01/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./02

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

終わったオハナシ・・・ 


2010.07.28
Wed
04:03

暑い日が続く。
悪くない気分の日も続く。
3年前、死のすぐそこにいたことがウソみたいな気もする。

もうすぐ何かが変わるらしい。
突然、昔の知り合いから電話。
店舗型の風俗店を出して一人で頑張ってる男。
あの世界からのお誘い。
典型的な文句の一つ。

『名義を貸してほしい』

ようやく今の仕事に慣れだしたとき。
が、しかし、この年にしては心もとない収入。

『大きく儲けることはできないのはわかってるが、
 今さら、もう普通の仕事をやったところで
 どうなるもんでもないやろ?』

新しい店を出すから、月35万保証の店で店長は?
などなど・・・・

まったく気持ちが動かないといえば、ウソになる。
今の仕事に明日は見える。
家も建てられないこともわかってる・・・

もう終わったことのはずなのに。
会うだけでも?
イヤやめとこう。
もう終わった話だから。
スポンサーサイト

category: 正業におけるありふれた考察

thread: 日々のつれづれ

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

大丈夫だって! 


2010.07.18
Sun
03:38

人は忘却の動物らしい。
いいことも悪いことも・・・

大丈夫と毎日自分に言い聞かせる。
それでも大切なことを忘れてしまう。
忘れないように・・・
大丈夫だ。
もう、本調子だ。
何だってできるし、何にでもなれる。
きちんと未来を思い描こう。

もう、大丈夫だ。


category: 正業におけるありふれた考察

thread: 私のブログ

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

連休の独り言・・・ 


2010.03.23
Tue
00:12

7つの習慣 最優先事項―「人生の選択」と時間の原則7つの習慣 最優先事項―「人生の選択」と時間の原則
(2000/07)
スティーブン・R. コヴィーレベッカ・R. メリル

商品詳細を見る



”大人”であるという概念の中にいろんな要素が含まれる。
優先順位をつけるということも、その一つ。

優先順位をつけることにより、何かを取る。
それは即ち、何かを捨てるということに直結する。

大人であること・・・
生産者として、提供者としての理論から話を始めなければならない。
仕事人として、職業人としての理論ということ。
マーケットの中で”売り物”としての自分の位置から話すということ・・・
”売り物”にならないモノは話す資格はない。
極論だが、そいうことだ。

趣味人として生きることは決して悪いことではない。
消費者として生きるということ。
生産者でありながら消費者の面もあることは確かだが
どちらを優先させるか・・・

二者択一の問題ではないことは確か。
だが、ある局面で両方をとることはできない。

生産行為をとるか、消費活動に生きるか・・・

category: 正業におけるありふれた考察

thread: ひとりごとのようなもの

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

毎日コツコツ・・・ 


2010.03.14
Sun
05:04

居心地は悪くはないところだ。
が、それ故に上を向いてきてしまった。

”家は建てられない・・・”

もう少し助走をつけよう。

category: 正業におけるありふれた考察

thread: 日々のつれづれ

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

不惑の年・・・・ 


2010.02.28
Sun
00:31

元気だ!
けっこう、かなり元気に
本日の誕生日を迎えた。
40を越えてからは、もう嬉しくも何ともない。
今年の誕生日はホントにイヤな気分だった・・・
まあ、この年で年齢を気にしてもしかたないが、
この年ゆえに焦りも出てくることも確か。

焦ってもしかたないことも確か。

今、体で覚えなおしている。
それが悪い気分でもない。
働くって、仕事するって確かこういうことだな・・・
なんて思い返している。
思えば、この12年間は何だったのかな?
ムダとは思いたくないが・・・
得たものは・・・・・・・・・
ない・・・・・・・・・・・・
ない?
少しくらいならあるかも・・・
やっぱりない・・・・
そう、なんにもない。
まあ、そこはやめとこう。


イヤなことを我慢できないことって、悪いことだと思い込んでいた。
そうでもなかった・・・・
とりあえず話せばわかるだろう・・・
なんて本気で考えていた。
わかりあう必要もないし、ダメならとっとと他のことを
やり直せばいいのだ。
この年でそんなことに気づくのは、ちと遅かったかな?
けっこう時間がかかりすぎたかな、ココまで来るのに。
イヤ、遅すぎることはないでしょ???
不惑の年でもないようだ。

”アナタは独りでやったほうがいいです。
 誰かと一緒なら、その人に食われちゃうようですね・・・”

どこにいても、誰といても自分さえちゃんと持っていれば大丈夫!
10年くらい前まで本気でそう思っていた。
人間はやっぱり相対的な生き物らしい。
他人との関わりあいの中で、自分を確認するらしいのだ。
”そんなアナタ”に対して、”こんなワタシ”を確認できるということだろうか。
”そんなアナタ”が大したものでもなければ、”こんなワタシ”は
確固たるもののつもりが、もろく崩れていくもののようだ。
人が思っているよりカンタンなようだ・・・
それは、強い弱い、正しいかそうでないかなどと
あんまり関係ないものみたいだ。
ドロドロの女の理屈の中で、相当に自分を見失っていたな・・・

風俗嬢たちが、その仕事をあがると連絡先やらその足跡を
消したがる理由が少しわかってきた。
これも、体でわかったことの一つ?????
理屈じゃなく行動しなきゃな・・・



そんなこんなの肉体感覚を、毎日少しずつ確認している。
悪くない気分だ。
けっこう、気持ちがいい。
体が?
イヤ、長い間使ってなかった頭のある部分が
刺激されて、それが心地いい。
体を使うことで頭が刺激されてる、その感覚が
とっても心地いい。


まだ、完全じゃないが悪くない誕生日だ。
根拠がない自信だけがある。
どうにかなるって、どうやらホントにことのようだ・・・


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 独身オヤジへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングbanner_02ninkirankingsyou.gifred88x15_dkuturogusyou.gifbnr80_15_02buroguousyou.gifbanner-timeblogsyou.gif人気ブログランキング

category: 正業におけるありふれた考察

thread: 本日の日記

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

 


2010.02.22
Mon
02:17

土、日と目が覚めたのは昼過ぎ。
だらしない生活?
いやいや、金曜日の真夜中から朝まで働いてた名残・・・
夜の仕事だからか?
いやいや、朝9時過ぎから夕方までの会社勤め・・・

一ヶ月たつが給料日はまだ。
けだるさは残るが、まともに労働してる清々しさに
満ち溢れた毎日。
今のこのご時世に、この年齢でまともな仕事につけるだけ
良しとしてる毎日。

いつかの夢からは少しだけ離れてるが、
毎日が充実している。
まだ試用段階。
給料は安い。
”金じゃない”と自分に言い聞かせてる。
今のところは・・・・
”金で買えないもの”が、やっぱりあった・・・・・・・
そう確かにあった。
そう感じてる、月曜日を迎える前の、日曜日の真夜中・・・
これで終わりじゃない。
まだ始まったばかり・・・・・・
そう、まだようやくスタート地点。
夜はようやく明けたところ・・・

category: 正業におけるありふれた考察

thread: 本日の日記

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

 


2010.02.09
Tue
02:57

あやうくまたまた、ドつぼにはまるところだった。
舐めてちゃいけないのだ。
もう、ヨワイ40過ぎなんだから!
結果が大事・・・
それが一番だ。

そう甘えてちゃいけない!
フンドシしめなおそう。
おんなじことは繰り返しちゃいけない。

やり遂げたいことがあるから
ここまで来れたんだから・・・

category: 正業におけるありふれた考察

thread: 日々のつれづれ

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

世間一般の正業におけるありふれた考察・・・その2 


2010.01.31
Sun
05:04

休日出勤した。
原稿の渡しと引き取り。

仕事をしてる・・・
そう、間違いなくハタライテるのだ!
実感を感じてる。

原稿を引き取って、広告枠二枠受注した。
つい先日まで、ロクデナシの仕事だったそんな男に
初めて飛び込み営業してきたそんな男に
仕事を任せてくれた。

裏切れない・・・
背筋を伸ばして、深々と頭をさげた。
有難うございます!こんなロクデナシの人間のために。

会社に電話して、受注を報告。

『正式受注?
 契約書書いてもらった?
 おめでとう。
 じゃ、ついでに会社寄ってくれる?
 聞いてほしいことあるねん。』

年下の社長から言われて、会社にもどる。

んで、話は・・・・
今始めた新しい事業の思いを、とうとうと聞かされる。
いくらオレのほうが年上とは言え、まだ入社して1週間、
そのうえ試用雇用の段階。
そこまで聞かせてくれるって、一体・・・・
カンタンに抜け出せなくなりそうな・・・・

category: 正業におけるありふれた考察

thread: 本日の日記

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

世間一般の正業におけるありふれた考察・・・その1 


2010.01.24
Sun
02:24

新しい仕事についた。
そう、ついに”アシを洗った”のだ!!!
別に悪事をハタライテいたわけではない・・・

そんな中で、営業途中に向こうから、女の子が手を振ってきた。
誰なんだ?
オレに手を振ってる?
あんな子、今度の職場にいたっけ?
・・・・・・・・・・・・・・・・
だんだん、近づいてくる。
誰?
・・・・・・・・・・・・・・・・

『ワタシです!久しぶりだから忘れたんですか?』

あっ!
超売れっ子だった○○ちゃん。

 私『久しぶりやね!元気やった?
   あっ、オレついにあの店やめたけど、どうしてるの?』

 彼女『ワタシもついに、フーゾク嬢上がったんですよ!
    そんで、今度専門学校行きなおして、資格とろうと思って・・・・』

 私『ああ、そう!辞められたんなら、それが一番やねえ。
   えっ?なんで?泣いてんの?』

 彼女『いや、もう。久しぶりで、何か嬉しくて・・・・・
    あっ!もう歯医者の予約遅れるから行きます!
    くれぐれも、昔の話は内緒にしましょね!』

 私『そうやね、もう終わったことやからねえ・・・・
   元気でやり直せるならそれが一番いいしね・・・』


わずか数分のこと。
そんなにも昔のことでもない。
消したい過去かもしればいが、切り離せないことも事実・・・
イヤ、女は変われるのかも???
男は?

そんなこんなで、10数年ぶりの外回り営業で痛い足をひきずりながら
1件受注!!!!
そして彼女のことも忘れてしまっていた。

淡々と日々は続いていく・・・
淡々?
イヤ、叶えたい夢があるから、一歩ずつ進んでいる。
久しぶりの、マトモな正業でまだ少し、リハビリか・・・
大丈夫だ!
ちゃんと歩ける!
そんな自分が嬉しい。
自分へのゴホービは?
そんなもん、まだまだ先にこと!
ようやく立ち上がれたが、体が言うこときくまで
もうしばらくかかりそうだ・・・・

そして、もう彼女のことは忘れている・・・
それが当たり前だから・・・

category: 正業におけるありふれた考察

thread: 日々のつれづれ

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。