread: ひとりごと

janre: 日記

tag: ボブ・シーガー  オールド・タイム・ロックン・ロール 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

”あの日からの便り”その後 ”why don't you stay?” 


2007.12.21
Fri
20:58

ボブ・シーガー

にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ

つらい出来事があったので 今年の冬は寂しい冬です。
ホントに久しぶりに、一人が寂しいと感じています。
長いあいだ、ホントに長い間忘れていた感覚です。
それほどまでに 僕は心を堅く閉ざしていたんでしょう・・・


ユウへ

どうしていますか・・・
誰かの笑顔がこんなにも愛おしく思えたのは
あまりにも ホントにあまりにも久しぶりの
そんな暑い季節でした。
まだ一つ季節を越しただけなのに
懐かしさを感じてしまうのは なんでかな?
元気ならば ホントにそれだけで十分なのに
そうでもないような そんな話ばかりが聞こえてきます。

”心深く秘めた思い かなえられそうにない♪”

20年以上のロングセラーの歌がまた聞こえる
この季節をキミと一緒に・・・
もうやめておきます。


I know it's late, I know you're weary
I know your plans don't include me
Still here we are, both of us lonely
longing for shelter from all that we see
Why should we worry, no one will care girl
Look at the stars so far away
We've got tonight, who needs tomorrow? We've got tonight babe
Why don' you stay?

Deep in my soul, I've been so lonely
All of my hopes, fading away
I've longed for love, like everyone else does
I know I'll keep searching, even after today
So there it is girl, I've said it all now
And here we are babe, what do you say?
We've got tonight, who needs tomorrow? We've got tonight babe
Why don't you stay?

We've got tonight, who needs tomorrow?
Let's make it last, let's find a way
Turn out the light, come take my hand now
We've got tonight babe Why don't you stay? Why don't you stay?

ボブ・シーガー ”夜の果ての愛”】


もう手遅れなのも キミが疲れ果てたことも
キミの中にオレがもういないことも わかってるよ
けど今も 二人こうして一緒にいる 孤独で寂しい二人
目に見える全てのものからの隠れ場所を探しながら・・・

なぜ気にかけてるんだろう 誰も邪魔しないのに
はるかかなたの星をごらんよ
今夜があるさ 今夜いっしょにいられるならば・・・

心の底から オレは寂しかったんだよ
すべての希望は消えてしまった
他のみんなと同じように 愛が欲しかっただけ
今日この日が終わりを告げたその後も 探し求めてるのさ

オレの話は全部終わったよ
さあこれからどうする?
キミは何て言うんだい?

今夜があるじゃないか 明日はいらないさ
なぜ居てくれないんだい?

今夜一緒にいてくれないか? 明日はもういらない
ずっと一緒に・・・ 一緒に道を探そう
明かりを消して オレの手を握りしめてくれよ
今夜一緒に居てくれないか 
なぜダメなんだい
-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):ボブ・シーガー

thread: 言葉にできない

janre: 恋愛

tag: ボブ・シーガー  夜の果ての愛 
trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

泣きたくなる夜もあるさ・・・ 


2007.11.18
Sun
05:26

ボブ・シーガー
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へにほんブログ村 音楽ブログへ

アホらしくて、泣きたい夜があります。

古い友人や、昔の彼女に会ったら
『あの頃のように、若くはないが、
 風に向かって走ってるよ、今でも・・・』
と胸を張りたいのですが・・・・・・・・・

明日は休みなんで、お金を出してセックスしてきます???

【ボブ・シーガー ”Against the wind ”】


Words and music by bob seger

It seems like yesterday but it was long ago
Janey was lovely, she was the queen of my nights
There in the darkness with the radio playlng low
And the secrets that we shared , the mountains that we moved
Caught like a wildfire out of control
Till there was nothing left to burn and nothing left to prove

And I remember what she said to me
How she swore that it never would end
I remember how she held me oh so tight
Wish I didn't know now what I didn't know then

Against the wind we were runnin' against the wind
We were young and strong, we were runnin' against the wind

And the years rolled slowly past and I found myself alone
Surrounded bv stranners I thought were my friends
I found myself further and further from my home
And I guess I lost my way there were oh so many roads
I was living to run and running to live
Never worried about paying or even how much I owed
Moving eight miles a minute for months at a time
Breaking all of the rules that would bend
I began to find myself searchin'
Searching for shelter again and again
Against the wind a little something against the wind
I found myself seeking shelter against the wind

Well those drifters days are past me now
I've got so much more to think about
Deadlines and commitments what to leave in, what to leave out

Against the wind I'm still runnin' against the wind
Well I'm older now and still against the wind


それは 昨日のことのようだけど ずいぶん昔のこと
ジェニーはとってもきれいで 夜のクイーンだった
暗闇で ラジオを小さく鳴らしながら
秘密を分かち合い 山さえも動かせた
そして、すべてを焼き尽くすコントロールできない野火さえ
捕まえてみせた

彼女は 私たちに決して終わりはない
オレをきつく抱きしめながら そう言ったことを覚えてる。
あの時わからなかったことを 今でもわからないままでいたかった

風にむかってオレたちは 走っていた
若くて強いオレたちは 風にむかって走っていた

時はゆっくり流れ去り オレはいつのまにか独りっきりだった
生まれた家から遠く離れ 独りっきりになっていた
あまりにもたくさんの道がありすぎて 迷ってしまったみたいだ
生きるために走り 走るために生きていた
たくさんの犠牲を払ったことも気にせず
何ヶ月もの間 1分間に8マイルものスピードで突っ走り
決まりごとやルールのすべてを破り
気づいたときには この身を隠す場所を探し始めていた

幾多の年月が流れたけれど
何を思いとどめ 何を忘れたらいいのかわからなくなっちまった

風にむかって オレは今でも走り続けているよ
もうあの頃のように若くはないが
今でも風にむかって走っているいよ
-- 続きを読む --

category: 音楽(動画):ボブ・シーガー

thread: ガンバレ私!

janre: 日記

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

ささやかな勝利 


2007.09.26
Wed
21:49

ボブシーガー

にほんブログ村 音楽ブログへ

昔、江川卓だったか桑田だったか忘れましたが、インタビューで答えていました。
『私は、王さんや長島さんを見て野球の素晴らしさを知り、自分も
 あんな風になりたいと思いました。
 願わくば、子供たちが自分を見て、そう感じてくれればと思います。』

どこの何者でもない自分
そんなに大した者でもない私、あなた・・・
それでも、自分が誰かにとって何者かであり
願わくば、励みになっているならそれにこしたことはありません。
『所詮オレってこんなものか・・・』
40過ぎた男なら誰でも一度は、思うことだそうです。
ところが、男の場合、そこからがさらに長い・・・・

”自分探し”っていう言葉が流行ったことがありました。
どこの何者でもない自分を認めたくないがために、
どこかここでない違う場所に、大した自分がいるとでも
思っていることなのでしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・


”夜風にそよぐ木々の葉のささやきに
 耳をかたむけよう
 今日一日の悲しみを胸に秘めるとき
 それはささやかな勝利
 小さな喜びをわかちあおう”


確か、ボブシーガーだったと思います。
曲名もアルバムタイトルも忘れましたが、
歌詞カードを見てこのフレーズだけ覚えています。


私の存在が、彼女にとってささやかながらも
励みとなり慰めとなっているならばと願うのですが・・・
ボブ・シーガー ”Against the wnd”】

category: 音楽(動画):ボブ・シーガー

thread: 頑張れ自分。

janre: 日記

tag: ボブ・シーガー  Against  the  wind 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。